archive

アーカイブ一覧


philosophy

2016/04/12

AMOR FATI~ とはラテン語で「Fate(運命)を愛する」という意味。 それは、人が人生において起こるすべてのこと。苦しみや辛いことも含めそのすべてを、良いこととして観る(受け入れる)ことを指しています。 AMOR FATI〜 少なくとも、すべてが必然であったことを心底認められていること。 それが、自分が好き好むことであってもなくても、自分の人生を形成させているという事実。 そうして、人生において起こるすべてのできごとを認める、という姿勢を表しているのです。 AMOR FATI〜 もしも… 再び人生を繰り返すのなら、 あなたは、今の人生を、事細かくすべてのディテールを、あるがままに繰り返してもいい、何度でも繰り返してもいいと思えるほど、あなたのFate(運命)を愛していますか?   このAmor Fati~ という発想は、哲学者のニーチェが言っていたことだそうです。 「偉大な人間とは、Amor Fati: 今在るすべてを、何一つ変えず、変えたいとも思わない。過ぎたことも、先のことも、永遠に何をも変えようとしない。それを愛するということ。 「心配は、人生を無駄にする。 いつか、どこかで、人は自分自身を自由にする勇気を身につけなければならない」と語っていたそうです。   みなさんはこれを読んで、何を感じて、何を思わされますか? なんだかこの言葉… いろいろあって、大人になって… まぁまぁ上手く生き延びてそれなりに人生エンジョイできているけれど、「自分の運命すべてを愛するまでいっていない」という類の人間にズドーーンと重たくくるものがあるのではないかと思います。 なぜなら、わたしがちょっとそうだったから。(笑) 自分に起こったことすべてって、非常にパーソナルな、主観的な人生の見方ですよね。 また、それを愛するって、とってもパーソナルに、心の奥からくる近しいFeelingです。 あるがままのLifeを愛し、心の平安を知っている者を、 古代ヴェーダではStitha-Pragya(スティタ・プラッギャ)と呼ぶんです。 その意味は、”One of steady wisdom.” すなわち「安定した知恵の(ある)者」。 ヨガの聖典、古典バガヴァッド・ギーターにも出てくる言葉なのですが、その意味は、いわゆる「欲望を卒業した者」なんです。 欲が続くかぎりは、いつまで経っても「今在る自分」が足りなくて、何かを変えたくて、ずっと何かを追いかけ続ける、ざわざわと落ち着きのない心の持ち主になるわけです。それが過去からの影響であったりすると、今や未来を生きることでその”不幸”をなんとかして取り返そうとするような、何とも言えない、言葉にもならない、自分の中でもがくような心境が続くことでしょう。 逆に、「今在る、あるがままでOK!」と思えるのであれば、人は心の平安を覚え始めることでしょう。 Amor Fati~ それが指していることは、自分の人生というものを、パーソナルな視点から、起こったことすべてを振り返ってみてみても…、うん!こうあってくれたおかげで今の姿がある、というappreciation(感謝・認知)を指しています。   わたし自身、完全にできているとは今はまだ思えないかもしれないけど… i am actually pretty happy. and pretty content, with [...]

amorfatiIMG_0833

journal

2016/04/05

先週末は10年ぶり?!近くとなった、かなり久しぶりの名古屋でのヨガワークショップ開催。多勢の方にお集りいただき、とっても楽しい時間をありがとうございました:) プライマリーのレッドクラスやマイソールスタイルなど、アシュタンガヨガの伝統的なメソッドでしっかりとプラクティスをしたクラスがメインで、みなさんが真摯にヨガに取り組んでいる姿勢がとても印象的でした。そういうところにいくと、そのスタジオのlocal teacher(ここではHaanoスタジオのバンちゃんと千草さん!)が、日頃からしっかりと正しいメソッドを伝授してくれているんだなぁ〜、と感じるのです♡ ONE more Navasana!! 笑 mae’s yoga wear by ADIDAS YOGA. Check it out HERE⇦ 大好きな座学講座ももちろん開催。 今回のテーマは「呼吸法と瞑想のワークショップ」そして「知っていてもらいたい、女性の身体性と神秘性」でした。 カラダを動かすことが苦手な方でも、ヨガの世界観や、ヨガが示してくれる「宇宙の法則」的な知恵に触れて、思わず「ふむふむ…」とメモを取りたくなることがたくさん。そんな知恵を毎日の生活に活かしてこそ、ヨガがライフスタイルの中で生きてくるのですから。 名古屋のHaanoスタジオ、また行きたくなる場所でした!! みなさんも東京にくる時はわたしのスタジオvedaにもぜひ遊びにきてね☆ 春はイベント盛りだくさん:) vedaでのレギュラークラスや集中講座、ワークショップなどはコチラ⇦ ☆☆その他各地のイベントクラスやUpcoming Schedule☆☆ ◆4月9日(土) ADIDAS YOGA 女性のためのFitnessイベント『Me-CAMP』in Shibuya(こちらのイベントは応募を締め切らせていただきました) ◆4月17日(日)大阪・阪急梅田本店『ヨガフェスタ』2クラスあります ◆4月24日(日)ひろしまヨガピース。毎年やっている大好きなpeacefulイベントin世界遺産の宮島 ◆4月29~ 30日(金土)オーガニックライフ東京。今年は体育館のbig classに加えて、座学講座も開催します ◆5月7日(土)@my studio veda 久しぶりのコミュニティクラス担当。コミュニティクラスはいつでもONLY ¥1000- で、初めての方もウェルカムしている座学講話タイムです 会場では早速新作ADIDAS Yoga Tankを着て来てくれる生徒さんも♡i loooooove it… みんなと一緒に、たくさん写真をとって、たくさんサインしたね! 名古屋のHaanoの会場では本が完売してしまいましたが、会場でお買い求めできなかった方はぜひこちらのアマゾンショップから、わたしの新作DVDやNHK出版から出している本、ヨガグッズなどを揃えたセレクトショップを覗いてみてくださいね☆ AMAZON.CO.JP/MAE

IMG_6942


journal

2016/03/13

With OVERFLOWING LOVE and GRATITUDE… 今日が終わる前に、みんなに伝えたいことがあるから。。。 vedaの講師勢は、いつの日だってサイコーのsmileでみなさんを迎え、サイコーの癒しをお届けします☆ 左から:吉川めい、濵田麻矢、石倉美衣那、桶田弥里 Teachers’ Profile はココ⇦  弥里先生とわたしと、さやか先生が出演している新作DVDはココ⇦   こうして、vedaが盛大な5周年記念を迎えることができたこと。 それが、ほんっとーーーにみなさんのおかげであること。。。 みんなが、vedaにパワーチャージに来てくれること。 北海道からも、沖縄からも、岡山からも、石川からも… そこら中から来てくれること。 それこそが、YOGAを通してみんなが、自分の中心の中心にチューニングしていった時に、 実はほかのみーーーんなと既につながっていたってこと。 わかるよね。 実現しているよね。 vedaは、みんなの場所なの。 「わたしの」なんかではないの。 みんなが、温めてくれたフロアー。 みんなが、笑い声を響かせてくれている空間。 笑顔が、絶えない時間。 それこそが、タイムレスで、かけがえのない真実なんだよ。 震災スタートだったvedaは、みんなの新しいスタートなんだよ。 真の健康と、 笑顔と、 大切なものを、大切として 暮らしの中心に置けるマインドフルネス。   だって、ぼーっとただただ毎日流されているんじゃあ、もう毎日がもったえないんだもの。 毎日、 毎分、 毎瞬間、   感謝できるものに焦点を合わせていればいいんだよ。 本当にそれに尽きるんだよ。 シアワセってものは…、   今日、わたしは改めてみんなに感謝するよ。 みんなに、溢れるばかりの愛を込めて、ありがとうといいたいよ。    

IMG_6275

journal

2016/02/22

涙、涙の日曜日でした。 わたしも… いろいろあった一週間でした。 Non-stopで仕事しながら駆け巡り、愛息子を預けて長崎に到着したのは土曜日の夜遅く。 嵐で、東京からの便が飛ばないのではないかと、朝からいろんな人に心配の声をいただいていたのですが、i just KNEW IN MY HEART that i will be there. そうしてひとっ飛びしたら、久しぶりの長崎にいました。 一夜寝たら、昨日の日曜の朝には前の日の雨なんて信じられないほどの快晴な空。 親愛なる友人でもある、今回のワークショップの主催者Yちゃんに連れられて、もう何度もワークショップを開催している市立図書館のホールに入りました。 わたしはね、実は、毎回こうして特別クラスやワークショップを開講するときに、自分の口から何が出てくるかがその時までわからないのです。 ヨガがヨガだから、いつも「意識を今、ココに」、ひとつに合わせていく。すると、クラスの度に参加者の方々も違うし、参加者がどういった意識で集まるかも異なるから、その瞬間の「今、ココ」とはいつも、その瞬間までミステリーなのです。 「カラダの冷え」「心の冷え」の対処をテーマにしたクラスには、それだけ「温まりたい人たち」が集まったのかもしれません。 長年のわたしの経験から言わせてもらうと、「温まりたい人たち」とは、本当は「すでに温もりを持っているから、それを再確認したい人たち」なのです。 カラダの講座でも、いつもの太陽礼拝から始まり、具体的なカラダの扱い方の知恵を覚え、プラクティスすることで、ラストの安らかな休息の時間まで陥り… その後の座学で起こったことは、キセキでした。 ごめんね、もう言葉では言い表せないことだから、それ以上は言おうとすることもできないよ。 けれどね、i KNOW… あの場に集まってくださった長崎のみなさまは、その豊な心のOpeningを自分から求め、自分から選んで、感じるために来てくださった方々だった。 みなさんが心を開いてくださった分だけ、「すでにある豊かさ」「すでにある喜び」「すでにある愛」に溢れる時間でした。 振り返れば、わたしが昨日、あの場で一人ひとりの生徒さんの目を見ながら、あなたにどうしても言いたくて自然とわたしの口から出てきた言葉たち:   「あなたは相当愛されていますね」 「奇跡ですね」 「もう大丈夫だよ」   とはすべて、みんなに伝えながらも、宇宙が一番、それをわたしに言いたかったんだなぁ… としか感じられないのです。   みんなが、鏡のようで、 あっ!でも… 実はみんなとわたしは変わらない存在で、一体なのだから。。。 わたしがあなたに言おうと、 宇宙があなたに伝えたがっていたのだろうと、 宇宙がわたしに伝えたがっていたのだろうと、 あなたがわたしに言おうと、 what could possibly be the difference?? それが真実であればあるほどに、そんなことにまったく差はないよね。 シアワセだね キセキだね ヨロコビだね [...]

IMG_5498


mother

2016/02/20

6歳。 小学校一年生になって、ひらがなとカタカナとアルファベットに加えて、漢字を習い始めた息子との朝食テーブルトーク。 世界をリソースにすれば、自分ではできないことも、一人でわからない答えも、本当は何も不足することがないという、偉大なことに気づかされたのでした。   い: 「ママって漢字ぜんぶ知ってる?」 め: 「ぜんぶは知らないし、漢字はたくさんあるから、ぜんぶを知ってる一人の人はいないと思うよ」 い:「…うーん(考えて)、、じゃあ、世界中のみんなに聞いたら、ぜんぶの漢字がわかるの?」 め:「…うーん(考えて)、、 そうだね。。そういうことかもしれないね。世界中の全員に聞いたら、ぜんぶが揃うのかもしれないね」 い:「すごいっ!」 め:「たしかに!」   め:「そしたらさぁ、いっさ。。それって、漢字だけでなくて、すべてのことに言えることかもしれない。自分一人でわからないことがあったら、知っている誰かを見つけて、その人とお友達になったらいいんだよ」 い:「そうだ!!僕お友達つくるの得意でよかった!」 め:「うん!ママもいっぱいお友達をつくる!」   小さなやんちゃ天使… かと思いきやカオスを作り出すモンスターと化する こともある6歳児だが、よくよく発想に耳を傾けてみると、 子どもはみな、天才だったりする。

ISSACottonIMG_4920

journal

2016/02/17

今日のインスタ/FBで、my studentの一人ととっても素敵な会話があったので、さらにシェアしたくなりました♡ — め:(インスタ発信) 「月に1回でもいいから、まずは一度来てみて!と言いたい。自分のための時間を、少しでもいいから設けてみること。 みんな「やっぱり週に2回は行かなきゃですか?」とか、始める前からハードル高く条件づけようとするんだけど、始める前から頭で考えてないで、まずは一度でもいいから、行動に移すことだよ。 1回でも来てくれたら、その1回を、最高に楽しくて、気持ちいい体験にするお手伝いをします(ココ自信アリ✨)。そしたら、最初から頑張ろうとなんてしな くたって、自然とまた来たくなる。だんだんどんどんカラダも変わって、心も変わって、週1-2回続けるのなんて苦痛でもなければ、ハードルにも感じないと 思う。続けていけば、最初は「絶対ムリ!」って言っていたポーズが、だんだんどんどん確実にできるようになる。それまで、とことん寄り添ってお付き合いします。それがわたし達の役割で、愛しているプロセスだから。 そうやっていくうちに、一歩ずつ、人生が変わるんだと思う。 わたしは、そうでした! けど、最初の一歩が大事なの。その一歩を行動に移すか移さないかが、大差なのです。 最初は「絶対ムリ!」って言っていたポーズが、だんだんどんどん確実にできるようになるまで、 とことん寄り添ってお付き合いします。 – Kさんコメント①: 一度目にいい先生に出会うかどうかも、大きいですね。小生は、8年前にすごい厳しい先生に出会い3年間練習しました。中年のおっさんが今まで継続できたのは、その先生のおかげです。あとは、ヨガのマットの上に立つことができれ、継続するのみです。 め:おっしゃる通りです!! 最初の1体験で、ヨガとはいったいどういったものなのか、ヨガが好きになるかどうか、またやりたくなるかどうかが大きく影響されますよね。わたし自身、そうだったし、最初の先生が素晴らしい先生だったことは今でも心の底から感謝していることです。 Kさんコメント②:それから、3年前に日本に戻り、日本でも素晴らしい先生に恵まれました。 め:   :) I want you to know how happy and proud I am to have an amazing student like you. Do you know that I LEARN from YOU every time you are in my Mysore [...]

IMG_5099


beauty

2016/01/20

「ママァ〜?なんでいつもパックするのぉ?」と、ツッコミも入りながらですが..。 お風呂上がりの寝る前の時間は、しっかりwhiteな仮面をお顔につけていることがよくあります。 だって、 冬のお肌、乾燥防止。 この時期、必須テーマでしょう。 普段のお肌のケアは「甘やかしすぎないがコツ」とも聞くけれど…。 These super DRY, freezing Cold Wintery Days, こうしたとっても寒い、乾いた真冬の日には、 一歩お外に出れば、そこまで過酷な環境にさらされているお肌です。 そんな夜には、甘やかしていいと思うんです、my お肌。 It’s GOOD to pamper(甘やかす)your skin at night!!   で、my favoriteアーユルヴェーダ的スキンケア・アイテムがこちら: 毎年恒例のmy クリスマス大ワークショップのプレゼント抽選会でも、豪華ギフトとして女性に大人気のluxury facial cream and eye cream by 『NVUS』。 お風呂あがりのお顔にしっかりと化粧水パックした後に、NVUSのアイクリームとfaceクリームを軽くマッサージしてのせて、1~2分おちつかせてあげて。 (その間に歯みがきしていることが多いかな〜) ヤッパリ、真冬のお肌は甘かやしていいんだと思います♡   ファイナルのトッピングは、iHerbでリピート購入している、こちらのミネラルシリカのジェル『ORGONO Living Silica』。 ひんやりした軽いorganicジェルをさらりと顔一面にのせたら、ready for bed. こちらのジェルはしばらく経つと顔に薄い膜をはるようにフィルムができるので、朝まで完全防備。 この時期、加湿器をベッドサイドで使っていても、寝ている間の乾燥が気になるぐらいなので…。     hmm… ついでだから… (?!) Spaの予約でも入れたくなってきたな… ♡ 笑 ♡ [...]

IMG_2813


mother

2016/01/08

今日はわたしと息子にとって、人生初の三者面談@昨年秋からお世話になっている小学校でした。 結果は… 望んでいた以上の結果で、もうなんとも言葉にならないほどに嬉しくて…!! 先生:「いっさくんの上達は素晴らしくて、講師としてもいっさくんがクラスにいてくれることをとても嬉しく感じています」母:(泣きそうなほどに嬉しくなる)母:「息子にとってもそうですが、母親としても人生初めての通信簿だったので、開くときには自分の母親としての成績を見るようでドキドキしました。」先生:(真顔で、目を見て) “Well.., you’re doing EVERYTHING Right. “母:「…」(なお泣きそうになる。) 他にも、先生といろいろお話させてもらいました。 一年生になった1学期目を終えて、家庭での息子の変化。 家でも、どんどん一人の人間として独立したり、意見を述べたり、これまでにはなかった気遣いを見せたと思ったら、全然ひょうきんな面もあったり..。 それでも、先生も一番褒めてくれて、親としても一番誇らしく思うのが、息子にしっかりと根付いている「思いやり」なのです。 My sonは、以前の保育園でも、本当に幼い頃から言われていたのですが、周りの子に気づくことのできる優しさの持ち主で、先生にもお友達にも愛されます。このことを、わたしはもちろんとても誇らしく思うので、機会がある度にべた褒めするし、「素晴らしいよ!ずっとみんなにそうやって優しくしようね。いっさが優しさに不足することは絶対にないし、みんなとシェアしたからと言って、ラムネとかお菓子とかがなくなっちゃうことも絶対にない。あなたは必要としているものを何も不足することはないの」と言って、彼の態度を応援するのですが、 「こればかりはわたしが息子に”教えた”ということはなく…。きっとあまり教えられることでもなく、なんか、生まれつきにもっているものなのかと思います。だからこれからも後押しするように応援し続けたいと思います」と、今日の面談中にも、わたしは先生に言いました。 すると先生は、真顔のまま、 「でも、子供は何よりお手本から学ぶものです。きっといっさくんは、そういった態度を見て育ってきているんですよ」と言いました。 わたしは… ウルウル… しました。 もう… 言葉になりませんでした。 …きっと絶対、、 全国全世界で子育て奮闘中のみなさんは、誰よりわたしの気持ちをわかってくれるのではないかと思うのです。 だから今日も、みんなと喜びをシェアしたいと思ったよ。 i know your hardships!! 全てのお母さん・お父さんに言いたいのです。子育てほど自分のペース崩されて、はちゃめちゃにされて、わけのわかんないまま頑張りとおすものはないけれど、you know… it’s ALL worth it, isn’t it?? わたしたちは今日、学校を出てからジャンピング・ハイタッチをしました。 辛くて、 大変で、 転がり落ちてダウンしたくなった日の数だけ、 高く 強く 思いっきりジャンプしてタッチしました。 …ALL with my little BOY. i know you’re not [...]

IMG_4832

philosophy

2016/01/07

Albert Einstein said: We cannot solve our problems with the same thinking we used when we created them. (私たちは問題を作ったのと同じ考え方で、その問題を解決することはできません。) And this just might be one of the most powerful lessons i keep learning from my yoga practice. これは、わたしが長年のヨガプラクティスを通して学んできている、もっとも貴重な知恵の一つです。 なぜなら、YOGAというプラクティスが、カラダの面・メンタル面・精神面をつないでいくためにデザインされているホリスティックメソッドだから。そしてYOGAのプラクティスを、正しく継続的に行いながら、人間におけるこれらすべての面を結び、統合していかずにはいられないから。 なのに…、頭ばかりに偏っている現代社会では、頭の中で考えて出てきた問いに対し、頭の中で解決して処理しようとすることが普通であるように思うのです。 わたしにとって、こんな時に大いに役立つのが、ヨガのアーサナ練習。 考えても考えても抜けきれない、コントロールのきかない思考が、グルグル頭の中でまわり始めた時に、気がつくとずっと延々と頭の中で考え続けちゃったり、それで寝られなくなったり、答えが出せなくて落ち込んでうつっぽくなったり…。そんな時、問題を問いかけたまま、ちょっと違った視点に自分の心を開いていくために、ダイナミックにカラダを動かしたり、呼吸を入れちゃおう!というヨガの活用法は、それはもうビックリするまでに効果的な手段なのです。 逆に、ヨガプラクティスの中では、カラダを扱っていく中でも、確かに心(メンタル面)の力をもって身体性をバックアップしてあげたいものでもあります。 例えば格闘技を観ていると、相手に思いっきりパンチを当てられてひるむ瞬間にこそ、「Just Go!」と、新たな選択・思考力により、一瞬のナチュラルなリアクションをぬりかえるファイターがいるのです。むしろ、彼等はそのためにハードなトレーニングをこなしているのでしょう。 同じように、私生活において、誰かがわたしのことを傷つけた時。または傷つけられるようなことをされたり、言われたりした時。わたしが思いっきり、そのパンチを受けた時。 わたしの心は、一瞬ひるむのでしょう。 次に、自動的なリアクションとして、わたしは萎縮して消えてしまいたくなります。または、逆にもっとひどいことを言い返したくなります。 このような「自動的なリアクション」は、自分を防衛するための働きがあるものですが、防衛している自分(防衛を必要だと感じている自分)は「小さな自分」であり、いわゆる「エゴ」と呼ばれる自分に過ぎないのです。It’s not usually your “best self” or [...]

IMG_3898


  • Back