journal

journal2012/11/06

Reminiscing America、そして旅とは…

今日も朝からマイソールクラス3時間、そして火曜基礎クラス。その後はstudents & maeパパと一緒にスタジオ近くでサクッとランチを挟み、午後は雑誌Oggiの取材と、fullな一日でした☆

基礎クラスの後に、regular student Fさんとちょっと立ち話。
Fさん、来週からアメリカに行かれるんですって。それで先月の私のUS tripを思い出していました。6年ぶりぐらいだったかなぁ、アメリカへ行ったの。あのスケールのでかさといい、だだっ広さといい、これぞアメリカ!空港から降りた瞬間からただただ広がるそのSpaceに、自由を感じていました。

日本はいろんなものがコンパクトにできているから、小さい中で非常にまとまりの良い、洗練された美しさを感じさせてくれる国なので、いろんな意味でアメリカと対照的であるように感じます。美しく完ぺきにまとまったお弁当箱のように、上手に仕切られていて、その中にいる時は守られている感があるように、私はよく感じます。

その反面、アメリカは...ただただ広がる大地。「ここでは、自分で道を切り開いていくんだよ」とその大地に言われているようで、小さい頃は特に、以前は日本からアメリカを訪れると、最初はちょっと縮こまってしまいそうな、かえって恐くなるようなところがありました。しかし久しぶりに訪れると、いつの間にか自分もちょっと大人になっていたのだろうか(?!)、そんな恐怖心はかけらもなく、「ここでは自由に自分の道を切り開ける!」気分をのびのびと、存分に味わってきました。

先月のアメリカ旅行は弾丸だったけど、短期間でも「これぞアメリカ!アメリカン」を感じさせてくれる瞬間がたくさんありました。

例えば、サンフランシスコ空港から、更に内陸に向かうために小さなプロペラー機に乗り換えた時。
私は、一番後ろの席に座っていましたが(一番後ろでも、only Row11!)、出発準備の際に、搭乗客のシートベルトチェックをしていたキャビンアテンダントのお姉さんが、私に

「Do you mind sitting in the emergency exit row for me, HUN??」と言いました。

小さな飛行機だったので、キャビンアテンダントは1名しかいなくて、非常口席に必ず誰かを着席する必要があったみたいで、別にそんなに変わったことではないかと思うのですが..。私は何て言ったってどうしても彼女の言い方に「アメリカ!」を感じてしまって、その後しばらく頭の中でリフレイン。

だって、「HUN」ですよ、HUN。

つまり、Honey=ハニーの略。(笑)

どぉ〜〜する??!ハニーって呼ばれちゃったよ♡初対面で、しかも恐らく2度と会わないのに。(笑)
私もスタジオで初めてstudentのこと「ハニィ〜」って読んでみようかしら?!

あと、もう一個ある。

ある日のランチの時、食後のドリンクにホットココアを頼んだ時。ウェイトレスさんが私に「Feel like whipped cream?」と聞きました。Feel like whipped cream?って、日本語にしたら「生クリーム気分?」って聞いていること。まず日本語ではあり得ない言語の使われ方ですねぇ。ジャパニーズになった途端、丁寧にかしこまって「生クリームをお付けしますか?」とかになっちゃう。レストランではまずあってはならないカジュアルさです。Englishって、日本語と比較するとこういうところが雑というか、ざっくりとしている印象だけど、柔らかくて砕けたところがまたlots of FUNです☆ちなみに、my answerはもちろん「for sure!」でした:)

エニウェイ。

前のブログにもちらっと紹介したspiritual bookstoreでは、こんなミラクルなサラダボウルも見つけたんだよ!

旅先でサラダボウルを買うなんて。。。何より帰りの道のり「ずっとあなたを大切に機内へも持ち込んで、家まで運びます」というコミットメントを買っているようなものだけど。。。わかっていながら、どうしてもこの子を買ってしまいました。

アーティストによって丁寧に描かれた一点物のマンダラプレート。よく見ると青い部分に「I AM ENOUGH」(=直訳:私は十分)という文字が描かれています。いつだって、精神の満たされている感を思い出させてくれる魔法のボウル?!一目惚れして即買いしました。こんなボウルでfresh organic greensのbeautiful saladをお腹いっぱいに食べて、空っぽになったら「ほら、満たされているでしょう?」のメッセージ。最高じゃないですか:)

他にも、わずかな時間の中でこんなTシャツとか、お洋服ちょっとと、ローカルのスーパーではorganic rawのfood barとか買ってきました。日本も早くもっともっとorganic consciousになって、普通の価格でこういう良質のものがみんなの手に入るようになってほしいですねぇ。アメリカのこういうところって、本当に良いと思う。

旅と言えば、今日の雑誌Oggiの取材は、私にとってはめずらしくヨガがテーマの取材ではなかったんです。今日のテーマは「印象に残った旅」。編集のOさんが、「なんとなくめいさんはいろんな旅をしてそうだったので」と言ってお声掛けしてくれました。相当行っていますよぉ、旅。十代の頃から大好きでしたから。今日は18歳の時のspontaneousなエジプトへの旅についていっぱい語りました。懐かしいお話がたくさん出てきて、楽しかったなぁ!
初めて陸で国境を渡った時。イスラエルからエジプトへ入りました。

超貧乏旅行で行ったから、ギザのピラミッドへ行った時も、観光客の行く正面から入らずに、馬とらくだを借りて裏の砂漠の方から見に行きました。

初めて乗ったらくだ!

想像以上に背が高くて、立ち上がる時に本当にビビった!

とっても思い出深い旅でした。そして、旅先で出会う新しいつながりや、新しい自分。様々な想いが再び心によみがえりました。

いくつになっても、近くても遠くても、ずっとずっと旅をしようっと☆


mae'sコンテンツ カテゴリーリスト

  • 哲学
  • 食
  • 母
  • ビューティー
  • プロジェクト
  • ジャーナル
  • 一覧

他の記事


journal

2012/11/06

今日も朝からマイソールクラス3時間、そして火曜基礎クラス。その後はstudents & maeパパと一緒にスタジオ近くでサクッとランチを挟み、午後は雑誌Oggiの取材と、fullな一日でした☆ 基礎クラスの後に、regular student Fさんとちょっと立ち話。 Fさん、来週からアメリカに行かれるんですって。それで先月の私のUS tripを思い出していました。6年ぶりぐらいだったかなぁ、アメリカへ行ったの。あのスケールのでかさといい、だだっ広さといい、これぞアメリカ!空港から降りた瞬間からただただ広がるそのSpaceに、自由を感じていました。 日本はいろんなものがコンパクトにできているから、小さい中で非常にまとまりの良い、洗練された美しさを感じさせてくれる国なので、いろんな意味でアメリカと対照的であるように感じます。美しく完ぺきにまとまったお弁当箱のように、上手に仕切られていて、その中にいる時は守られている感があるように、私はよく感じます。 その反面、アメリカは...ただただ広がる大地。「ここでは、自分で道を切り開いていくんだよ」とその大地に言われているようで、小さい頃は特に、以前は日本からアメリカを訪れると、最初はちょっと縮こまってしまいそうな、かえって恐くなるようなところがありました。しかし久しぶりに訪れると、いつの間にか自分もちょっと大人になっていたのだろうか(?!)、そんな恐怖心はかけらもなく、「ここでは自由に自分の道を切り開ける!」気分をのびのびと、存分に味わってきました。 先月のアメリカ旅行は弾丸だったけど、短期間でも「これぞアメリカ!アメリカン」を感じさせてくれる瞬間がたくさんありました。 例えば、サンフランシスコ空港から、更に内陸に向かうために小さなプロペラー機に乗り換えた時。 私は、一番後ろの席に座っていましたが(一番後ろでも、only Row11!)、出発準備の際に、搭乗客のシートベルトチェックをしていたキャビンアテンダントのお姉さんが、私に 「Do you mind sitting in the emergency exit row for me, HUN??」と言いました。 小さな飛行機だったので、キャビンアテンダントは1名しかいなくて、非常口席に必ず誰かを着席する必要があったみたいで、別にそんなに変わったことではないかと思うのですが..。私は何て言ったってどうしても彼女の言い方に「アメリカ!」を感じてしまって、その後しばらく頭の中でリフレイン。 だって、「HUN」ですよ、HUN。 つまり、Honey=ハニーの略。(笑) どぉ〜〜する??!ハニーって呼ばれちゃったよ♡初対面で、しかも恐らく2度と会わないのに。(笑) 私もスタジオで初めてstudentのこと「ハニィ〜」って読んでみようかしら?! あと、もう一個ある。 ある日のランチの時、食後のドリンクにホットココアを頼んだ時。ウェイトレスさんが私に「Feel like whipped cream?」と聞きました。Feel like whipped cream?って、日本語にしたら「生クリーム気分?」って聞いていること。まず日本語ではあり得ない言語の使われ方ですねぇ。ジャパニーズになった途端、丁寧にかしこまって「生クリームをお付けしますか?」とかになっちゃう。レストランではまずあってはならないカジュアルさです。Englishって、日本語と比較するとこういうところが雑というか、ざっくりとしている印象だけど、柔らかくて砕けたところがまたlots of FUNです☆ちなみに、my answerはもちろん「for sure!」でした:) エニウェイ。 前のブログにもちらっと紹介したspiritual bookstoreでは、こんなミラクルなサラダボウルも見つけたんだよ! 旅先でサラダボウルを買うなんて。。。何より帰りの道のり「ずっとあなたを大切に機内へも持ち込んで、家まで運びます」というコミットメントを買っているようなものだけど。。。わかっていながら、どうしてもこの子を買ってしまいました。 アーティストによって丁寧に描かれた一点物のマンダラプレート。よく見ると青い部分に「I AM ENOUGH」(=直訳:私は十分)という文字が描かれています。いつだって、精神の満たされている感を思い出させてくれる魔法のボウル?!一目惚れして即買いしました。こんなボウルでfresh organic greensのbeautiful saladをお腹いっぱいに食べて、空っぽになったら「ほら、満たされているでしょう?」のメッセージ。最高じゃないですか:) 他にも、わずかな時間の中でこんなTシャツとか、お洋服ちょっとと、ローカルのスーパーではorganic rawのfood [...]

IMG_5526



journal

2012/11/04

vedaの朝マイソールクラスがリニューアルオープンしてから初めてのSunday class.素晴らしい熱気&beautiful energyで終えましたぁ!ご参加のみなさま、本当にありがとうございました:)平日のmembers&Sunday regular studentsが合体して迎えたNew Beginning、とっても嬉しく思います。今日は前半にほとんどの方が集中したこともあり、一時混雑しましたが、マイソールクラスはフレックスタイムなので、平日も日曜日も『vedaマイソール』の日は、ドアオープンからスタートする方、後半を狙ってゆっくり目にスタートする方、各自のタイミングでスタジオへお越しください。初めての方、何時頃来たらいいのかわからない場合、空いている時間を狙いたい!という方はスタジオへお問合せください。 今日はマイソールクラス後の基礎クラスもsoft and serene Energyでした。アーサナ練習に入る前に「音の振動を扱うYOGAプラクティスについて」や、ヨガやspiritualityの世界でシンボルとして活用されているLotus Flower = 蓮の花について、少しお話をしました。 そうしたらね、クラス後家に帰ってきてランチ食べて、子供昼寝させて読書していたら、今読んでいる本にちょーどまさに今日お話していた内容が載っていたので、ちょっとそれをshareしたいと思います。 ーーー AUM is the innermost music of your being. When all the thoughts and desires and memories have gone, have disappeared, and the mind is absolutely quiet and silent, there is no noise inside, you start hearing a tremendously beautiful music [...]

riverIMG_1100




journal

2012/11/02

以前の広尾のロケーションから、先月10月23日に移転オープンしたばかりの青山『CICADA』。 オープンしたばかりなのに、最早青山のhot spotであるのも、それもそのはず。オーナーはあのT.Y.BreweryやIVY Placeと同じ方で、とてもセンスの良いレストランなんですもの☆ お味ももちろん、プレゼンテーションからフロアースタッフの対応まで素晴らしく、ベジタリアン対応も何なりとしてくれるので、以前の広尾の時から使っていました。(結構むかーしからあるレストランなんです。) 青山仲間になったということで、チェックしなきゃ!と思っていて、今日やっと行けました。 入り口からspacious and gorgeousなフォイヤーエリアで、気分も爽快にしてくれるテラスとプール。 お水を眺めているだけで、気持ちが落ち着きます。 ランチは、こちらのMEZZOプレートで1400円と、かなりお買い得。地中海料理のフムスやflat breadなどのコンビネーションプレートで、座った時からお水の代わりにアイスティー。セットにはサラダとパン、更に食後のお飲物まで付いてこのお値段です。かなり優秀! MEZZOプレートには普段はプロシュートハムがのってくるメニューだけど、ハムと取り除いてもらっただけでfull and beautifulなvegetarianプレート。手前のコロッケみたいなやつは、ひよこ豆でできたフェラフェルだよ。お腹いっぱい過ぎて今日は全部食べれませんでした。 夜は夜で、きっとかなり雰囲気がいいんだろうなぁ! たくさん行きたいと思いまーす♡

photo-1



journal

2012/10/27

昨夜は、Mae’sマイソールクラスの打ち上げPARTY@表参道PURE CAFE! 2年2ヶ月に渡って開催を続けてきたアシュタンガヨガを最も伝統的な形で練習する早朝ヨガクラス『Mae’sマイソール』(←ムービーリンクあり!)。今のスタジオvedaの在り方、そして更なるコミュニティの広がりを考えて、来月からリニューアルし、これまでの「メンバー制・女性限定」が外れることになりました。 そこで昨日は、これまでお世話になってきたメンバーのbeautiful womenたちとPA・PA・PARTY!!! めっちゃ楽しかったぁ〜〜! 昨日のパーティ開始からの2時間は、人生で一番早かったかも、というほど早く感じました。 みんなともっともっと一緒にいたくて、帰るのが名残惜しくてしかたがなかった…。 だから、また次の機会を企画しようと思う!(笑)忘年会か、新年会かしら?! 早朝の裸足のtogethernessもいいけど、たまにはヒール姿も見せなきゃね♡ What can i say… i LOVE you all SO SO SO much. そして、みんながいてくれること、心から感謝しています。 ほんと、みんながいなかったら、vedaが生まれていなかったんだよ! i hope you KNOW that… and i hope you’ll always REMEMBER that. そして、これは一つのchapterの終わりだけど、引き続き次ぎなるchapterでもよろしくね:) こんなに大勢の美しい女性たち。 なにが美しいかって、みんなにはstoryがある。 それぞれにlifeがあって、人間関係があって、お仕事や務めや責任があり、それぞれにそれなりの問題や、人生の様々なアップダウンがある。それでも、今日、朝の静かな時間に、まずは自分が、自分自身の呼吸を合わせ、体と向き合い、意識の集中をもってその「静けさ」と統合していくことを選んでいる、あなたが美しい。 そして、2年前のオープンからの歴史をたどったミニスライドショーでも明らかになったけど、そんなみんなはものすごいスピードで変化を遂げている!どんどんどんどん美しくなっていくね!ウェアとかhair styleとかmake-upとかも新しくなっていっているのも、内なるmetamorphosisを表していて、本当にSO sweet and prettyだよ☆i LOVE it!! そんな呼吸音が響き集まる朝のマイソールクラスを見守ることは、美しくmeditativeで、本当に光栄です。 マイソールクラスのお部屋には、みんなのstoryが集まっています。静かな呼吸音の中に、その深みも、喜びも、苦しみも、明るさも、重さも感じられます。そして私たちみんなのそのすべてを受け止めてくれる、mysore room. だれもいなかったら、何もないのにね..。 みんなが来てくれるから、マイソールクラスにはいつも、まぶしいほどの輝きが満ちあふれています。 Thank You… Thank [...]

IMG_5492