journal

journal2013/02/25

ISC初日。YOGA changes lives.

i think… this may be my ultimate FAVORITE thing about being a yoga teacher.

YOGA changes lives.

ヨガを通して、人生を本当に変える人がいるの。

私も、自分の経験として、そんなことをよーく知っているからこそ、今、このような形でteacherになることができる。
Teacherと言っても、「先生」である以上に「先輩」ぐらいのほうが実際のところ真実に近いを思うのですが。

最近、ヨガが人の人生を変えるpowerを持っていて、根本的な変化を促す活動である、ということについてよく考えています。これって逆に言ったら、内側から始まる、そんな本質的な変化を求めている人たちがヨガに導かれたり、または変化の準備が整った方たちが、準備ができた分だけの「きっかけ」に出会うのではないか、とも思います。

昨日のSundayは、vedaで私にとっても初であるヨガ集中講座Intensive Study Circle(ISC)の初回クラスを終えました。
昨日の私は、朝8:00~ 3時間、いつもの日曜マイソールクラスを指導して、休憩を挟んで午後におよそ3時間のインテンシブ講座でした。この日のvedaは、朝から美しい光に包まれ、なぜかいつにも増して輝かしい空間に見えました。みんなが来る前に、自分の気持ちを集め、「場所」と統一するmeditationもしていたの。

だからISCクラスが始まった時、私もあまり緊張せずに、とてもいい集中力でクラスをleadすることができたように感じました。ものすんんんごく濃くて、OPENで、Beautifulで…。それはもう言葉にはならないsharing…、いやあれはもうoutpouringでした。春のお天気雨のように降り注ぐ想いが、みんなそれぞれの心から溢れ出てきて、vedaの空間でとけ込んでひとつになっていきました。

thank you, Thank You, … THANK YOU, to each one of your beautiful and open hearts.
そしてこのISCの機会に、大きなチャレンジである「変化」を望んだ勇敢なheartsへ。
私こそ、みなさんとこのような形でご一緒させていただけることが喜びであり、誇りであり…。

そして…、

 

「好きです。」

 

みんなのことが。(笑)
So much more to share… これからが本当に楽しみだね。ISC!

 

さてさて、ISCの時にもお話しましたが、ヨガが、どのようにしてその本来の効果を発揮して、効力をもつかというと、それは何度でも繰り返します。

安定した、継続性のあるプラクティスによってです。

 

今回ISC集中講座でなぜ、アーサナ分析やアーサナプラクティスを含めていないかというと、ズバリ。。。

日々のプラクティスを深めるためには、マイソールクラスに勝る方法がないから、だと私は考えています。

マイソールクラスとは、南インドで継承されているアシュタンガヨガの最も伝統的な練習方法であり、the BEST練習方法です。
マイソールクラスとは「自主練を育てていく」方法であり、自分で自分のヨガプラクティスができるようになる練習方法です。
多くの場合「自主練習」と聞いて、「初心者である自分はまだ自主練できないから、ちゃんと覚えてからではないと出られない」、マイソールクラスとはハードルの高いものだと勘違いされている方がいらっしゃいます。

これは本当に大きな勘違いでして…、一度も行ったことも見学したことも、問い合わせてみたこともないのに、このような間違った認識をもたれてしまうことはとても残念なことでもあります。

なぜなら、マイソールクラスでこそ、まったく白紙でスタートする完全の初心者の方が、一番安全で、自分にあったペースで、「今」の自分の練習を育んでいく、温かい環境が設けられているからです。

インドのヨガにおいては、師弟関係というものが大変重んじられているのですが、これはまさに、先生がヨガをして、生徒達がそれをマネして、先生がいればヨガができる…、といった「人ごと」ではなく、一人ひとりの生徒が、「自分の中でのヨガ」を身につけていくための方法でもあるのです。一般的なクラスとは違って、みんなが一斉に動いていくクラスではないので、人のマネっこもできない分、きちんと覚えなければならない「学びの場」でもありますが、こうでもしなければ、いつまで経ってもYOGAが自分のものとして体得されないと思います。そのため、伝統的なマイソールクラスにおいては、原則として一人の指導者が、長い間、継続的に、生徒のプラクティスを見守り、信頼関係を築き上げながら、それぞれの成長過程にあった形で練習を深めていくよう指導していくことが基本なのです。生徒だけではなく、指導側からも大変なコミットメントが必要なものです。ですからこれは、相互関係です。そしてヨガとは、一方通行ではないからこそ、こうして代々と、脈々と「生きている」知恵として受け継がれてきたのではないかと、私は思います。

無論、「マイソールクラス」とひと言で言っても、現状としていろんな形でマイソールクラスが行われているので、それに関しては、いつだって盲目的に従うのではなく、みなさんご自身が生徒として実際に足を運んでみて、どのクラス、どの場所、そしてどの指導者が自分に相応しいのかを考えていただくのがベストだと思います。

アシュタンガヨガ以外の種類のヨガをプラクティスなさっている場合でも、基本は変わらないと思います。
アシュタンガヨガではないから「マイソールクラス」と呼ばれるものではないかもしれないけど、いずれにせよなんらかの形で、毎日行う「自分のスジとなる練習メニュー」が必要で、それを安定した形で、継続的に行ってこそ、ヨガが本来のパワーを最大限に発揮するのだと思います。

vedaでも、毎朝マイソールクラスの指導に当たりながら、生徒さん達の変化や進化を見れることは、指導側に立つ私にとって、最大の喜びの一つでもあります。そして、そんな「変化」に必ず伴う苦楽も、共にできる仲間がいること。その喜び、そして安心感。この場所に行ったら、こんな仲間たちに会える。そんな場所があるということ。それは、ひいては個人のためにとっても、心の奥でものすごい勇気や安堵感につながることではないかと思うのです。

私にとっては、、、いつもそうだったなぁ。
もちろん、今でもそうです。

そして、今日はちょっと見ていただきたい、聞いてもらいたいstoriesがあります。

安定した形で、継続的にプラクティスを行うと、奇跡が起こること。
みんながそれぞれ与えられた状況の中で、「今の自分の」プラクティスを育んでいくことが大切なのだと思いますが、世の中には、逆境である状況を、変えてしまった人たちがいます。

こちらは姉Mに教えてもらったyoutube linkで、アーサーさんのyoga story.
アーサーさんは、米軍パラシュート部隊で活躍した後、数多くの衝撃から腰や膝を痛め、軍を離れた後15年間もの間、医師たちに「もう2度と補助なしでは歩けないだろう」と言われていました。歩くことさえ困難だったので、エクササイズとも無縁になり、どんどん太ってしまった彼。ヨガを始めようと思ってからも、ほぼ全員のヨガteachersに断られたという彼のことを、たった一人のteacherが何かできることはないかと、指導にあたるようになりました。そうしたら…。

次に、こちらはvedaのmysore student Kさんに教えてもらったstory.
NBCニュース記者として世界中を巡った彼は、その後腰部を骨折し、薬物に頼った生活をするようになってしまいました。手術も失敗してしまい、「回復不能な障害者」と言われた彼。体重も増え、さらには癌を発症。「余命2年」との診断を受け、自分の中でこみ上げる怒り、鬱、そして薬物中毒に負けそうになった時、彼を救うきっかけとなったのは、2歳の息子の発言だったそうです。「Get Up, Daddy!(パパ、起きて!)」

それを機に、不思議と「ヨガの始まりが僕にとってのヒーリングの始まりだと直感的に感じた」と言う彼のストーリー。

 

Thanks for sharing, M & K!!!
These stories inspire me, and so do YOU.

Let’s remember… YOGA can changes lives… when you are ready for it.


mae'sコンテンツ カテゴリーリスト

  • 哲学
  • 食
  • 母
  • ビューティー
  • プロジェクト
  • ジャーナル
  • 一覧

他の記事


journal

2013/02/25

i think… this may be my ultimate FAVORITE thing about being a yoga teacher. YOGA changes lives. ヨガを通して、人生を本当に変える人がいるの。 私も、自分の経験として、そんなことをよーく知っているからこそ、今、このような形でteacherになることができる。 Teacherと言っても、「先生」である以上に「先輩」ぐらいのほうが実際のところ真実に近いを思うのですが。 最近、ヨガが人の人生を変えるpowerを持っていて、根本的な変化を促す活動である、ということについてよく考えています。これって逆に言ったら、内側から始まる、そんな本質的な変化を求めている人たちがヨガに導かれたり、または変化の準備が整った方たちが、準備ができた分だけの「きっかけ」に出会うのではないか、とも思います。 昨日のSundayは、vedaで私にとっても初であるヨガ集中講座Intensive Study Circle(ISC)の初回クラスを終えました。 昨日の私は、朝8:00~ 3時間、いつもの日曜マイソールクラスを指導して、休憩を挟んで午後におよそ3時間のインテンシブ講座でした。この日のvedaは、朝から美しい光に包まれ、なぜかいつにも増して輝かしい空間に見えました。みんなが来る前に、自分の気持ちを集め、「場所」と統一するmeditationもしていたの。 だからISCクラスが始まった時、私もあまり緊張せずに、とてもいい集中力でクラスをleadすることができたように感じました。ものすんんんごく濃くて、OPENで、Beautifulで…。それはもう言葉にはならないsharing…、いやあれはもうoutpouringでした。春のお天気雨のように降り注ぐ想いが、みんなそれぞれの心から溢れ出てきて、vedaの空間でとけ込んでひとつになっていきました。 thank you, Thank You, … THANK YOU, to each one of your beautiful and open hearts. そしてこのISCの機会に、大きなチャレンジである「変化」を望んだ勇敢なheartsへ。 私こそ、みなさんとこのような形でご一緒させていただけることが喜びであり、誇りであり…。 そして…、   「好きです。」   みんなのことが。(笑) So much more to share… [...]

DSCF3871



journal

2013/02/04

今日2月4日で、vedaでの朝マイソールクラスは3年目突入☆ 2011年3月3日のグランドオープンのおよそ1ヶ月前にマイソールクラスを今の場所へ移動しました。あの頃は寒くって寒くって。スタジオ前の歩道に、早朝まだ暗い中登校する生徒さんたちが、雪の日に「We♡veda」ってらくがきしてくれたの、思い出深いなぁ!So Much LOVE!!!みんなに勇気づけられて、私も早起きが相変わらず大好きです:)これからもどうぞよろしくね! ということで、今日は早起き現代ヨギー&ヨギー二の強い味方となること間違いなし!楽しい便利アプリの紹介です。私も最近使っているよ〜。 こちらの情報、vedaマイソールのアシスタントとしても活躍していただいている、akikoさんがちょっぴり興奮気味にシェアしてくれました。せっかくなので、彼女に紹介文を書いてもらったよ! ーーーーー 寒い日々が続いていますが、皆さん、すっきり起きれていますか? マイソールスタイルの練習を続けていらっしゃる方はもちろん、誰でもお仕事や育児で、早起きしなければいけない時がありますよね。この時期は特に、布団から出るのがつらいものです…。 今日はiPhoneユーザー必見!スッキリ起きられる目覚ましアプリ、”Sleep Cycle alarm clock”を紹介します。  以前私は、大の早起き苦手人間でした。ぐっすりと寝ている最中に、けたたましいアラーム音で目覚めさせられる程、不愉快なことはないですよね(笑) 無理矢理起こされて、意識の奥では「起きなきゃ〜」と思いつつ、「あと5分だけ…」と二度寝… そんな日は、目が覚めた後も後悔があったり、だるさがあったり…。 負のコンディションが抜けないままヨガの練習に入るので、もの凄く身体が重い! しかし、この”Sleep Cycle alarm clock”を愛用するようになってから、多少の寝不足でも次の日スッキリ目覚められるようになりました。 この優秀アプリ、”Sleep Cycle”はその名の通り、眠りの周期、いわゆるレム睡眠とノンレム睡眠の周波を感知し、ユーザーの睡眠が覚醒しているタイミングを見計らって起こしてくれるのです。 しかーも!ユーザーの寝返りなど、睡眠中の動きを記録し、徐々にユーザーの睡眠パターンを学習して、起こしてくれるようになるお利口具合。 そしてそして。もう一つの驚きはアラーム音。 音というより、癒しの曲と言いましょうか。 どの曲も「こんな曲で起きれるの!?大丈夫!?」と心配になるくらい静かな音ばかり。波の音なんかもあります。 もう一度寝ちゃいそうな、癒される曲ばかりなのに、眠りの浅いタイミングに流れるとスッキリ目覚めることが出来るので本当に驚きです!  その他、毎日のバイオリズム記録を見るのも楽しみの一つです。 私自身、飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして寝てしまった日は、全然深い眠りに入らず、グラフがガタガタだったりするので、自分のライフスタイルを見直すきっかけとなっています。 まるで優しいお嫁さんのような”Sleep Cycle alarm clock”、DLは85円で格安です。 似たようなアプリ「快眠サイクル時計」もあり、こちらは無料です。 自分の睡眠サイクルに合わせて目覚められることはとても快適なもの。ぜひこの体験を一度味わってみて下さい:-)                                     akiko cindy —————————————-   そんなこんなで、私の中では「おもしろいアプリの発想があるんだなぁ〜」って、すっかり感心していた矢先に、なななんと、今度は新潟studentのIさんから、さらなるヨギー愛用アプリ情報をget! こちらはなんと、ヨガ後の休息のひとときに、朝の出勤前であってもぐっすり休め、穏やかに目覚めること間違いなし、「ティーンシャ」の音でアラームしてくれるアプリです☆こちらはIさんのブログで詳しくどうぞ。 気になるね〜。 そして、愉快だよね! Iさん、akikoさん、楽しい情報ありがとう!

sleepcycle01




journal

2013/01/17

お待たせしましたー☆ veda初… そして私の指導キャリアでも初(!!)となる、ヨガ集中講座『インテンシブ・スタディ・サークル(ISC)』の内容を紹介させていただきます。 インテンシブ・スタディ・サークルは、全8回に渡る、合計20時間の集中講座です。 開催概要や日程、その他詳細に関しては、こちらのスタジオHPページをご覧下さい。 また、ISCに関するお問合せは、こちらのブログのコメント欄ではお答えできませんので、直接スタジオの方へお問合せください。 ※地方在住のためスタジオにてご参加いただけない方等、ISCは通信環境にて講座内容をお届けするシステムを準備しております。こちらに関しては改めて後日スタジオからお知らせさせていただきます。 ※ISCは、受講生がヨガの練習と経験を深めることを目的としているため、全8回の講座受講をお勧めしておりますが、一部単発でもご受講いただけるクラスがあります。詳しくはスタジオHPをご覧下さい。 今月1/27(日)10:00-11:00にはISCのオリエンテーション(説明会/参加無料)を開催いたします。オリエンテーションでは、私から皆さんへ開催の目的やクラス構成、内容等についてお話させていただきますので、この機会にスタジオへお越しいただける方は、ぜひ直接ご質問等をお寄せください。 ① WHAT IS YOGA? ヨガとは、いったい何か? インテンシブ講座の第1クラスでは、私達が行っている「ヨガ」とはいったい何なのか、歴史的背景や、伝統、そして古典に記されていることを復習しながらレクチャーを行います。 ただし、スタディ・サークルでは、情報を覚えること以上に、これらのことを実生活で実践することまでつないでいきます。 ★自己紹介とクラス構成の説明 レクチャーポイント: ・パタンジャリのヨガスートラによる、ヨガの定義 ・ヨガの8支則(アシュタンガヨガとは) ・4つのヨガの道ついて ・ヨガの練習方法:トリスターナ、ヴィンヤーサ、9つのドリシュティ ・ヨガとは、浄化の道。浄化の方法、そして作用 ・古代のヨガを→現代で活用することについて ★Surya Namaskara: Practice. ヨガの基本である太陽礼拝を身につけ、「ヴィンヤーサ」の意味と実践を結ぶ。 太陽礼拝の効果 ☆Everyday Meditation:ヨガは、本質的に内面的なプラクティス。そのプロセスを味わっていくために、メディテーション(静かに座る時間)をスタディ・サークルの重要な一部として、築き上げていきます。独りでは難しい、完全に自分が自分の内なる世界に入ることを、やさしいメディテーションのプラクティスの中で育んでいきます。 効果的なメディテーションのコツ、そして日常生活とのつながりについて、少しずつ皆さんご自身で内面的な成長が感じられるようガイダンスしていきます。 ②CHANTING チャンティング入門 様々なヨガプラクティスの方法の中でも、最も古くからある「チャンティング」。声に出して“お経”を唱えることや、インドのマントラを使うことに、まだ抵抗を感じてしまうという方も少なくないかもしれませんが、本来のチャンティングプラクティスとは、ヨガを学んでいく上で、必要不可欠な要素です。そんな「チャンティング」のメソッドを、現代の日本人にとってもっと馴染みやすいプラクティスにするために、チャンティングの方法や、その効果、そしてその真理に迫ります。 ★チャンティングの実践 レクチャーポイント: ・チャンティングとは何か。なぜチャンティングを使うのか、そして音の振動を扱うプラクティスが、どのように作用するのか ・アクティブ・リスニング:実際に様々なチャンティングの種類を聞いていただきます。 ・アクティブ・ラーニング: 発音について簡単に学び、簡単なマントラを皆さんで一緒に覚えます。 ・ 音楽とチャンティング ・アシュタンガヨガOpeningとClosingのマントラについて ・サンスクリット語=ヨガの言語。その真理について ☆Everyday Meditation ③BREATHING  呼吸法・調息 入門 このクラスでは、「呼吸」について様々な視点からディスカッションを繰り広げます。古代のヨギーたちは、呼吸についてどのように考え、呼吸をどのように捉えていたのでしょうか?そして現代人である私達は、その知恵から何を学び、何を活用できるのでしょうか?健康面はもちろんのこと、呼吸と意識の関係や呼吸とエネルギーのつながりを研究します。 レクチャーポイント: ・呼吸とは?呼吸のすべて ・5Vayus=5つの風 ・呼吸と意識について ・呼吸法の種類、効能 アクティブ・ラーニング: [...]

DSCF1642