Beauty

beauty2015/03/19

For Fresh Lips♥

こんなに美味しいBeauty用品があっていいんでしょうか?!
ってほどの、new item♥

冬の気候で影響を受けなかった唇なんてないはず。
そんなお口元を、大切に、そして優しくcare.

 


味を語りたくなっちゃうほどのsensualな香りとflavorなんですが、
とにもかくにも、初めて使ってみたらmy lipsもしっかりとこんな仕上がりに♥
ALL NATURALだから安心のSugar Scrubをgentleに、解けるまで唇に当てて使用します。

春だから…!
脱!パサパサLipsはmustですよね。。

Beautyも、Exerciseも、…自分磨きのShoppingも!!
盛り上がりますね〜

 


mae'sコンテンツ カテゴリーリスト

  • 哲学
  • 食
  • 母
  • ビューティー
  • プロジェクト
  • ジャーナル
  • 一覧

他の記事



beauty

2014/09/21

みなさんは朝の身支度の際、make-upには何分ぐらいかけますか? わたしはズバリ「7分」でございます。笑 こんなんでツーヨーするのかしら、アラサー女子。。。と、自分の中でもつぶやき声がない訳ではないのですが、、 そんなmodern womanの毎日メイクをシンプルかつ高品質で、さらにはEASY&Beautifulに仕上げてくれる強い味方がミネラルメイクのMIMC。 わたしはMIMCが初めてできた頃から愛用しているので、以前にもブログで何度か登場したことがあるのですが、こちらのミネラルメイクを正しく使うと、何より 時短 が可能になるのです。   …わたしは元々ヨガ中心な日々だし、super naturalメイクが好きなので、7分で仕上げるというのは確かにminimalでもあるのですが。 これをキホンに、その他のメイク術をプラスしていく方法はいくらでもあると思うので、今日はわたしなりのDaily Make-Up方法をご紹介しましょう☆ 《前準備》 わたしは朝はほぼ絶対に石けんでの洗顔はしません。 元々どちらかと言うとドライになりやすい肌質(体質)であるということもありますが、朝はとにかく寝起きのカラダの自然な油分バランスをお顔に残してあげるのがわたしなりのMUSTです。 いろんな女性誌とかにも書いてあると思うけど、清潔にしようと思っても、石けんで洗い過ぎるのって結局肌が本来持っているバリア機能をナシにしてしまうようなもので、朝出かける前にバリアオフしちゃうなんて、わたしには感覚的にもあり得ない感じなのです…。 わたしの朝準備は、朝シャワーの際に(朝シャワーは必ず入るんです)ぬるま湯でお顔を流してfreshen upするだけ。 その後天然ハーブの化粧水(ビューティビオファイターのプリンセスケアを使っています)。コットンとか面倒くさいので、いつも化粧水を遮光のスプレーボトル(無印とかで売っているやつ)に移し替えて、直接お顔にスプレーして、手を全体に当ててしっとり馴染ませます。 シャワーから出て、これを真っ先にやってからお洋服を着たりして、化粧水がちょっと落ち着いた後に乳液または冬場はクリームなど。(ニールズヤードのフランキンセンスシリーズがスゴイです☆) で、やはり歯を磨いたり他のことをちょっとして、さらにこちらの保湿剤がお肌に浸透するまで待ってから、メイクを始めます。 《ここからが毎日のMake-Up手順です》 ① ミネラルコンシーラーで目の下やその他気になる赤み等をタッチアップ ② 大きな天然毛のブラシでミネラルパウダー。全体にまんべんなく塗りますが、ブラシを使用することで一瞬で終わります。これだけで下地DONE。 ③ まぶたにはちょびっとglitterのある薄いbronze brownのシャドウをのせます(THREEとか、いいのがあるよ)。やはり一瞬です。笑 毎日マストではないけれど、うすーくチークをのせることも。チークの基本はやや高めの位置ですね。鏡で笑顔を作って、ポコって盛り上がる高さのところにのせると若々しくていいハイライトになります。 ④ パウダー関係すべて終わったところで、黒のラインを上まぶたの際に引きます。日本のブランドのはやっぱりShiseido様のがキレイかな。普段使用、最近はめっきりリキッドを使っています。なんせアラサーにもなれば慣れたもので、熟練の腕で失敗することがありません!InsideからOutsideまでキワキワにスゥーーっと伸ばします。Outsideの終わりのところだけ、ちょびっとthickerになる筆づかいをします。 ⑤ ビューラー(目に合うのを選ぶ必要がありますが、わたしはずっとShiseido派)とマスカラは命。こちらの過去記事をご参照ください。ビューラーをする時はとにかくしっかりと目周りがドライに乾いていることが重要で、もし乾いていない場合は、一度パフなどで抑えてからにします。 ⑥ 朝マイソ前とかはほとんど眉を描くこともなく… 気が向けばLIPにラインを引くかも… (でも朝マイソ前はあまりないかな)。LINEはもうティーネージャーの頃からMACのSpiceを使用しています。…そう、あのスーパーモデルのナオミ・キャンベルさんの愛用で流行らせた頃からですね…(古ッッ!) ※これでフィニッシュ!!…と言いたいところですが、だいたいこれで出かけて、マンション出る際のエレベーターの中でハンドバッグからグロスを出して塗っているのが実情です!グロスは特にブランドこだわっていないのですが、ねっとりしていて透明に近いピンク色が好きです。ぷるるんって仕上がるやつ。 で、仕上がりは自宅でiPhoneで自分撮りしてもこんなにキレイになるんだよ☆ こんな毎日メイクをベースに、お出かけの際は眉にブラシでdark brownをのせたり、目のキワの下側にwhite pearlのシャドウで線を引いてみたりして遊んでいます。 あんまり長い時間をメイクやファッションにかけるタイプではないのですが、すごく若い時からモデル時代に現場では数々のprofessionalsがわたしの顔を作り上げてくれる様子を何百回も見てきたから、その中から身に付いて残った術ばかりです〜。 ミネラルメイクって、まだ市場では比較的新しいものだけど、本当に画期的な商品だと思います!! 画期的なだけあって、従来のメイクとは使い方が全然違うので、正しい使い方を覚えることが大事だと思います。 特にベースづくりは従来の「1日が過ぎるにつれてお顔の上で浮いてしまう」メイクと大きく違って、そのまま放っておいても自然な汗や皮脂と馴染んでお肌に吸収されていくのが絶対的な特徴。馴染めば馴染む程つややかなルックになるので、時短のみならず「お肌キレイになったね!」って言われる率が大幅にUP☆ ナチュラルなBEAUTYを大事にしていきたいですね!

BEAUTYphoto



beauty

2013/11/21

突然ですが、コチラ、インドのきゅうりでございます。(笑) デーーーーン。 (しかも何とも生々しい、Indianキッチンで片手で撮影した写真たち… お許しください。笑) 日本のきゅうりに比べて、約倍の大きさです。 インドのお野菜って、玉ねぎや人参、キャベツやじゃがいもなど、ほとんどが日本のお野菜よりだいぶ小さいプッチサイズなのですが、なぜかきゅうりはBIGサイズ。アメリカみたいな感じですね。 いっさピョンもボリボリsnackに食べるのが大好きなきゅうりですが、最近私はこのきゅうりをちょっと余分に買って、いつも冷蔵庫の中で冷やしておくようにしています。 なぜなら、ここインドでも季節は「冬」。 もちろん、日本に比べたら、日中は普通にTシャツ姿で十分なのですが、それでも明け方は結構冷え込むので、毛布が必須な季節です。 先週末は急な低気圧の到来で気温が一気に下がり、風邪をひいたり体調を崩す方も多く、また雨が降っていない時は、カラッと空気も乾燥しています。日差しも強いので、お肌のケアーは結構大変。 まずは保湿して、お肌のバリアをきちんと保ちたいところ。私の中で「しっかり保湿のコツ」と言えば、クリームやオイルなどでお肌に油分をプラスする前に、一度上手に水分を与えることです。 日本人女性は一般的に化粧水を使うので、そんなこと当たり前かもしれませんが…。意外と化粧水って、アルコールがや香料が入っていたり、「天然」と言われているものだって原料を見ると訳のわからないカタカナだらけで、あまりお肌に心地よくないものが多いです。 そこで私が大好きで、オススメなのが「きゅうり化粧水」。 ポイントは、きゅうりをそのまま冷蔵庫で冷やしておくことと、使用直前にカットすることです。 私はお風呂上がりに、まだお肌がお水でふっくらしている状態で(一度乾燥しないように)冷蔵庫に直行して、きゅうりをこんな感じでカット。 そのまま手でぎゅーーっと握って絞って、インドのきゅうりはご覧の通り種が結構大きいので、その種を取り除いて、 こんなひんやりウォーターをそのままビシャッとon my face♡ Love It!! めちゃくちゃ気持ちいいんです。 敏感肌の方は、一度自分の皮膚で試してから使ってもらうのがいいと思うけど、私も割と敏感肌ですが、この天然きゅうり水がどの化粧水よりも素晴らしく気持ちよくて、さっぱりしていて、保湿ベースをきちんと作ってくれる気がします。 日本のきゅうりでもぜんぜんOKでしょう。インドのBIGきゅうりみたいに手で絞ることが難しかったら、きゅうりの真ん中の柔らかいところ(皮なし)を小皿でちょっとつぶしたり、軽くこしたりしたらいいかも。 「きゅうりパック」ってよく聞くと思うけど、everyday useにきゅうり化粧水っていうのも、いいでしょう〜☆

photo 4