archive

2011年12月


journal

2011/12/28

おーつーかーれーさーまーでした!!! なななんと昨日でall yoga classes 2011納め♡ veda立ち上げ準備からずっとずっと一緒に頑張ってくれているstudio manager Orly こと織恵ちゃんに捧げたい、specialな「心からThank YOU & BIG お疲れさまでした」:)本当によーく頑張ってくれました!私の仕事って、これ以上はありえない!というぐらいありとあらゆるmulti-tasking。イベント時や締め切り前には、超マッハスピードにギアチェンジしたり。New studio, new positionにもかかわらず、本当にいつも精一杯頑張ってくれて、私の活動を一番近くでサポートしてくれて、ありがとう! 10月のスタート以来、瞬く間に人気クラスとなった火曜日の「アシュタンガヨガ基礎クラス」。本日のfinal classもおかげさまでFULL HOUSEでした! ヨガのポーズを体験していただくだけでなく、「ヨガ」という「一つになる」じんわりピースプルなenergyの統一感を、体でも、心でも味わっていただきたく、シンプルにヨガの本質を伝えるこのクラス。 今日はまったく初めてヨガをする方が多かったので、アシュタンガヨガのメソッドの説明も組み込みつつ、お話からスタートしました。 心いっぱい、全身全霊で呼吸を合わせ、 どのように呼吸と動作を一致させ、流れるように動いていくかをデモンストレーションでお見せして、いよいよみなさんもご自身の呼吸と体を一致させるよう、一緒に動いていただきます。 「吸〜いながら顔を上げて〜」というのを、私のつま先が表しています(笑)。 今日の私の服は、GBSK meets Viri-Dari deserta☆Viri-Dariのウェアは今朝の早朝クラスでも、クリスマスイベントで当選した生徒さんが着ていたなぁ!So softなオーガニックコットン、肌触り最高だよね。今日私が着ていたモコモコ服は、オーガニックコットンFURでした。So warm & perfect! i LOVE it!! 人が、人に触れる時、そこから伝わるものを一番に大切にしたい。ヨガを指導していく上では、手から伝わるぬくもり、強さ、想い、そしてenergy。クリスマスレターの内容にもあったけど、本当は「目に見えないもの」が一番大切なもの。そんな真実を念頭に、人との触れ合いを大切にしたいと思っています。 来月の1月15日に予定しているvedaコミュニティでは「ヨガの生徒として、指導者として」何が最も重要なのか。そんなお話をしたいと思っています。 最後は、いつものフィニッシングポーズ。 そして必ず、すべてを手放して、完全たるRELAXATION。vedaのブランケットは、JADEのオーガニックコットンタオルを使用していますが..、若干1名、奥の白い固まり(me!)はブランケット無しだけど、全身オーガニックコットンFURに包まれたモコちゃんだったのでした:) Mysore students… and all veda students… and everyone! 今年も一年、本当にお疲れさまでした。 みなさんとこうしてヨガをシェアできて、本当に本当に幸せです。 ありがとう!

mother

2011/12/27

日頃からお世話になっているみなさんへ、 今日はみなさんとシェアしたい、スペシャルな言葉をアップします:)2日遅くなってしまってごめんなさい! もしかしたら、このレター聞いたことがある!という方も少なくないかもしれませんが… My little Christmas Present to you! ニューヨーク在住の8歳の少女、ヴァージニアちゃんは、本当にサンタクロースはいるのかどうか、どうしても真実を知りたくて「The New York Sun(ニューヨーク・サン)」紙の編集者宛に手紙を書きました。1897年のことです。 ニューヨーク・サン紙の編集者、フランシス・P・チャーチ氏は、紙面にて彼女への記事を掲載し、その記事はそれ以来50年以上にも渡り、世界中で再掲載され、有名になりました。 下記はこちらのサイトの通り、大久保ゆうさんによる翻訳です。英文のオリジナルはこちらに掲載されています。 私は、これを初めて読んだ時、涙が止まりませんでした..。母として、子供たちに伝え続けたい内容だと思いました。みなさんも読んでみて、私のように共感できるようでしたら、ぜひご家族や友人たちとシェアしてください。 Wishing You a Very Merry Christmas… うちにも、サンタクロースが来ましたよ! Love, mae   Yes, Virginia, There is a Santa Claus ニューヨーク・サン紙社説(担当:フランシス・ファーセラス・チャーチ) The New York Sun (written by Francis P. Church) 大久保ゆう訳 ニューヨーク・サン新聞 1897年9月21日 社説欄 本紙は、以下に掲載される投書に対してただちにお答え申し上げるとともに、このようにまっすぐな方が読者におられることを、心から嬉しく思います。 「こんにちは、しんぶんのおじさん。 わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか? ヴァージニア・オハンロン」 ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。自分のわかることだけが、ぜんぶだと思ってるんだろう。でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、何もかもわかるわけじゃない。この広いうちゅうでは、にんげんって小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。 じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、ひとのまいにちは、いやされたりうるおったりする。もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごくさみしいことなんだ。サンタクロースがいないってことは、子どものすなおな心も、つくりごとをたのしむ心も、ひとを好きって思う心も、みんなないってことになる。見たり聞いたりさわったりすることでしかたのしめなくなるし、世界をいつもあたたかくしてくれる子どもたちのかがやきも、きえてなくなってしまうだろう。 サンタクロースがいないだなんていうのなら、ようせいもいないっていうんだろうね。だったら、パパにたのんで、クリスマスイブの日、えんとつというえんとつぜんぶを見はらせて、サンタクロースをまちぶせしてごらん。サンタクロースが入ってくるのが見られずにおわっても、なんにもかわらない。そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、だれの目にも見えないものなんだよ。ようせいが原っぱであそんでいるところ、だれか見たひとっているかな? うん、いないよね、でもそれで、ないってきまるわけじゃない。世界でだれも見たことがない、見ることができないふしぎなことって、だれにもはっきりとはつかめないんだ。 あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音をならしてるってことがわかるよね。でも、目に見えない世界には、どんなに力があっても、どれだけたばになってかかっても、こじあけることのできないカーテンみたいなものがかかってるんだ。すなおな心とか、あれこれたくましくすること・したもの、それから、よりそう気もちや、だれかを好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、そのむこうのすごくきれいですてきなものを、見たりえがいたりすることができる。うそじゃないかって? ヴァージニア、いつでもどこでも、これだけはほんとうのことなんだよ。 サンタクロースはいない? いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何ぜん年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。 ※ そのあと、ヴァージニアはニューヨークの学校の先生になって、四七年間子どもたちを教えつづけたそうです。


journal

2011/12/25

MERRY CHRISTMAS EVERYONE!! 昨日はクリスマスイベントでの楽しい時間を本当にありがとうございました!2時間があっと言う間に過ぎて、一瞬のことのように感じてビックリでした。 イベントでも少しお話させていただいたように、この時期は私にとって大きな「節目」。この1年を見直して、来年に向けての目標を立てつつ、今年学んだレッスンを大切に胸に刻み、来年への調整を具体的に考え始める時期なのです。そんな時間を、みんなの前で、みんなと一緒に、味わえること。ヨガの静けさを共有できることは、私にとって偉大なお恵みなのです。 みなさん、今年も本当に本当にありがとうございました! 3月に起こった大震災。私たちの人生、生活そのものが大きく揺れ動いた同じ時に誕生したveda。みんなと同じように、私にとっても、スタッフにとっても本当に大変な時だったとしか言いようがありません。そんな大変な時期もみなさんに支えられ、私は胸の内ではそこから、「今だからこそ」「ここだからこそ」「この人たちと一緒にこそ」と確信し、さらにvedaを中心にしたヨガの活動に、今後も力を入れていきたいと思うようになりました。 今日は、私のカメラで撮影した昨日のイベントのようすをPhoto Storyでお届けします(Thank You M-chan!)。また後日、more photos coming! 会場は、代官山のHillside Plaza。こちらは、めいパパが夜な夜な作ってくれたポスター :)受付開始! サンタのヘルパーは、甥っ子のKくん。クジをお忘れなく引いてください! Twitterにも時折登場するmy 甥っ子は、素晴らしいキャラでして、生徒さんたちにも大人気☆ 「ふりかけご飯のKくんですよね?」って生徒さんにお声がけいただき、姉もKも大変光栄でした!(Twitterネタです。すみません。) みなさんが、必死にクジをひいていた訳は、これだったのです。そう、豪華プレゼントたち! こちらの写真に写っているのは、奥から:グリーンスムージーセット、ベジパワープラスセット、Viri-Dari desertaオーガニックコットン衣類、トゥルシーOrganic Teaセット、MIMCミネラルメイクセット、GBSKシャツ… 他にも盛りだくさんでした! ワークショップ開始!今年は、昨年夜なべをしてお裁縫したXmas仕様グルジタンクをリサイクルwearさせていただきました☆ ボトムスは、以前も紹介したのことのあるStella McCartney for Adidasです。今回Adidasさんにも協賛いただき、1名様に超豪華Stellaセットをプレゼントさせていただいたのですが、その中にもこのボトムス、入っていました!練習にもすっごく使いやすくてオススメです☆ イベントは、お話から始まりました。「ヨガの練習が、日々の生活とつながる時」というテーマで、今、本当の意味でヨガというプラクティスに取り組む意味。そしてそれがどのように役立つかなどについてお話しました。 呼吸を整えて、太陽礼拝からスタート。 今回、およそ70名の方にご参加いただきました。キャンセル待ちは20名以上になってしまいましたが、会場の関係でみなさんお入りいただけなくて、本当に残念でした…。 しっかり集中して、一つになって、プラクティス。 最後に締めのポーズを行って、休みます。 これが、至福の時間。 みなさんのお休み中に、プレゼント準備を進めるサンタヘルパーたち:Orly & AP。今年も本当に本当にお疲れさまでした!I LOVE to work with you!! お空から見た、トナカイの姿。やっぱり赤パンはかぶり物が似合います。 こちらが、超豪華プレゼントリストと当選者たち!! ドキドキ。当選者をお知らせします。 そして、およそ70名の参加者の方々に対して、50個以上のプレゼントの用意があったので、ほとんどの方がゴージャスプレゼントをtake home! そんな中、いよいよ最後に『Xmasスペシャル賞!』今年は、一度当選した方々ももう一度チャンスがあるように、全員で大じゃんけん大会をすることにしました。 誰が最後まで勝ち残るかなぁ〜?!?!最後の方は、若干火花が散っていたような…(笑) 当選者のHさん!おめでとうございます。 昨年のスペシャル賞に負けまいと思い、なんと、今年のXmasスペシャル賞は『吉川めいと1時間プライベートレッスン@veda – 1名様+ご友人最大24名様まで招待可能権』にしました!!!独り占めも良し、みんなとシェアも良し、というこのスペシャル券。帰り際、Hさん「どうするんですかぁ?」と聞いてみたら、「やっぱり、こういうものはシェアした方がいいのではないかと…」とおっしゃっていました。そうだよね、昨日の講話ではちょうどそんなお話した後だったもんね!:) [...]

journal

2011/12/22

先週土曜日に開催した、Ashtanga_Yokohama主催による横浜ワークショップの様子です。今回は横浜ワークショップにしてはめずらしく静かな集まりで、しんみりとしたクラスでした☆主催者のAPが言ったように「日だまりのようなクラス」でした。隔月で開催を続けている横浜ワークショップ。前にサッカー場が広がるこの会場は、明るくて開放感があり、室内でありながらも空が近くに感じられます。 今年は、私の中で「出会い」が最も重要で、印象的な年でした。仕事でもプライベートでも、日本でもインドでも、ハートがじーーーんってするような、貴重な貴重な巡り会いに恵まれ、本当に光栄でした。そして、横浜ワークショップのこの場からも、vedaのマイソールクラスに通うようになった生徒さんたちや、新たな仲間たちが増え、とっても嬉しく思います:) みんな、本当にありがとうございました。 貴重で素晴らしい出会いたちは、これからもずっとずっと大切に育んでいきたいと思います。 my favoriteワンピースはHussein Chalayan for PUMA☆すご〜く着やすくってstylishで、大活躍。 明日12/23(金・祝)はvedaにて特別クラス「vedaコミュニティ」!濵田麻矢先生&私の対談企画です。詳細はこちらから→。Please come…!


project

2011/12/21

今年は何と言っても「初めて」が多かったなぁー! 初めてのmy studioのプロデュースとそれに関係するすべてのお仕事。 初めての運動会に、その後に取りかかったまた一つ新たなworkプロジェクト…。 2011はbig yearだったなって、後々振り返りそうな年です。 10月末に開催したKids Saverの「親子・ヨガ・チャレンジ」も、私にとって初めて子供たちにヨガを伝える機会でした。初めてのことをするのは、ものすごい挑戦だし、身体的だけではなく、精神的にも試される時でもあります。いろんな意味で試される時こそ、何より一番私自身に、新たな自分の側面を教えてくれるのだと感じます。 Kids Saverで行ったこのヨガ・チャレンジのイベントは、すごくinspirationalだったし、これをきっかけに、私はもっともっとヨガを通して次世代の人たちとの接点を持ちたいと感じるようになりました。来年1月からはvedaで「中高生向けヨガクラス」の開催も決定し、ヨガを通して、vedaを通して、さらなる「広がり」、「つながり」をどんどん形にして行きたいと思います! こちらは、Kids Saverのイベントのようすをmini-movieにしたもの。A veeeeery special THANK YOU to TUGBOAT & Bridge Inc. for this wonderful event, and to Mr. Hanashiro for making this movie. Enjoy!

beauty

2011/12/18

クリスマスイベントに向けて続々とたくさんのプレゼントが届く中、先週はmy favorite Beauty itemsが届きました〜 こちらは、私の中でthe best mineral make-up ever!ランキングナンバー1を常時キープしている、 MIMCというブランドのもの。もとはと言えば雑誌YOGINIの撮影で8年ほど前からずっとお世話になっているmake-up artistのTさんがMIMCのプロデュースに関わっていたことから、ここのミネラルメイクのことを知りました。 撮影時は特に、ほぼ100%リキッドファンデが使用される中、TさんがMIMCのパウダーファンデに変えた時、かなり画期的ファンデだと感じたことを今でも覚えています。パウダーファンデって、肌に浮きやすかったり、ドライな感じに見えてしまう気がしていたのですが、こちらはそのすべてを覆した優れもの。 せっかくスキンケアーでorganic&naturalを選んでいるのに、日中ずっとつけているメイクがケミカルだったら、残念でしょ?最近は数あるミネラルメイクですが、私はこちらのMIMCのものが格別にいいと思っています☆ クリスマスイベント用に届いた上記のアイテムは(セットで10名様に当たります!)、プレスドパウダーのコンパクトになっているもので、よりいっそう使いやすく、しかもSPF25のサンスクリーン入りなんです。家でメイクをする時は、私は以前Tさんが教えてくれたように、大きめのメイクブラシを使ってささっとまんべんなく。今のように乾燥している時期は、その後最後の仕上げに温泉水などの化粧水を霧吹きでかけると、なお馴染みが良くてしっとりします。とにかく、ポイントは「時間が経っても浮かないメイク」!ミネラルメイクの場合は、メイクでありながらもスキンケアのようにどんどんと肌に馴染んでいってくれます。 Frosty Beigeのグロスはall naturalでぷるるんリップを演出。最近は、all naturalのマスカラも出たようで、普段からビューラーとマスカラが欠かせないmake-upをしている私としては、とっても気になっています☆


journal

2011/12/13

Full Weekendが過ぎたと思ったら、日曜の晩から急激に体調を崩してしまった私。いっさピョンの保育園で流行っているやつをもらっちゃったみたい。月曜の朝は、しんどかったぁ〜。けど、よく寝て、プッチ断食したら、今日の火曜日には奇跡的なリカバリー☆断食をすると、体内システムに休暇を与え、自然治癒力を高める働きがあるのと、とっても良い質の睡眠につながるので、この2つを組合わせるのは私の中でやっぱりbest remedy。これができたら、多くの病気を予防できたり、お薬を必要とすることはほとんどなくなるでしょう! とはいえ、まだまだ続く激動の師走。まだ完治していないし、これからも忙しい日々が続くから油断をせずに気をつけなくっちゃ。そう言えば、my favorite astrologersは「月食は大きな節目であり、変化の時。体調など崩しやすい時なので要注意」って言っていたっけ。 Anyway, 今日は大好きなTuesday class, ほぼいつも通りの元気で開講できて良かった:) …ン??おや??何だか今日は、いつもは平日に来られない方たちが来てくれている率が高かった匂いがしたような。。。気のせいかしら?(笑) But… 別にオススメする訳ではないけど、that’s SUCH a GREAT PLAN!! 私も、お仕事がお休みだったとしたら、平日でも朝からヨガクラスに参加して、その後お友達とランチして、お家へ帰ってお昼寝する、みたいなプランができたら理想だと思う! 今日は、初めてboth my sistersが一緒のクラスに参加しに来てくれました! 私が末っ子で、次に兄もいるから、本当はThree Sistersではなくて4兄弟なんですけどね。よく3姉妹だと勘違いされます。どうですか?似ていますか? What do you think??

journal

2011/12/13

ノリノリです!! こちらは、東京・代官山にあるTokyo Baptist Churchのゴスペルコンサート。ある知人にお誘いいただき、日曜日のクラスの後に息子いっさを連れて、お友達とみんなで出かけました。 アメリカではクリスマスって、年間を通して一番大きなイベントでもあり、町中はもちろんのこと、みんなの胸の内も熱くクリスマス気分で盛り上がります。それに比べて日本人はどちらかというと「お正月気分」を家族とおせち料理と共に満喫する派、ですよね〜。 でも、せっかくの機会なので、こういう明るさと盛り上がりをいっさにも見せたい!と思って、クリスマスをお祝いするのに一番盛り上がる場所、教会へ。 最初は空っぽだった中央のツリーから、音楽が始まったらいきなり人が!! そしてダンサーも。Singersのみなさんとダンサー&その他役者さんなどを合わせて総勢100名以上の人が一つとなって実現した教会イベントだったそうです。 ゴスペルと行ったら、こういう風景でしょう〜。 何も期待しないで行ってみたら、想像以上によかったなぁ!!来年もまた行きたくなりました☆ Thank you, Lorenda…! Thank you friends xox!! やっぱり、Holiday Seasonはfriends&familyとの絆を確かめる時だよね! Lots of Love, mae & issa xox


journal

2011/12/13

さて、フル活動だった先週末。たくさんのワクワクが溢れる週末でした。アクティビティ豊富でなかなかブログが追いつかずにいたので、今日はCatch up! ということで、頑張りたいと思います☆ 金曜日はマイソールクラスのbeautiful女子、およそ40名との忘年会。こちらはプロジェクトページにちょっとだけアップしました。今回私が選んだお店はvedaのとっても近くにあるオーガニックレストラン「45dav」。オーガニック&ヘルシーがコンセプトでありながらも、ベジタリアン&ノンベジタリアン両方向けのメニューがあるので、みんなで仲良く食べれるところ。雰囲気もとってもアット・ホームで温かくて素敵です。私のオススメは「酵素玄米」と「Raw Dessert」。酵素玄米は、すごくおいしくて消化に優しく、大好きだけど..、作るのに大きな釜が必要であまりにも場所を取るので、我が家では未だデビューできていません。45davではランチセットなどでいただける他、テイクアウトOKなおにぎりも作ってくださるのだとか。私が大好きなカシューナッツとココナッツのRaw Dessertはマイソールメンバーにも大人気!罪悪感フリーなデザートとは正にこのことです♡(twitterではすべてliveでお届けしていましたー!)あっという間の4時間でした。みなさん本当にお疲れさまでしたー。And改めて最高なfunをありがとう! 続いて翌日の土曜日は、皆既月食の夜でした。 月食は21:45に始まり〜皆既月食は23:05と聞いていたし、翌日はいつものSunday morning classes @vedaだったから、ちょっとだけ観て寝ようと思っていたのですが、いざテラスに出て夜空を眺めたら、あまりの美しさにやられてしまいました。。。部屋に帰って寝るどころか、家の中から羽毛布団取り出して、コートの上からミノムシみたいに包まって、デッキチェアーで夜空の天体ショー満喫をしました。 冬のクリアーな空。空をゆっくりと見上げる時間を持つ度に「あー、なんでもっと空を見上げる時間を持たないんだろう」と思ってしまいます。 世の中、プロ撮影による素晴らしい写真が数々出回っている中、こんな写真をアップするのも何ですが、私が観た感動の皆既月食は、こんな絵でした: 最初は薄ーい雲がかかっていて、その雲がまた風に乗せられて流れて行くようすが何とも美しかったです。じわじわと左側から欠けて行くお月様。月と地球と太陽との並びによって起こるこの現象の下、私の心は時間のない場所になっていました。 月って、古代から様々な文化において女性性の象徴として、フェミニンな存在として敬愛されていました。その秘訣は、満ちたり欠けたり、色が変わったりと、変化の中で輝きを放つ、しなやかな美貌なのではないでしょうか。 こちらが23時過ぎに最後に撮った、真っ赤なお月様。とことん見とれてしまいました〜。 ちなみに、私のカメラはCanon PowerShot S95。普通のデジカメにしては、こんな大自然の夜空を前によく頑張ってくれました!

project

2011/12/12

こちらは、vedaで初めてマイソールクラスを行った、2月4日の写真。懐かしい〜!と感じる人も少なくないのではないでしょうか。 昨年9月にスタートした伝統的アシュタンガヨガを伝える私のマイソールクラス。昨年、様々な出来事を経て東京に戻ってくることになった時、ここで暮らして、仕事をしていく上で、常設クラスを作るなら「最も理想的な形でやろう」と自分に誓い、始めたのがこのクラス。当時は渋谷の駅前にあったクリパルヨガさんのスタジオをお借りして開講していましたが、クリパルさんの移転をきっかけに、私は思いの他ものすごいスピードで自分のスタジオを作ることになりました。 3月3日のvedaグランドオープンのおよそ1ヶ月前から、new studioへと移ったマイソールクラス。ヨガは男性でも女性でも、何歳でも誰にでもできるのですが、アシュタンガヨガは東京では男性指導者が多いのに、生徒層はおよそ9割方女性なのが現状。でも、ヨガを練習していると、身体的なことはもちろん、ライフスタイルにも様々な変化が起こります。何かもっと、女性として女性のためにできることがあるのではないかと考え、始めたのがこのクラスです。現代女性として生きて、働いて、子供を産んだり育てたり、家庭を持ったり、女性特有のテーマが多いことに改めて気づかされます。それでも、忙しい毎日の中で一人の女性として、キレイで健康でいたいと思うのは当然のことですし、自分のことを大切にできなければ、その他すべてのこともなかなかうまく行かないと思います。ヨガは何より、正しく、継続的に練習することで、一人ひとりの人間に適応し、その人の本来の健康や輝きを強力にサポートしてくれるものです。 こちらは↓↓、my friend Yasuの協力のもとできあがった初日の様子を紹介しているムービーです! このマイソールクラスが始まってから、もう1年4ヶ月。先週の金曜日は、みんなで忘年会を開きました。たくさんの笑いあり、感動の涙ありの忘年会。今年は特に、みんなにとって大変な年だったもんね。本当に本当にお疲れさまでした。こうして真摯に健康や自分らしさを追求しているみんなとご一緒できることは、私にとってもとても光栄で誇りに思うことです。これからも末永くよろしくお願いします!


  • Back