archive

2012年3月


beauty

2012/03/31

最近お試し中のクレンジングが、こちら:)SINNピュアクレンジングです。 My studio vedaで「John Masters Organics」や「Erbaviva」のproductsでお世話になっている、スタイラオンライン。100%なチュラルコスメにこだわっているこちらのショップで取り扱っている、もう一つの話題のナチュラルコスメブランドSINN。このクレンジングについて、口コミなどで耳にすることが多くて、前から気になっていたのです。 そしたら、今月開催したvedaのアニバーサリーpartyの抽選会に提供していただいた、スタイラさんからのギフトセットの中に含まれていて..。「ほしい!」と内心つぶやいていた自分の脳裏に気づき(笑)、とうとう、というかやっと、注文しました☆ クレンジングって、私の中ではなかなか「コレだ!」という究極の品に出会えていなかった、基礎化粧品の難関でもありました。オイルタイプ、クリームタイプ、拭き取りタイプなど、これまでに色々試したことがあります。でもやっぱり、一番落ち着くのはジェルタイプみたい。しっかり落としながら、肌への負担が一番少ないように感じます。 ボックスの側面にはパラベンや合成着色料はもちろんのこと、その他「不使用」のリストがずら〜っと。うれしいかぎりです☆ 最近は特に、食品でも化粧品でも基礎化粧品でも、「何が含まれているか」以上に「含まれていないもの」の方に注目することが重要だと思っています。SINNピュアクレンジング、なかなか気に入っているかも!

food

2012/03/29

気温が暖かくなり始めた今日この頃。季節の変わり目に行う、身体のデトックスは大のお勧めです。夏に向かうにあたって、多くの方は自然にダイエットや美容ケアーが気になっているのではないでしょうか。多くの女性にとって、冬に付きやすい脂肪って、これからの季節は汗をかくようになり、ほとんどの場合、自然と落とせるものだと感じています。(特にヨガの生徒さんたちを見ていると、身体をしっかりと動かしていることもあり、そうなっていくと感じます。) 私自身、季節の変わり目の「デトックス」は大切にしています。以前は病気の時の一番の薬、一番の予防法、そして最善のデトックス方法と言えば、適度な「断食」でした。正しく、安全な方法で行った断食の本来の効果を身をもって知っているから、その考えは今でも変わりません。断食は、アーユルベーダでも「一番の薬」と言われていますが、断食のメリットとは、食べ物を絶つこと=内蔵休暇だけではないと考えます。 断食をした時に起こり始めること。その第一のステップは、主に消化器系をはじめとして、主要臓器の休暇はもちろんですが、その「休暇」とは最初のステップであり、最終ステップではないのです。普段の生活で、四六時中無休で頑張って働いている臓器たち。ちょっとの間、安全な方法で内蔵に休暇を与えると、内蔵はお休みに喜び、次に元気で活発になるのです。ただグダ〜って休んだままになる訳ではないのですね。 活発になるとは、人間の内蔵は本来、強力な自然治癒力を備えているということです。常日頃からの負担を減らすことで、内蔵は本来の治癒力を発揮するように、大掃除を行ってくれるのです。だからこそ、断食はただの内蔵休暇だけではなく、すごいデトックス&rejuvenation方法なのです。 さて、私はというと…。過去に様々なfood healing techniquesや食事法、断食を試したことがあります。その結果、妊娠前のおよそ1.5年間はかなりhighなRawfood生活を送っていました(またそれに見合ったライフスタイルを送っていました)。断食は9年ほど前から、平均して年に2回ほどのペースで、主に季節の変わり目に、パワフルなdetox&rejuvenation方法として活用していました。 妊娠・産後の授乳期に私の食生活は自然と変わっていきました。もちろん、babyの誕生と共にライフスタイル自体が一変したということもあります。私は主義的な理由でベジタリアンやRawfoodを実践している訳ではないので、そういう意味では妊娠中も産後の授乳期も、自然とその時の自分&babyに見合った食生活を楽しむことができました。 とは言え、母になった女性にとっての授乳期は、それはもう大変なこと。おっぱいを与えることは、自分の血液を分けていることと同じなのです。栄養はもちろん、大変なカロリーを消費します。経験したことのある人には分かると思うけど、この時期のお母さんは、髪の毛が大量に抜けたり、歯茎から出血したり、爪が割れやすくなったり..。睡眠すら自分のペースで取ることができなくて、心も身体も疲れきってボロボロになってしまいます。New babyを迎えた幸せに包まれながらも、その大変さと責任の重大さは毎日のこと。私は、比較的栄養のことを気遣い、ホールフードサプリメントをうまく使っていた方だと思うけど、それでも髪の毛たくさん抜けたし、産前・産後では自分の体質もやっぱり変わったと感じています。 妊娠・授乳期を合わせて、私の場合は3年弱。よくもまぁここまで頑張ったと、自分でもちょっぴり自分を褒めてあげたくなりました☆授乳期が続く中、私はフルタイムで仕事に戻ることを選択したので、かなりパワーが必要でした。妊娠前のRaw生活とは打って変わって、一日三食ガッツシ食べなきゃ続かない。子どもの残りものは、ほぼ必ず最終的に私の口の中へ。終いには「吉川家のハイエナ」とまで呼ばれていました。(笑) それはそれでよかったのだけど、やはり自分の身体の様子をうかがうと、時が来たらまたしっかりと内側からデトックスしたいなぁ、とも感じていました。「おっぱいが終わったら、まず断食したい」そう思っていました。 けれども、昨年実際に息子が無事に卒乳すると、おっぱいをあげなくていいから⇒断食できる。と、そうシンプルにも行かなかない実情がありました。早朝クラスの指導はほぼ毎日ペースで続くし、スタジオがオープンしてまだ最初の年。仕事面がslowdownする気配もないし、家に帰っても2歳児の育児はnon-stop. 今は断食しても必要な休暇と睡眠が確保できないなぁと感じました。 そこで、今の私のfull-on lifestyleに合った、いいデトックス方法はないかと自問しました。これまで散々試してきたんだから、自分の体質や今の自分の体調、さらには今のライフスタイルにおいて、今の自分にとって現実的であり、最も適しているデトックス方法とは何なのかと。 結局いろいろ模索してみた結果、基本に返ることが一番だなぁ、と思いました。今の私のライフスタイルには、断食まではちょっと難しいけど、パンやご飯、コーヒー・紅茶、ストレスや緊張感によって「酸性」に偏りやすい体内環境のバランスを、少しずつ、じわじわと整えて行くこと。 こういうことって、私の場合はまったく学問的な入り方をしていないのですが、疲れた身体に「アルカリ性」を取り入れることは、実に素直に気持ちがよいこと。そして、断食後の時もそうなのですが、断食までしなくても、ポイントはいかに無理なく普段の生活にこのような要素を馴染ませ、継続して行けるスタイルを見つけるかだと思うのです。 ということで、私がお勧めできる、簡単アルカリ性lifeヒント!! ・朝起きて一番に、お水orお白湯。(夜寝ている間に胃液が溜まり、酸性に偏りがちな胃をまず和らげます。) ・ちょっと時間が経ってお腹が目覚めたら、レモン汁を使った「Master Cleanse Juice」または「Vege-Power Plus」でビタミン・ミネラルを摂取しながら、お腹の中からアルカリ性に。(「Master Cleanse Juice」については、改めてブログUPしますね。) ・日中のコーヒー・紅茶を控え、ドリンクをハーブティや薬効茶にする。(私は最近緑茶も好きです☆) ・パンやご飯などの炭水化物をできるだけ減らし、緑の葉野菜や海草類、ハーブ類を多く摂取すること。 この最後のポイントに関しては特に、Rawfood生活から学んだ素晴らしく気持ちいい知恵:)ちょうどvedaでは最新の栄養科学講座を開いてくださっている専門家、オーガスト先生にもちょうど同じことが書いてあって、嬉しかった! 上の、ちょっと生々しい写真は(笑)、まさに本日、私が一旦帰宅してランチ食べていた時の写真です。残りもののサラダを冷蔵庫から出して、自家製ドレッシングに和えてちょっぴりアレンジしたものを食べていた途中に、ハッと気づいたのです。そうだ!これこそオーガスト先生が言っていたことをズバリ実践している、おいしいランチではないか!そう思って急遽サクッとiPhoneで写真を撮影したのでした。(あまり美しくなくてゴメン..。) 私は、普段の食生活においてすべての食材をオーガニックで揃えることはまず難しいし、高すぎるとも思っていますが、生で食べる野菜は特に、なるべくオーガニックで選ぶことをポイントにしています。オーガスト先生もvedaのフードヒーリングクラスでよくお話されていますが、私も普段お家で良くグリーンサラダを食べるため、一度に多めの量をサラダスピナーに作っておいて、冷蔵庫で保管しています。 このサラダには、オーガニックのベビースピナッチ、オーガニックベビーリーフミックス、ブロッコリースプラウト、オーガニック若芽ひじきの他、バジルが入っています。 サラダを作る度、緑の葉野菜は2~3種類+必ずハーブ類を1種類入れるのが私流。こうしてベースの葉野菜にバリエーションを付けるだけでもサラダは全然おいしくなりますよ!後は食べる時に、人参やトマト、パプリカなど色身を合わせるとvery good!今日のランチのように、サクッと一人で、という時には、toppingプラスまではしていませんでしたが..。このサラダに、非加熱オリーブオイルとレモン汁、海塩をベースにしたドレッシングをかけていただきます。 写真に写っている小ちゃなプツプツしているものは「キヌア」。アンデス地方のスプラウト類の一種ですが、日本のスーパーでは、どちらかというと粟とかヒエなどの穀物類と同じコーナーに置いてあったりします。キヌアは、栄養値が非常に高い、注目の健康フーズの一つ。Rawfood生活をしていた時、私は唯一キヌアだけは蒸したり炊いたりしていただいていました。サラダと合わせるものといえば、「パン」に走ってしまうのが通常の流れだと思いますが、ご飯・パン代わりにキヌアを取り入れるのは、suuuuuper good!お腹にも溜まる感覚はあるけど、ご飯やパンのようにheavyではなく、炭水化物というよりはプロテイン食品なので、素晴らしい代用品になります。 さらに、写真のように、私はドレッシングで和えたsalad&quinoaを、のり巻きにして食べるのが好きなのです☆ 日本人的には「え?!サラダをのり巻きに??」とお思いでしょうが、まぁライス無しのCalifornian Roll感覚とでも言うのでしょうか。おいしくて手軽で、楽しい。ドレッシングやサラダの内容、巻き方次第で自分流にアレンジできるので、ぜひ一度お試し下さい:)Yummyですよ! 今日のサラダには、アボカドは入れていなかったけど..。アボカドはveggyな我が家では結構常備品(というか、安くなっている時にまとめて買っておいたりします)で、サラダにもよく入れるし、お刺身みたいにわさび醤油ときざみ海苔でいただいたりも。 ということで、上記の簡単サラダ巻きはオーガスト先生のBEST FOODSのTOP3(生野菜/海藻/ハーブ類)を総なめしていたのでした!!ヤッター!(笑) こちらは、ReVitaPhiという、アメリカで購入した天然ホールフードサプリメントのsuperブレンド。体内環境をアルカリ性に導き、beauty & healthに最適なブレンドには、オーガニックで野生の生の葉野菜、ハーブ類、海草類などが、酵素が生きたまま天然非加熱処理で詰まっています☆ こんなものも持っていたなぁ、って最近思い出して、毎日ちょっとずつ摂取しています。 今年の春は、こんなマイペースな私なりのデトックス方法。でも、時間をかけて変わったものって、それだけ戻りにくかったりするから、焦らず、急がす、「継続できるやり方」をするのが実にベスト。アラサーになってからの知恵でしょうか?!(笑) 引き続き、マイペースでやって行こうと思いまぁ〜す。 あぁ書き始めたら、またいろんなことが浮かんできました。そろそろvedaでも『食に関するワークショップ』でもやろうかしら!


mother

2012/03/22

世間では「魔の2歳」と言われる、2歳児の子育てですが、私は今の時期のいっさピョンが最高!!としか思えなくて、毎日が感心と感激にあふれていて、「魔」どころか「目に入れても痛くない」とはこういう意味だ!と自分の中で連発しています:) もちろん、私にとって子育ては、これまでの人生すべての経験のうち、まぎれもなく一番大変なこと。「ウゥゥゥーーー!!」と叫びたくて口元まで出かけてこらえる、という瞬間もあるし、とにかく家の中がいつまで経っても片付かない。毎日何度片付けても、振り向いた次の瞬間にはおもちゃだらけ。テーブル周辺は食べかすだらけ。おもちゃ遊びは常時だし、食事だって毎日3回だから、とにかく子育てで何が一番大変かって、それが「無休」だということだです。 But… その大変さを一瞬にして打ち消してしまうようなsweetなFUNに溢れているのが、天真爛漫な子供心。純粋無垢にこの命のすべてを楽しむその様子は、心の中心から強力な発電機のように輝かしいenergyを放ち、そのenergyは伝染します。私は、そんな子どもの様子を見たり、近くにいていつも思います。「天使」とはお空の遠くに思い描く、白いガウンっぽいのを着ている人なんかじゃなくって、こうして私たちの身近にいて、こんなにも明るく、輝かしいenergyを放っている人なんじゃないかなぁ、って。 エニウェイ。 今日はそんなスウィートな子育てネタをshareしたいと思います。 晩ご飯が終わって、ひと遊びして、歯磨きをして、お風呂に入って。さぁそろそろ寝よう、という時の我が家の一コマです。 M:「さぁ、いっさくん。もうこんな時間。そろそろ寝よっか」 I:「いやだ〜。まだ遊んでる〜」 きっと、多くの2歳児の親が感じていることだと思いますが、まずここで素直に「うん、寝よう!」なんてうまくゆく訳がない..。しかし、私なりの子育てのポイントと言えば、とにかくなるべく「戦わない」こと。だって、私たちは「同じチーム」であるはずなんですから。極力、命令調は使いたくないのです。自分にとっても、そんな上から目線みたいなこと、気持ち良くないし。いつもそう感じています。 とは言え、そのまま夜更かしさせてしまったら、翌日が辛くなることがわかっているので、ここで私は、 M:「ふ〜ん、そうなんだぁ。めいは眠いから、もうネンネするね。イイ?」(あくびっぽいことをしたり) I:「いいよ」 M:「じゃあさぁ、いっさがめいのことトントンしてくれる?」まずは仲良くベッドまで来てもらう、という作戦です。 I:「いいよ」そう言って、おもちゃを持ちながらも、とりあえずベッドに来てくれます。一度横になったら、本人もなんとなく寝る時間なんだ、とわかってくれるんですね。そして毎晩決まって私が言うのが、 M:「今日はお話にする?お歌にする?」私は寝る時は暗くしたい派なので、ベッドで絵本を読むことはほとんどしないんです。 I:「お話〜!」と言われた場合。 M:「むか〜しむかし、あるところに、インドのマハラジャがいました。」そう言って、いっさの大好きなインドネタのストーリーを、適当に作り上げながら話します。だいたい、マハラジャは大きな大きな「パレス」というお家に住んでいて、あまりにも大きなお家だったので、象を2頭かっていて…。朝起きたら、朝ご飯を食べるお部屋に行くために象に乗って行かなければならなくて…。とか、そんな感じ。(笑) I:「お歌!」と言われた場合。 M:「何のお歌がいい?」 I:だいたい「トトロのお歌〜」とか「ウルトラマンのお歌〜」とか言われます。 M:とにかく、私はどんなにポップな子ども歌であっても、超slowテンポで、ひそひそ話のように小さな声で歌います。 「セェブ〜〜ン…、セェブ〜〜ン…、セェブ〜〜ン…。ウ〜〜ル〜〜トォ〜〜ラ〜〜マ〜〜ン」とか。(笑)This is SO Funnyなの、自分で噴き出して笑いそうになるんだけど、それをこらえているといっさピョンはだんだん静かになっていきます。 しかし、先日のリクエストは突然、 I:「電車のお歌がいい」と言われました。 私の頭の中には、どうしても機関車トーマスの歌が出て来なくて…。出てきたのが、The BLUE HEARTSの「Train-Train」だったんですよね…!!(爆笑)一度それが浮かんだら、どうしても他の曲が浮かばず、そこで、いつもの超slowテンポで、 M:「Tra~~~~~in  –  Tra~~~~~in   走っ〜てゆ〜〜くぅ。Tra~~~~~in  –  Tra~~~~~in   どぉ〜〜こ〜〜まぁ〜〜〜でぇ〜もぉ〜〜」みたいな。(爆笑)Too Funny!!! 自分の中でかなり笑いこらえていたんですが、これが息子にはヒットしたらしく、なんと次の晩もリクエストされました!(笑) そーだよね、いっさも真似て口ずさんでいたけど、サビの部分の歌詞がとてもシンプルで、2歳児にとてもわかりやすくていいかも。 朝起きたら日が昇る前の時間からyoga teacherやっているけど、毎晩寝る前はこんなにおふざけのいっさママをしているのでした。(笑) やっぱ子育てって、最高に楽しい!



journal

2012/03/18

今週も、FULL Weekend! 昨日は日帰りで大阪に行ってきました☆久しぶりの大阪ワークショップ。すっごく楽しみにしていたんです。だって、毎年のヨガフェスタだって、表参道のvedaにだって、大阪からわざわざお越しくださる生徒さんたちがいて、しかもvedaで何気にレギュラーメンバーっぽくなっていたりして。そんな熱い大阪ヨギーたちのhomeにも行きたかったのです:) 前回の大阪ワークショップからは、4年ぶりぐらいだったと思います。今回は、初めてチャマ先生の大阪スタジオ「江坂プラクティス」にお邪魔しました。ビギナークラスもフルプライマリークラスも満員で、キャンセル待ちになっていました。練習中も熱気ムンムン。スタジオの窓だけでなく、フロアーまで蒸気で濡れていました! 地方を回ってみんなとヨガをしていると、各地で気づく土地柄というか、キャラの差があります。この日、久しぶりの関西開講で驚いたことがたくさんありました。まず、午前からやっていたビギナークラスが終わったら、連続受講で、そのままスタジオにいた生徒さんたちが、こぞってかばんからお弁当を取り出しました。みんな、マイペースでスタジオフロアーでピクニックをしていて…。東京ではあまり見ない光景だと思いました!(笑) 次のクラスはチャンティングのクラスだったので、お腹に食べ物が入っていても、アーサナ練習の時のように気持ち悪くなったりはしません。そうだよね〜、お腹すき過ぎていたらチャンティングだって落ち着いて楽しめなくなっちゃうかもしれないもんね。みなさんの準備の良さに脱帽☆ フルプライマリークラスが始まるタイミングで、みなさんの練習レベルを確認するために、「普段フルプライマリーまではまだ練習していない方は手をあげてください」と私が聞くと、なんと7割ぐらいの方が手をあげました!これも、東京ではあまりないこと。東京の生徒さんはむしろ、自分はまだハーフまでしかやっていなかったら、まずフルプライマリークラスに参加しようとはしないでしょうね。大阪のみなさんは、そんなこと気にしないというか、思い切りがいい。これはTigersスピリットなのでしょうか?!(笑) 実は、インドでは本来レッドクラスの日に「ハーフプライマリー」というクラスはないので、ハーフプライマリーレベルの方は「フルプライマリー」に参加するものなのです。参加していいのです!(笑) なおかつ、参加したからと言って無理にすべてのポーズを行うこともなく、できないところまでいったら、指導者にストップされます。普段ハーフを練習している方は、フルプライマリーのカウントの中で、ハーフまでを行うということです。そしてナヴァーサナ(ハーフプライマリーの最後のポーズ)まで練習をしたら、しばらく他の方がフルプライマリーを練習している間、座って見学します。 そうして、ウルドゥヴァ・ダヌラーサナ(バックベンド)から、もう一度合流。ここから先のフィニッシングポーズは、全員揃って行います。vedaで隔週日曜開催している「レッドクラス」も、インドの伝統に従って同じやり方をするので、分からない方はぜひお問い合わせくださいね。 昨日はチャンティングの時間も気持ちよかったですね〜。 というか、大阪のみなさんのキャラが素晴らしくて。ズバズバ質問したり、話しかけてくれたり。笑いが一段と賑やかでボリューム大きかったり。(笑)私もおしゃべりが始まったら、あっという間に時間が経っていて、ビックリしちゃいました。和歌山や徳島、京都や神戸からお越しいただいていた生徒さんたちも、ありがとう! 昨日はちょっとタイトなスケジュールで、最後は余韻に浸る間もなく新幹線に乗り込まなくてはならなかったのが残念でした…。ゴメンネ。でも、また行きます!! 次回の大阪ワークショップ@江坂プラクティスは、6月2日(土)に予定しています。次回はビギナー&フルプライマリーに加え、座学はヨガ・ライフスタイルのお話を行いたいと思います。関西エナジーのシャープな質問、大募集☆スタジオでは、昨日から仮予約受付を開始していたようです。詳しくは直接お問い合わせしてみてくださいね。 ではでは〜 次回もとっても楽しみにしています! ps. 大阪studentsのズバズバと言えば、昨日私が着ていたヨガパンを「これ、センセが作るオーガニックコットンのウェアやろ?めっちゃ気持ち良さそうやん」と突っ込んでくれたの、嬉しかったの〜☆!!ありがとう:)昨日着ていたライト・グレーのボトムスはサンプル品で、実際にはチャコールグレーを作ろうと思っています。ちなみに、上の写真で着ているトップスのタンクは、Hussein Chalayan for PUMAでした。

journal

2012/03/14

ん??なんじゃコレ…?! 不思議なショットでしょう〜(笑) 実はコレ、vedaアニバーサリーの日にみんなにannouncementさせていただいた、私が今年からプロデュースするオーガニックコットンのヨガウェア。オーガニックコットンならではの、その絶妙にソフトな肌触りをみんなにチェックしてもらっているんです! vedaに日頃からお越しいただいているclose studentsには、一足お先にお話していたり、サンプルウェアを試着してもらったりしていますが、いよいよこちらのプロジェクトも、商品化されるまでの大詰めに入ろうとしています☆ 新ブランド!!と言えるほど、大規模なことではないのですが..。(笑) まずはウェアに先駆けて、allオーガニックコットン のミニトートバッグを、限定販売しようと思っています☆ それが、こちら。 ランチタイムに気軽にサッと手に取れる、便利サイズのトートに、羽のチャームを付けました。もちろん、一本一本の羽から、その小ちゃな留め金まで、私自身で選びました。販売まではもうちょっと時間が必要なのですが、先日のvedaアニバーサリーの抽選会では、lucky当選者3名様にプレゼントさせていただきました:) こちらは、まだサンプルの段階なのですが、ヨガキャミ、ヨガボトムス、そして上に合わせられる長さのTシャツの3点セット。 Tシャツはヨガパンと合わせやすいように、ギリギリおしりが隠れる長さに。 バックがポイントになっているヨガキャミ。この日はイエローを着てみました☆ 背中は楽しいフェミニンさを強調したくて、ちょっと変わったダブルクロスにし、長さはしっかりとカバー力のあるよう、長めに作りました。ウエストに入れている縦のラインも若干カーブをいれて、女性のbodyを最大限美しく見せるように、十分考えて作りました☆ パンツは、7部丈でも8部丈でも遊べるように、シャーリングを入れました。パンツで一番こだわっているのが、「透けない作り」です!なんせ、これほどたくさんヨガをしていて、これほど大勢の女性生徒さんの指導に当たって、世界各国でこれに関してはもう… ひどい実情をたくさん見てきてしまっているので!(苦笑)きっちりとケアーしてあげたいところだったんです。商品の細かなディテールに関しては、また改めて紹介させていただきますね。 そして、なんと言っても「オーガニックコットン」。コットンって、実は食品以上に、膨大な量の化学製品や枯れ葉剤が使われていて、現地のコットン畑で働く人たちの病気に関与していたり。調べれば調べるほど、本当にひどいとしか言いようがない実態がわかりました。本当に「気持ちいい」服は、自分の着心地がいいだけではなくて、みんなの「気持ちいい」につながっているはず。ヨガpeopleのためだからこそ、コンシャスな選択があってもいいのではないかと、そう思っています。 この日は一点物のサンプルだけだったので、私しかその着心地がわからないのがもったえなくて…。みんなも「触ってみたーい」と言ってくれたので、その場で「はい!」(笑)。妊婦さんだった時を思い出しちゃいました☆ ミニトートバッグは、早い段階でできあがってくる予定です。きっと。 ウェアも、夏頃には。。。(←そうやってさらに自分にpushしてみる。笑) 楽しみにしていてくださいね! そして、「こんなウェア作ってほしい!」希望は、随時受付中です:)


journal

2012/03/13

えー。超マイペースなブログUPが続いており、すみません。私のtimelineはまだ先々週の土曜日です。(苦笑) こちら、veda Anniversary partyでの抽選会のようすです☆大勢の方にお集まりいただき、みんなでドキドキわくわく、手持ちのチケットの番号を確認しています。 なぜなら、クリスマスイベントに続いて、今回もたくさんの超豪華ギフトがかかっているから!この日は80名程の方にお集りいただきましたが、およそ半数の方に、maeセレクトのゴージャスギフトをお持ち帰りいただきました。 こちらはvedaでserveしていて、party当日もたまな食堂さんのデザートと共にお楽しみいただいた、トゥルシーオーガニックス社より、トゥルシーティー・コレクションセットが3名様に当たりました☆トゥルシーとは、インドでは古代から大切にされているハーブで、ヒンズー教の儀式などでも使用される、別名「Holy Basil」と呼ばれるハーブ。もちろん、アーユルベーダ医学でも馴染み深い爽快ハーブです。 こちらは、私が普段から愛用しているミネラルメイクのMiMCさんより、「エッセンスモイスト」を6名様、そして「モイスチュアシルク」を3名様に。食べ物やスキンケアーにこだわっていても、毎日のようにお顔につけるメイクがケミカルだったら、大切なお肌に負担がかかってしまう。そんな現代女性の願いをかなえてくれるのが、MiMC。私が知っているかぎり、市場で出ているミネラルメイクコスメの中で、絶対にコレが1番だと思う!万が一、うっかりメイクをしたまま寝てしまった。。。何ていう日があったとしても、コレを使っていればメイクでも「スキンケアーをしている」感覚なので、その後の影響も断然違うはず。 クリスマスイベントにご参加いただいたヨギー&ヨギー二の中で、一躍話題となったOrganic Cottonのカジュアルウェアブランド「VIRI-DARI deserta」からは、レディースTシャツを3名様に、そしてメンズボクサーショーツを3名様に。レディス商品が当たってしまった男性と、メンズが当たってしまった女性が、その場で視線を合わせ、YES!! 交換です☆ヨガの輪が広がる瞬間。すばらしいですね〜!! 続いて、vedaの更衣室に常備していて、日頃からスタジオをご利用いただいているbeautiful womenに大人気の品を含むスキンケアーセットは、スタイラ社よりご提供いただきました: ・ジョンマスターズオーガニクス:ボディミルク ・エルバビーバ:デオドランドスプレー ・SINN:ピュアクレンジング の豪華3点セットを5名様に。このボディミルクは私も普段から愛用していますが、かなりお勧めですよ〜。ささっと塗るだけで、やさしくほんわか、女性らしい香りがします☆そして今、個人的に気になっているのがhigh performanceで口コミで話題になっているSINNのピュアクレンジング。私、抽選券引けなかったから、その後ネット注文しちゃいました! veda講師でもあるオーガスト先生のアビオス社からは、完全にpure organicで非加熱のホールフードサプリメント「ベジパワープラス&アサイー100 サンプルセット」を5名様に。そして、昨年に続いて今年もアカデミー賞に集まったハリウッドスターたちにも配られたという、アサイードリンク「効酸果」を1名様に。安心なホールフードサプリメントは、私も妊娠期間からずっと愛用させていただいています:) そして。。。 今回アニバーサリーワークショップでコラボさせていただいた、岡嶋さゆり先生からは、なななんと!自身のサロンで使用されているクレンジング/ローション/クリームをセットにしたコスメセットを3名様に。そして、サロンで実際に岡嶋さゆりによる施術を受けられる「サロンEl Marゾーンセラピーチケット」「サロンEl Marフェイシャルチケット」を各2名様に!! いいなぁ〜〜!!(笑) そういえば、早朝マイソールクラスstudentのMちゃんは、今朝の練習後「これから岡嶋先生のサロンへ行くんですぅ〜」って、めっちゃ嬉しそうに言っていました☆当選時もniceリアクションです! そして最後に…、小さい品だけど、BIGなお知らせと共にプレゼントしたのが、私がここ最近ずっと頑張っているnew project『vedruss』。 これに関しては、改めて次ぎの記事に! た〜〜〜くさんのwonderful giftsをご提供いただいた協賛会社様に、心より感謝しております:) THANK YOU SOOOOOOOOOO MUCH xoxo!!! みんなで大切に使わせていただきます!

journal

2012/03/12

 vedaアニバーサリーの報告もまだシリーズでUP途中ですが、まずは昨日のvedaの集まりについて…。 昨日の3月11日、日本中のみんなにとって、悲しい想いで胸がいっぱいになる日でした。 大震災からちょうど一年。このタイミングで、都内9つのスタジオがつながる『Yoga Day, Yoga Week』が始まり、vedaでも特別ワークショップ『絆』が開催されました。 私自身様々な想いが溢れる中、正直何を行い、何を伝えたいのよく分かりませんでした。 「この日、この場所で、みんなと共にいたい。」そうシンプルに願うばかりでした。 ワークショップでは、ヨガの経験や哲学を踏まえ、恐れや不安、「分からない」ということ、そしてすべての生命を結ぶ「絆」と「つながり」についてお話させていただきました。 あの日、大震災を体験した私たち。 みんなそれぞれに別々の場所で、別々の体験をしましたが、それぞれに大きなショックと恐れがありました。その後、私たちはそれぞれの方法で、ショックと恐れに立ち向かい、被災された方々に祈りを捧げながらも、自分自身の日々の生活について改めて考え直し、つくり直すことに努めてきたのだと思います。 前に進むためには、その恐怖や心配に浸らずにいることも必要だったのかもしれません。それでも、一年経って感じることは、その恐れと不安は本当に強烈なもので、私たちの心に深い傷跡を残し、今もなお完全には癒されてはいません。 恐れや不安を消すことはできません。あの日の経験がなかったことにはできません。 「今」という現実を、この時代をこの場所で生きていくために、私にできることは一体何なんだろうか? その大きなクエスチョンは、大震災直後から私たちに迫る問いかけであり、それは今も変わらない問いかけなのかもしれない。昨日、みんなとvedaで一緒に過ごした時間の中で、私はそんなことを感じていました。 自分にできることは、本当に微力で、アリさんの一歩のごとく、今、目の前にある成すべきことに努めるだけ。 それでも、大震災が私たちに突きつけたことは、その一つひとつを、謙虚な心で、畏れの気持ちを持って、成していくことではないかと思うのです。 それは小さなことに聞こえるかもしれないし、実際に行っていることは、以前と比べて大差はないのかもしれないけど、それでも自分の在り方において「態度」が変わるということは、大きな変化なのではないかと思います。 「今」を「どうやって」暮らしていくか。 そのlife choiceは、人によって違うけれども、自分も精一杯にベストの決断で、その実行に努めて行くのと同じように、すべての人のlifeとchoicesを尊重したい。その背景にある重みや気持ちは、その人にしか分からないのだから。 神さまが、どうして今の私たちにこのようなことをもたらしたのかは分からない。 神さまのプランを、小さな私が「分かる」必要がある、と感じているうちは、神さまから与えられた現実と、もがき戦ってしまうのではないかと思います。だとしたら、今の私にできることの最初の小さな一歩は、まず、神さまから与えられた今の現状を受け止め、その上で身を捧げ、ベストを尽くすことなのではないかと思うのです。 「分からない」ということを、そっくりそのまま、「分からないまま」受け入れることは、ヨガの教えと深くつながっています。 「分わからない」ことが、本当はたーくさんたくさんあって、分わかることの方がよっぽど数少ないという現実。Are you okay with that?  私は、そんな壮大な神さまのプランと共に在ることが、できるの? 「分けられない」、すなわち「分からない」、というWHOLEと共に在るということ。 そのためには、「カパッーーーー!!」っと、胸のうちをひっくり返すかのように開いて、降参してしまう方がいいと思うのです。To live with a BIG BIG Heart… これからも、小さな一歩ずつだけど、大きく偉大な現実において、「今」の自分の役割を果たすため、ただそのためだけに一日一日を大切に歩んでいきたいと思います。 今もまだ、被災地では多くの方々が非常識な環境の中で、日々の暮らしを立て直すために大変な思いをしています。大震災で大切な人を失われた方、自身も被災されて大変な目に合われている方々に心の底からお祈りを捧げます。 昨日の黙祷の時間には、世界中の人々が日本のためにお祈りしてくださっていました。みんなが一つになる、その絆を胸に、これからも頑張りたいと思います。


  • Back