archive

2012年4月


beauty

2012/04/27

ご質問をいただいた「デトックス症状について」の記事をアップしたいと思います。この記事は、2010.11.14に私が以前Studio Voice Onlineで書いていたブログにUPした内容です。 ーーー アシュタンガヨガを最も伝統的な方法で学び、継続的な練習を育てる「マイソールクラス」。私のクラスには初心者の方が多かったり、マイソールスタイルが初めてという方が多いだけ、デトックス症状が出ている方が多いです。このクラスは週4ペースで行っているため、継続受講されている生徒さんたちは、クラスに通うだけで新たなルーティンが生活に加わっています。筋肉痛や食欲の 変化などは、ヨガ以外でも週4ペースで運動を始めたら体験するでしょう。しかし、ヨガは浄化のプロセスであるからこそ、デトックス症状が出てくるのです。 よくあるデトックス症状には以下のようなものがあります: ・頭痛 ・立ちくらみ ・吐き気 ・生理が早くくる ・発熱 ・下痢 ・眠くなる などなど。 特に最初の3つは、練習中に感じることがあります。アシュタンガヨガのダイナミックな流れの中で、ふわっと頭の方にくるチカチカする感じ。またはちょっとウェ〜みたいな吐き気は、どちらもエネルギーが上へ動いている証拠でしょう。 以上の症状はあくまでこういうこともある、というお知らせまでなので、もちろんみんながなることではありません。急なデトックスが進む場合に多く見られる症 状なので、マイソールスタイルなど、ディープなヨガプラクティス以外にも、断食中や、食生活をローフードに切り替えた始めの時などにも見られるでしょう。 生理、発熱、下痢、眠気などの症状も、やはり身体の中から毒素を排出しようという自然治癒力が働いているからだと言えます。 では、このような症状が出た時に、ヨガの練習はどうすればいいのか? という質問に関してです。 熱が出ている時以外は、基本的にできる範囲で、無理のない程度で、練習を続けるといいでしょう。熱が出ている時は、アシュタンガヨガの練習はさらに熱を作ってしまうので、お休みするように昔からグルジ(シュリ・K・パタビジョイス氏)がお話していました。 その他の症状は、インドで練習している時なんかしょっちゅうなっている人がいるのですが、それによって練習を中断するようにとは誰にも言われません。 練習のペースをいつもよりゆっくりにしたり、ポーズの合間でいつもより余分に呼吸を入れたり、しっかりと呼吸を意識しながら続けましょう。そこであきらめず に、無理のない範囲で続けていくと、頭痛や立ちくらみなどの症状はだんだん落ち着いて、知らぬ間に忘れているでしょう。 練習中や練習後に吐き気がある時は、数日または人によっては数週間かかるかもしれませんが、これもやはりあきらめずに日々の練習を続けていくことによって、ある日突然なくなっていることが多いです。 もちろん、私も自分の練習生活の中で、このような症状を体験したことが何度もあります。段階を踏んでデトックスが進んでいるような感じで、そのような症状が出たからといってあきらめてしまうと、なかなかそれ以上の浄化が進まなくなってしまいます。 **注意** ー ヨガの練習は、相応しい師のもとで行いましょう。(近くに先生のいない場合は、年に1回でも2回でもいいので、先生について正しい方法に関する指導を受け てから、自主練するようにしてください。またできる時に定期的に先生のもとへ戻って、練習の確認作業を繰り返し行いましょう。) ー練習を通して起こる変化や出てくる症状、ポーズの練習中の身体的なことなどすべての面を含めて、しっかりと指導者とコミュニケーションを取りながらヨガの練習に取り組みましょう。 ーいつも自分で自分の責任を取るよう、無理なく、丁寧に練習を進めていくよう心がけましょう。 ーーー ※写真は2004年のヨガフェスタでデモンストレーションを行った時のものです:)


journal

2012/04/25

前回私の青山紹介日記、題して「Blue Mountain Diaries=BMD」をアップしてから、「もっと知りたい!」との声がvedaメンバーから多く集まっています☆この辺り、本当ネタには尽きません:)BMDはこれからもちょっとずつブログアップしていきたいと思います☆ 今日は、表参道駅から徒歩2分という素晴らしい立地にありながらも、緑のガーデンが楽しめる、ラグジャリーなレストラン『CANOVIANO』の紹介です。 以前、ある方に「ここのイタリアンだったら、お野菜が本当にいいから、きっとめいちゃんも楽しめるんじゃないかな」と聞いてからずっと気になっていました。昨日はspecial new friendとちょっと特別なお祝い事(?!)があり、二人で「行ったことがないから、ココにしようよ!」と言って予約を入れていました。 ゴージャスなエントランスからビックリ。半螺旋階段を上がり、上のフロアーで大きなガラス窓から外のグリーンを眺めながらのお食事。静かにゆっくり楽しめる場所でした。私の中では、こんなにラグジャリーな外食…、何年ぶりかしら?!みたいな気分で、すべての意味でcelebrationでした。 メニューは普通のイタリアンなのですが、ベジタリアンな私には通常メニューをアレンジしてくれました。上の写真は、アペタイザーにいただいた、甘くて美味なトマトと水牛のモッツァレラチーズのカプレーゼ。お野菜をたっぷり使っていて、あっさりとしたスタートとなりました:) 続いてこちらは、フレッシュトマトソースのカッペリーニ。別名:angel hairとも言う、お上品な盛りつけの極細パスタに、絶妙はflavorのfresh vegetables and tomatoのソースを絡めた冷製仕上げ。これ、本当にヤバおいしかったですぅ〜〜!!!通常メニューには載っていないけど、また行くことがあったら絶対にリピートしたいメニューです。 メインの最後にしてもらったのが、こちらポルチーニ茸のリゾットwith white asparagus. チーズの香ばしさが最高でした☆ そしてlast but not least… デザートメニューを一目見て、迷わず私が選択したのがこちら、たくさんのberriesを和えてポンチのように飾ったfruit saladに、イチゴのジェラートを添えたプレート。最高においしかったですぅ〜!!私、これ食べ終わった瞬間にもう1回orderしようかと考えてしまったぐらい。(笑) いえいえ、でもこういうspecialな会では特に、お食事もお話も、本当は「もうちょっとイケル」ぐらいでstopするのが、一番BESTなdinnerの楽しみ方かも。昨日は、そんなちょっぴり大人な女な気分まで楽しんじゃいました☆ そうそう、お食事中、大きな窓の外の世界は、雨が降り始めたと思ったら、雷がピカピカと。私、「カミナリ、好き!」と少々興奮ぎみなっていたら、一緒にいたmy new friendも「私も!」と言って、何だか神さままで一緒にspecialなお祝いをしてくれているように感じたのでした:)しかも、お食事終わって外に出た頃にはすっかり止んでいて、私たちはどこまでluckyなのでしょうか?! Blessed new beginnings! ありがとう。 出会いは、いつの日だって突然に起こるものだね。

food

2012/04/22

今日は、いつもの日曜レギュラーヨガクラスの後、マイソールクラスのメンバー交流会を開催しました。 vedaの中心プログラムである、伝統的アシュタンガヨガの早朝クラス「Mae’sマイソール」。このクラスは女性限定とさせていただいており、継続的な練習を育むため、さらにはマットの上だけに限られない、生活全体につながるヨガプラクティスをサポートできるコミュニティ作りを視野に入れているため、完全メンバー制で行っています。マイソールメンバーにはいくつか特権があるシステムなのですが、そのうちの一つが「交流会」です。 交流会では、新たに迎えたメンバーを紹介する他、みんなが気になる「最近のテーマ」をピックアップして、お茶を飲みながらお話します。 最近は、気温も暖かくなってきて、良く汗をかくようになってきました。ということで、今日の交流会では、detox & rehydrationに最適なMaster Cleanse Juiceの作り方を紹介しました。実際に私がスタジオで作って、みんなに飲んでいただきながら、いろんなお話をしました。 Master Cleanse Juiceとは、断食やデトックス期間中にも効果抜群な、アメリカでは昔から良く知られているレシピ。作り方はとっても簡単。 一人分およそ350mlを作るには: ・レモン1/2を絞って、種を除いてレモン汁をコップに入れる ・メイプルシロップ適量 ・海塩少々 ・カイエンペッパー少々 ・ミネラルウォーターをおよそ350ml足して、良くかき混ぜて出来上がり☆ 砂糖を使ったスポーツドリンクや市販のジュースの代わりに、ぜひともトライしてみてください! その効果や効能もとても優秀。レモンの酸は、体内環境をアルカリ性へ導いてくれます。メイプルシロップは、レモンの酸っぱさのバランスを取るために、味見しながらお好きなだけ。カエデ樹液であるメイプルは、木の「血液」であり、人間の身体においても同じように血液にとても良いミネラルに豊富だそうです。味はほとんどレモンとメイプルで出来上がるのですが、ここにお塩をほんのちょっと入れると、お水がとてもまろやかな口あたりになる他、水分の吸収が良くなるので、ヨガやスポーツ等、汗をたくさんかいた後や、子どもが風邪を引いた時にも大活躍します。カイエンペッパーは、消化器官を適度に刺激し、detoxに役立ちます。断食中に利用すると、お腹がふくれる感覚があるので、気休めにもなるかも! ※お子様に作る時は、もちろんカイエンペッパーなしでno problem! 材料は、どれもorganicで見つけやすいと思います。簡単でおいしいですよ! 良いお塩の選び方について知りたい方は、昔のブログからこちらの記事を参考になさってください。 最後に、来月久しぶりに来日する私の師R.シャラート・ジョイス先生の来日に向けて、細かなアーサナ説明を少ししました。いやいや、先生が来ないのであっても、交流会では時々こんなお話も交えています(笑)!シャラート先生のワークショップ、ぜひぜひみなさまお申込みくださいね☆参加しやすい3回チケットや、友人とのチケットシェアもOKになったそうです。週末に企画されている「カンファレンス」という講話の時間では、私が先生の通訳を努めさせていただきます。先生のお話を直接聞いたり、聞きたい質問を何でもできる、貴重な機会なのでぜひお集りくださいね。お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ。 Hope to see you there! ps. Special Thanks to L.K. for taking these photos ※vedaでの早朝マイソールクラス「Mae’sマイソール」は、現在第1・2グループともに若干名受付可能となっております。メンバー制とさせていただいているため、WEB予約システムからまずは「キャンセル待ち」登録なさってください。スタジオからご連絡させていただきます。


food

2012/04/21

今朝は、ブラジルナッツを使ってMILKを作りました☆ 一時期ハマっていてんだけど、最近はブラジルナッツだけをおやつのように食べることがあまりなくなり、前からあったものがあまり古くなってもいけないと思って、昨夜思い立ってナッツMILKにすることにしました。ナッツMILKの作り方は、ずっと前にもブログで紹介したことがあります。ナッツの種類にもよりますが、ブラジルナッツは割としっかりとしていて硬めのナッツなので、こんな感じで一晩お水に浸してから利用しました。 今朝はこのナッツを愛用VITAMIXに入れて、ミネラルウォーターをもっと足して、organic vanillaを少々、少し甘くするためにorganicメープルシロップを使いました。VITAMIXをhigh powerにして、しっかりとmix.そうして出来上がったmilkは真っ白でふわふわしています。そのままだとまだ重すぎて、ナッツのパルプが強すぎるので、ここでナッツミルク袋を利用して、サラサラになるまで濾します。 そうして出来上がったのが、上の写真のナッツミルク♡口当たりまろやかでおいしくできました:) 家ではなるべく牛乳を控えるようにしているので、子どものために牛乳の代用品にはバリエーションを付けたく、豆乳や玄米ドリンクの他に、時にはこうしてナッツミルクを楽しみます☆ 今朝のブレクファストには、いっさピョンにもgranola&muesliミックスに、ブラジルナッツのmilkをかけて。なんと、2回もおかわりをしてくれました! Yummmmm….. みんなにも飲ませたかったなっ♡

beauty

2012/04/20

最近、「眠〜〜い!」と言っている友達や生徒さんたちが多いです。「春だからかなぁ」なんて言っています(vedaでは今月忘れ物も増えているので、みなさんご注意!)。私はそうでもないと思っていたのですが…、今週、こちらのアイテムを使ってお腹の中から強力なデトックスを始めたら、ここ数日の間、昼間でもウトウトしてしまうことが!これはもう春とか、季節の問題を越えて、完全にデトックスの症状だと思います。 写真のアイテムはEJUVAというアメリカの会社のもので、ハーブを組み合わせて作った、内側からのクレンジングやデトックスセットを商品化している会社。これはPara Nix Cleanseというセットで、ハーブの力で優しく安全に、かつ強力に寄生虫とその卵を体の外へ出して行くようにデザインされているものです。世界の人口のおよそ60~80%が腸管に寄生虫がいるのだとか!腸管の中で、寄生虫は様々な病気の症状を作り出したり、次第に肝臓、肺、脳や肌等の重要な臓器にまで影響をもたらすのだとか。 もうだいぶ前から持っていたのですが、一度も使ったことがなくて。この前のブログの通り、産後おっぱいマシーンだった期間を経て、もう一度この春、改めて自分の身体をいたわり、rejuvenateさせたいと思い、今の私に合ったやり方でのデトックスを計らっています。今の私の生活では、子どもが生まれる前のように断食をしたり、完全に自分一人のペースで食や睡眠生活をコントロールすることができないので、今は「食べながらやるデトックス」期間中なのです。そこで最近になって、そう言えばこのセット持っていたなぁ、と思い出しました。 1日3回空腹時に、正しい分量と順番、そしてタイミングでハーブを摂取していきます。舌の下に液をたらして口の中に含むものも(唾液と混ざることで、酵素の効果に影響があるのです)。内容は、寄生虫とその卵を体から優しく出して行くためのハーブやホメオパシーの天然薬。抗真菌性のハーブと食材。そしてプロバイオテックスと言って、体内環境に良い菌を増やすもの。 初めてだったから、どうなのかな〜と思ったけど、今のところかなりいい感じです! 2週間ほど続けるクレンジング法なので、その後が楽しみです☆


philosophy

2012/04/19

昨日あたりから、何だか自分の中で大きな変化を感じつつあります。 繭の中にこもっていて、そこではよくわからないままであっても、自分なりに進展を望み、思いっきり手を伸ばし、何か「新しい在り方」を温めていた感じがあります。繭の中では、自分が新しい形で誕生しようとしていることが、見えない。けれど「古い在り方」が亡くなろうとしていることは、確かに感じられます。 ここのところ、自分の中で大切なことについて色々考え直したり、問いかけたりしていました。 「私の中で、もういらない、卒業したいことは何?」 「癖のように、いつも考えていることや、自動的になっている態度があるけど、本当はそれが不要だと感じ始めている。今の私にもう不要な思いや態度とは何?」 「私は、本当にそれらを自分の内で手放す準備ができた?」 自分にそんなことを問いかけていたら、ちょうど読んでいた本に「繭」の話がでてきました。 繭の中では、自分が何かに対して「死ぬ」のだと。古い在り方を手放し始めると、いつの間にか羽が生えてきていて、そこから蝶のように飛び立っていく、という心の状態を表す比喩です。次が見えていないだけ、恐くなることもあるけど、新たらしく飛び立つためには、手放して置いていかなければならない「心の重荷」があるのではないかと思います。 自分の存在や在り方をまっすぐに観ることって、大変な大変なworkだと思うの。それでも、目をつむっていることができない..。 目を開いて、空を見上げたら、そこには道がありません。一人ひとり、自由な飛行をするしかないのだと思うのです。


journal

2012/04/16

vedaが青山に誕生してから早1年。 この街にほぼ毎日のように通うようになって、どんどん好きになっていきます。駅からスタジオへ歩く途中の道のりだけでも、今を生きる女性の感性をくすぐられるようなカラフルなウィンドウ・ディスプレイがたくさん。Haute Hippie, Issey Miyake, Comme de Garcons, La grande aquagirl, Adelaide… 普段のお買い物には高すぎて手が届かなくても(笑)、自分なりのファッションのヒントをたくさんいただきます:) そしてもちろん、青山の楽しみと言えば、数々のおいしいレストランたち。この街は、ベジタリアンであることが「大変」や「めんどうくさい」扱いされることなく、「Hip & Welcome」または「Health Conscious」として祝福される感じがあります☆ そこで、多くの生徒さんたちからのリクエストもあり、私が大好きで良く足を運ぶようになった、青山仲間お店をブログでもちょっとずつ紹介していきたいと思います。 青山♡ということで、青山紹介日記はBlue Mountain Diaries=BMD! こちらの写真は、vedaから徒歩2分ぐらいの場所にあるレストラン「45dav」。「Organic Junk」をコンセプトとしてやっている、こじんまりとした隠れ家的レストランは、材料がすべてオーガニック。色んなものが楽しめるように、お肉や季節の魚介類が様々。お酒も少々。でも必ず完全ヴィーガンなメニューの用意が、少なくても1コースはフルであるのです。 ランチはとてもリーズナブルな価格で、vedaでのヨガ後にも最適なはず! 昨年末、朝マイソールのメンバーと共に忘年会をやったのも、このレストランなんですよ(こちらの記事にちょこっと)。ランチタイムでもあまり混んでいないことも、魅力です。 こちらは、私がいつもランチにいただく、季節野菜のヴィーガンメニューwith酵素玄米。 ジンジャーでサッと炒めた季節野菜と色んなsmall dishes.お味噌汁も魚だし不使用のヴィーガンsoupです。 他にも、私が大好きなRAWデザートのココナッツクリームパイはかなりお勧めです:)ぜひ一度行ってみてね☆


  • Back