archive

2012年9月


food

2012/09/27

今夜は生まれて初めてインドカレークッキング! ちょっと意外でしょう?!あんなにインドへ行っていて、こんなにインド料理が好きなのに、今まで一度も自分でインドカレーを作ったことがありませんでした。だって...向こうではローカルpeopleが作ったものをいただく方が安いし、おいしいし、とっても簡単なんですもの。日本でもたくさんインド料理屋さんあるし。。。でも、今日はインドを代表する料理「ダール豆のカレー」をどうしても家庭の味で食べたくて、自分で作りました☆ ポタージュみたいな優しい口当たりで、とてもおいしくできました♡ 通称「ダール」と呼ばれる一品。「カレー」というより「グレイビー」に近いでしょう。お子様や病み上がりの時の消化にもやさしく、ご飯とよく混ぜ合わせていただきます。ご飯はもちろん、インド米にしたよ! ダールと言っても、豆の種類は様々。今日はムーングダールという種類を使いました。そのパッケージを見て初めて知ったのですが、ムーング豆って、春雨の原料になっている種類のお豆なんですね! そしてもう一つ。 シチューのようにすべての材料をじっくりコトコト一緒に煮て作るタイプのカレーと違って、ダールはお豆を大量のお水とターメリック(ウコン)で先に大きなお鍋で煮て、その間に別のフライパンでマサラ(スパイス)関係を炒めて、風味を出して用意して、後から混ぜ合わせて作るんですね。。。 今日の今日まで知らなかったよ。。。 今まで食べてばかりで、知らなさすぎ?!(笑) お家で作ると、マサラを炒める時の油を少なめにしたり、うちではいっさピョンも食べやすいように唐辛子の辛味を少なくしたり。優し〜いお豆の味を活かした、インドの味。初めてとは思えないほど上手にできたよ!たっぷり作って、extraは冷凍保存。 この秋冬はこんなものをストックして過ごそうかなぁ:)

journal

2012/09/26

WEDNESDAY HOLIDAY – スタジオ定休日の今日もそろそろ日が暮れる頃。 一日の終わりは、また新しい一日のはじまりでもありますね。 季節も移りかわり… 大好きなmy studio vedaでも、一つひとつ移りかわりと成長を感じています。 というのも、長い間スタジオ受付でお手伝いいただいていたY.Y.さんが今月末でvedaを卒業されるのです。この後は、自身の夢でもあって、お勉強を重ねているアーユルベーダの道へ進んでいくそう。とっても嬉しく思います。そこで昨夜は表参道のご近所さんでもある「たまな食堂」で、送別会ディナー☆vedaでnew staff memberとして朝マイソールクラスのアシスタント、そして一部クラスの受付も務めていただくAさん&baby Rくんも一緒に:)そうそう、my son IssaとRくんは、昨年夏インドでも一緒に遊んだ仲間でもあるの。広がるfamily,とても嬉しく思います! たまなでお食事していたら、なんと、偶然にも朝マイソールメンバーたちの集まりにもバッタリ!どこまで波長があっているのかしら?!とにかく一人ひとり扉をくぐるごとに私の顔を見ては「え?!なんでセンセここにいるの?!」みたいな意表をつかれた顔をしていて、みんなを見ているのが楽しかったです。(笑) 11月からvedaでは朝マイソールクラスのリニューアルも控えており、現メンバーたちにとっては特に、一つの時代の終わりと、また新たなスタートの狭間で複雑な気持ちもまだあるかもしれないけど…。それでもきっと、新しい季節を迎えるように、きっとじきにみんなで「衣替え」をして、一緒に成長していくんだと思う。大切なものは、きっと絶対最後まで残るものだと思うから! リニューアルに向けて、と言えば、もう一つ☆スタジオ定休日の今日、私はスタジオへ出向き、父と一緒に男性更衣室の設置を行いました!更衣室というか、パーテーションでスペースを作ったぐらいのことなのですが..。いつかはきちんとスペースを作りたいと思っていたので、小さいけれども、私にとってはとても嬉しい、ポジティブな、vedaの成長を感じる出来事でした。 同じく今日、髪の毛も切ったよ:) ヘアーカットは毎月のことだから、新しいことでもないんだけど。。。 今日は気分的に「前髪に特徴をつけてみよう」と思って、いつもながらに「今日の気分」をCHIKAさんに伝えたら、後は彼のmagic handsにお任せ☆ 仕上がりはこんな感じ! Love It! Freshな気分♡ そうこう言っているうちに、最近はほんとめっきり秋らしい、涼しい気候になりましたね。クローゼットの衣替えもしなきゃ!みなさんはもう終わりましたかぁ?


journal

2012/09/24

ヨガフェスタでnew gbskシャツ複数ゲット! 中でもお気に入りなのがこちらのネオンカラーのハヌマーンタンク「ganbatte」☆早速今朝のマイソールクラス指導の際に、VEDRUSSの参考商品として作ったギャザー・レギンスのライトグレーと合わせて着てみました。Love the look!とっても相性がいい:)今販売中のVEDRUSSオーガニックコットン大人気レギンスは、チャコールグレーなんだけど、このライトグレーもいいよね!今度作れるか聞いてみよっと。在庫切れしているグレーの7分丈レギンスも、追加製作に入る予定なので、またお知らせさせていただきますね。 さて、gbskバリー・シルバーさんのアートワークと言えば、コラージュが多いですが、最近の私の簡単コラージュアートと言えばコレ。 トイレトレーニング中の息子のために、インスピレーションになればと思って作りました。(笑)そしてトイレの中に飾っているの。しかし、これを見たいっさピョン、笑いながらも最初に言ったことが「いっさくん、なんでこのパジャマ着ているのぉ〜?」だって!(笑) 息子よ...他にも気づくことがないだろうか?!(笑)Soooo Cute! xox 今朝のマイソールクラスでは、前半組が練習を黙々と始めた頃、パッと見渡したら素敵な光景が! みんな動いている中でのワンショットだから見えにくいかもしれないけど、今朝のstudentsは何だかいつもに増して波長が合っていたように、pink – green – blue – purple – yellowのトップスを着ていたの!How colorful and wonderful…! VEDRUSSでももっとcolorful itemsを作っていきたいと思います! 


journal

2012/09/22

今日もヨガフェスタ2012お疲れさまでしたぁ〜〜! って、会場ではまだクラスもブースも続いている時間ですね:) 私は今日は朝一で2時間枠を担当させていただきました。内容はアシュタンガヨガの基礎ワークショップ。 今日はVEDRUSSの人気アイテム、柔らかくて絶妙に気持ちがいいギャザーレギンス+ターコイズのフレンチスリーブT。インナーにはイエローのダブルクロス・キャミを着ました。Tシャツと合わせた時に、バックスタイルでバッテンが見えるバランスがちょうどいい♡ 2時間だったので、お話もしっかりできて、みなさんにアシュタンガヨガで使う胸式の呼吸法を覚えてもらったら、みなさんの呼吸に合わせて太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)A&Bのデモンストレーションを行いました。 その後、みんなもプラクティス。 フェスタでは、なんせ人数がすごいので(!)みんなでやるとすごいエネルギーですね! 太陽礼拝は、呼吸の流れを最優先に、吸う息と吐く息が均等になるように、正しく練習していただければ、誰にでもできる素晴らしいメソッドです。その効果も抜群!ちょっとやるだけで身体の芯からじわじわとすぐに温かくなって、汗をかきはじめ、浄化がうながされます。アシュタンガヨガの基本である、太陽礼拝。私の専門はアシュタンガヨガだけあって、このポーズは最近放送されたNHK Eテレの『きれいの魔法』や、数々の雑誌などでも、これまでにたくさん紹介させていただきました。私のオフィシャルサイトmaeyoga.comでも、「ASANA」ページで近々改めてムービーを含めてアップしたいと思っています☆こちらも楽しみに待っていてくださいね。 太陽礼拝から立ちポーズの練習を少し行い、フィニッシングのポーズをしたら、最後はいよいよ、一番いいところ! ココ!!私が照明をおとしにいくところ!(笑) 今日はいい感じで寝息やsoftいびきが響いていました:) みなさん、初めてのアシュタンガヨガの練習を楽しんで、最後はしっかりとお休みいただけましたか? 練習後、自分の中で「ただ在るもの」として感じられる静けさは、たまらないものがあります。 アシュタンガヨガをもっと学んでみたいという方。ぜひ適切な指導者のもとで、改めてローカルクラスに行ってみてくださいね。少人数の中、しっかりと方法を学び、伝統的な「マイソールクラス」であれば、あっという間にご自身でこのヨガを身につけて、自分で練習できるようになります。 フェスタは明日の日曜日までだけど、私のフェスクラスは今日まで。私は、明日はmy studio vedaで通常クラスに戻ります☆今週は地方からの参加者も多いようで、またみなさんにお会いできることを心より楽しみにしています。vedaでは、11月より伝統的アシュタンガヨガを伝える朝ヨガのマイソールクラスをリニューアルする予定でもあるので、ぜひこちらのページもチェックしてみてくださいね。 本日フェスタでのlast shotは、gbskTシャツでも有名な、my friend Barryと♡ 新作gbskもlots of FUNだったので、こちらは改めて後日紹介させていただきま〜す!

journal

2012/09/21

今日はVEDRUSS.jpサイトオープン&YOGAFEST2012の初日が重なり、Super BIG DAYになりました! 早朝はいつものvedaマイソールクラスを行い、その後にヨガフェスタ会場のパシフィコ横浜に向かいました。 会場に着いて、一番最初に会ったのがケン先生☆ 最初のクラスは、ビギナー向けのアシュタンガヨガ。およそ200名規模のBIG Class. フェスタでは、いろんな先生のいろんなスタイルのヨガが体験できるので、地方からの参加者も多く、毎年賑わいます。 今日はもちろん、VEDRUSSのウェアを着たよ! 今月NHK Eテレの2回の放送でもインサート部分で着用していた、チェリーピンクの上下は私のお気に入り☆ みんな、素晴らしいプラクティスでした〜! クラス後にチラッとご紹介させていただいた、vedaのnew teacher&assistants vedaでは11月からスタジオの中心プログラムであり、アシュタンガヨガを最も伝統に忠実な形で伝える「マイソールクラス」をリニューアルするのですが、みいな先生&two new assistantsの超強力助っ人たちにサポートしてもらって、パワーアップしてお届けしたいと思っています! クラス後にはみんなとお写真撮ったりして… 2つ目のクラスは、座学講座で『ヨガ練習生、ヨガ指導者の心得』。普段のヨガクラスではなかなかお話する機会のない、「一番大切なこと」に焦点を当ててお話させていただきました。 ここでは、ヨガウェアの上に「ポエムTシャツ」を着用♡ 全身オーガニックコットンは、本当に抜群の肌触りでちょっと贅沢な気分! クラス終わったら、今日はちょっと急ぎ足でメインステージへ降りていって、フェスタを主宰している綿本さん(綿本彰先生のお兄様)にお呼びいただき、一緒にテレビ神奈川(TVK)の生中継取材に出ました。コレ、見れた人いるぅ??ちょっとだけだったけど、会場からの生中継だったから、きっと面白かったと思う!私も見てみたいな… しかも、最初リハの時にTVKレポーターのトーマスさんに紹介してもらったら、トーマスさんがいきなり「Seventeenの吉川めいさんですか?!」と言われて!!ビックリしました。私がティーネージャーだった頃、レギュラーでモデル出演していた雑誌を見られていたそうで、彼女もその後Seventeenモデルとして活躍されたそう。不思議なつながりでした! 最後は雑誌YOGINIのブースでパシャ☆ さあ、明日も早いからがんばろう! みんなもお疲れさまでした☆ And see you again tomorrow! xox m.


philosophy

2012/09/13

先日の9月11日。 ちょうど火曜日だったので、基礎クラスの時に2001年の9月11日のことを振り返ってお話していました。 世界中に衝撃をもたらした、米国ニューヨークで起こったテロ事件。テレビのニュースで映し出された、あの信じ難い映像は、今でも目の奥に焼き付いています。 これは、私にとっても感慨深い事件でした。 というのも、その前の冬に、最悪の健康状態まで陥ってしまった私は、夏の間に「自分を救ってくれる何か」を求めるようになり、ヨガに行き着き、ちょうどテロ事件が起こった週に初めてヨガスタジオに足を運んだのでした。 その頃は、まずは健康のためにヨガをやってみよう、と思っていた程度で、ヨガのプラクティスがこれほどまで私の心身の健康のすべてにおいて総体的な変化をもたらすなんて思ってもみませんでした。しかし、あの事件が起こった時、ふとテレビを観て「世の中の現実が変わってしまった」と感じると同時に、私の中で、深く意識の覚醒をもたらすヨガの旅路が始まったことは、何だか自分の中では切っても切り離せないタイミングとなりました。 今回、雑誌YOGINIのエッセイにも書いたんだけど、この世の中って、この人生って、時に理不尽なことをもたらします。 私も、自分の経験のことを本に書いたことがあるけど、人って、いつの間にか「こんなことはないはず」とか「自分は大丈夫」と、勝手に決めつけた自分の頭の中の現実が、あたかも究極的現実であるかのように暮らしていくものです。しかし、自分が思っていることや、自分がコントロールできると思っていることの多くは、実は本当は人間の手にないものなのです。 突然の病気に見舞われること。 一番信じていた人に、コテンパンに裏切られること。 愛する人を失うこと。。。 思わず「あり得ない!」いや、「あってはならない!」と叫びたくなる現実が、本当は、いつもどこかで誰かの身に起こっています。 そして、自分もそんな「いつ何があるかわからない」現実と、本当はいつも隣合わせに生きていることを、忘れてはならない。 「大丈夫だろう」とちょっと安心していると、人生って、意外と変化球を投げてくるもの。 東日本大震災では、昨年、super peaceful countryジャパンに暮らす私達にだって、そんな半分眠ってしまっているような勝手な「きっと大丈夫だろう」という想いを、奮い起こすような出来事がありました。 そんなことが起こる時、それを受け入れるのは、容易ではありません。 WHY WHY WHY??? そう神様に怒鳴り散らしたくなることだって、あるでしょう。 人は、勝手な反応でそんな問いかけを心の内で叫ぶけれども、 本当は… もしかしたら、そんな問い自体が的外れなのではないかと、いつの日からか、そう私は感じるようになりました。 なぜなら、ここで問うべきことは、「なぜ神様がそんなことをしたか」ではなくて、 「なぜ私が、いつの間にか神様の現実を、私がコントロールできるものだって勘違いしたまま日々を生きてしまっていたか」だからだと思うのです。 ヨガを学んでいる中で、2つの真実を明確に身につけるようになりました。 「生きているものは、みな死を迎えるということ」そして 「いつ、どのように死ぬかは、誰も知らない」ということ。 If you think you know these things, think again. ヨガの学びの中では、普通以上に「死」や「終わり」を観る時があります。 でもこれって、同時に「本当に生きること」を教えてくれるからだと、そう私は思います。 先日の火曜基礎クラスでそんなお話をしていたら、その後にこのブログのVOICEページのコメントや、クラス参加者からのスタジオへのメールで、みんなの想いが溢れてきました。読んでいて、私も胸が熱くなりました。 Suffering is Universal. 人って、嬉しい時とか幸せな時は他の人にその想いを伝えたくて、分かち合いたくて気持ちが溢れるばかりです。 逆に苦しい時や辛い時って、孤独に感じたり、こんなこと人には言えない、きっと人はわかってくれない、と感じて自ら自分を疎外してしまうことも少なくありません。 けれども、feelingsって、その人がそれをどのように感じるかだから、ある人は火事で家を失っても、またある人は家族が病気になっても、またある人は淋しさを感じても、それを計る物差しなんてないと思うのです。あの人も悲しさを知っている。この人も、この人なりの苦しみを味わったことがある…。「私の苦しみの方が、あなたの苦しみよりひどい」なんていうことは、言えないと思うのです。本当の苦しみを味わったことがある人ほど、他の人の苦しみを親身にわかってあげることができる。 そう考えたら、苦しみだって、幸せと同様に、みんなに共通するものだと感じるのです。 そうして私達は、互いに優しく、強く、確かに温かく手を差し伸べることができるのだと思うのです。 And i never really know [...]

journal

2012/09/12

昨年の春先。My studio vedaと同時期にオープンした、Flower Artistニコライ・バーグマンさんのフラワーショップと併設されたgorgeous cafe. よく使っている場所なんだけど、たしかまだBMD(Blue Mountain Diaries=青山日記)としてはアップしていなかったような..。 今日はそんなfavorite cafeに、favorite personと一緒に行ってきました☆ 日本のヨギーならきっと一度は耳にしたことがある、ハラクマ・ケン先生の名前。ケン先生は、日本におけるアシュタンガヨガの第一人者であり、日本最大のヨガイベントヨガフェスタの発起人の一人であり、ヨガについてのDVDや著書も多数。中には、昔に私が出演しているものもあるよ:) そんなケン先生が、NOMU Cafeの天井が高い、flowers and plantsに囲まれた空間に座ると、こんな感じ☆ 何か、リッチで濃い感じがするでしょう?!(笑) 今はケン先生から直接ヨガクラスで学ぶことはほとんどないけど、年に何回か、こうしてお時間をいただきランチやtea timeを過ごしています。お話も濃いヨ!!(笑) だいたいいつも「最近、どう?」というところから話は始まるのですが、そこから広がる世界は、毎日「今を生きる」中で活かされているヨガの知恵であったり、observations… a world so deep, so true, so beautiful. 今日も語りました。 あっと言う間に3時間が過ぎていました! いつも私のお話を聞いてもらったり、その中からケン先生の優しい「で、そういう時に、こういうところはどうなの?」みたいなツッコミがあり、更なる内省をする機会をいただいたり。 こんなお話は、決してまとめることはできなくって、私の中ではただただそこで思いめぐらせたfeelingを吸収させるばかり。 でも...きっとみんなもちょっと気になるでしょう、ケン先生と私がサシで会ったら、どんなお話をするのか?! ちょぴっとだけ、キーワードやテーマをピックアップしてシェアしちゃいましょう。特別だよ!(笑) 今日は何かと「女性性」と「男性性」についてのお話が多かったかなぁ。 私たちが語った女性性と男性性とは、女性/男性であるbodyやsexualityのことだけではなく、一人の人間に、両方含まれている女性的クオリティや男性的クオリティについて。これは、ひいては東洋の世界でいう「陰陽」であり、ヨガでいう「ハ・タ」または「イダ・ピンガラ」のことです。 私自身がこれらのことを、日々の生活でどう感じ、どう観ているかに加えて、ケン先生が昔はどうで、今はどうあるか、というお話を聞いたのが面白かった! この話とつながっていたのが、「対極」のお話。 よく私はヨガのクラスでこのようなお話になる時、同じ意味合いで「二極」という言葉を使っていましたが、ケン先生は女性/男性やEither/ORの世界を「対極」という言葉を使ってお話していました。 そして、「対極」の世界には「太極」があることを。 これって、仏教でいうmiddle pathというものに通じるのだと私は思いました。 すべてに二極、ないし対極性のあるのある世の中においては、人はいつもどちらかに偏るものですが、その真ん中のバランスを生きること。それは、私にとってヨガの学びと練習の真髄でもあるし、that’s the practice that never ends. Of course… there was SOOOO much more… [...]


journal

2012/09/11

みなさん…たいへん長らくお待たせしてしまいました。 3月のvedaアニバーサリーの時に、私が初めてプロデュースする100%オーガニックコットンのヨガウェア『VEDRUSS』(ヴェドラス)について発表してから、いつの間にか何ヶ月も過ぎ、9月になってしまいました。 あれからずっと最初の5アイテムの制作をがんばっていましたが、使用する予定だったトルコ産のオーガニックコットンが今年不作で入らなかったり、その関係で当初予定していた色展開が難しくなったり。色々あったけど、この夏、インドに出発する前には初めてのVEDRUSSホームページのイメージ写真撮影も終え、その後最終サンプルの微調整も済み、いよいよour new productsは三重県の工場で作られ、今現在染め段階に入っています☆ やっと…! ということで、今週は日曜日に初めてMae’sマイソールクラスメンバーたちにサンプルのお披露目をしました☆vedaのマイソールクラスメンバーは、スタジオではもうfamily同然。「センセ、いいですかぁ?」とかなしに(笑)、いつの間にか誰かが更衣室で試着して、new VEDRUSSウェア姿でみんなの前に出てきたと思ったら、あーだのこーだの感想を言って、「私にはどの色がいいと思う?」とか意見を交換して。パッと振り返ったらいつの間にかサンプルは次のstudentの手に渡っていて、別の人が試着していたり!(笑)楽しかったね〜! 今日の火曜基礎クラスでは、まだホヤホヤ2回目となるお披露目。 まだサンプルなので、このあたりのサイズ感が変わってくるよ、とかココがこうなって…とか、私がどこにこだわってプロデュースしたか、直接みんなにお話しました☆何より、オーガニックコットンのストレッチ素材の肌触りや実際のcolorを見てもらえたことが嬉しい♡ 日曜日から、vedaではアイテムライナップの詳細資料をおいている他、先行受注を受け始めました! 気になる方は、スタジオ受付にてお問合せくださいね。 HPやオンラインショッピングも今月中には開始予定です☆ 実際の製品があがったら、vedaでは試着用サンプルを置く他、レンタルウェアとして実際にスタジオでの練習でもトライしていただけるようになります。 今日の基礎クラスには、レギュラーメンバーの他、新潟や長野からの生徒さんたちもいらっしゃっていましたが、クラス後にはサンプルを囲んでみんなで和気あいあい♡ 写真は、私が新潟でワークショップを開催する際にオーガナイズを担当してくれているHちゃんが、いち早くpink lookを試着しているhappyなようす:)そ〜だよね!新潟studentsに報告してもらわなくっちゃ!Hey, i miss you guys…! And i’m coming again to Niigata soon! First line-upはallレディースなので、サンプルを囲んだ会は「女子会」。ヨガウェア選びの何点や注意点について、語ったね〜。Hey Ladies…とにかく、ボトムス選びには要注意!詳しくはこちらの記事をチェックしてくださいね←

food

2012/09/07

スタジオへ向かう早朝の時刻が、そろそろ暗くなり、秋の始まりを感じている今日この頃。 真冬の寒い時期になると、早朝の星空がやけに長く感じる日も少なくないのですが..、今の季節「明け方の暗闇」に惚れなおしてしまうのは私だけでしょうか?!一日の活動を始める前の、早朝のヨガプラクティスや瞑想は、都会のbusy lifeでもじっくりと自分の内なる静けさを味わう時間でもあります。そんな静けさを象徴するような暗闇は、決して冷たく感じないような気がします。 秋と言えば「食欲の秋」もあるのか、最近は朝から空腹感がいつもに増してあるようにも感じています。 けど、朝マイソールクラスの指導前に食事を取るのはあまり好きではないので、やっぱり私が心地良く感じるのは、朝からしっかりグリーンスムージー。 最近、自分の中で「岡山」を思い出して作ったスムージーがあります。 というのも、岡山でワークショップを開講する際に良く連れて行ってもらうカフェがあって、そこのfresh juiceメニューには「トマト&グレープフルーツ」というコンビがあるんです。コレがまたなかなか絶妙な組み合わせで、私は大変気に入って、それはもう岡山のカフェへ行く度に決まって注文するほど! そこで、「トマト&グレープフルーツ」のコンビネーションを活かして、葉野菜を取り入れたグリーンスムージーにアレンジして作ってみました: 小さめのトマト       2個 ルビーグレープフルーツ   1個 パセリ           お好みで適量 メープルシロップ      少々 お水            なし  ※分量は目安なので、お野菜や果物の大きさを考慮した上で作ってみてくださいね。 ※グレープフルーツは、中の白い皮に強い苦みがあるので、しっかり取り除いてください。(私は包丁で切り落としています。) ※トマトにもグレープフルーツにも水分たっぷりなので、このレシピはお水不要!果物に含まれる天然のお水だけでしっかり水分が取れます☆ 色は、そんなに鮮やかなグリーンではないんだけど、お味はwonderful! ぜひ試してみてくださいね。 ps.ちなみに、私はBlue Green AlgaeのBOOSTも少々入れています! And写真のランチバッグはアメリカのWhole Foodsのもので、毎日材料を入れてスタジオに持っていくのにピッタリなので、愛用しています:)


  • Back