archive

2012年10月



mother

2012/10/28

2歳後半〜3歳にかけて、今の時期の息子の成長が楽しくて仕方がない!写真のように、cuteなgirlfriendと一緒ににんまりしてしまう男の子っぽさとか、ちょっとお兄さんぶっている時とか。それでもまだ赤ちゃんっぽいところも残っていて、母としてはどこをとってもたまりません:) 言葉の発達も著しく、ボキャブラリーは増え、表現力も豊になってきています。家庭での会話以外にも、知らぬ間に映画の中の世界や、保育園での会話から多くのことをピックアップして吸収しているようです。 先日は、一緒にシャワーからあがった時、私が久しぶりにお気に入りのFranc Franc meets keita maruyamaのpure cottonガウンを羽織りました。pure whiteでクリーンなイメージで、久しぶりに袖を通して気持ちがよかったから、振り返っていっさピョンに「どう??カワイイ?」と言おうと思った瞬間… 「なに、ソレ。 めいちゃん、あいきどーのシャツ〜?」 と言われ、ガビ〜〜〜ン。(笑) テ、テンシ気分だったんだけど、一気に現実に戻ってきました。(爆笑) 今度いっさピョン合気道のお稽古を始めようと思っていて、そう言えば2人でYouTubeの動画観て研究していたっけ。確かに真っ白のVネックローブだけど..、しかし本当に良く見ています。感心感心。 言葉も観察力もすごいけど、まだ完ぺきではないのがカワイイところ。 うちの子は、半袖と長袖は「はんそ」「ながそ」だと思っていて、おまけにコンビニは「コンビ」だと思っています。 つまり、接続詞との区別がついていなく、文章の中で使うと: 「いっさくん、今日は長袖着る?半袖着る?」 「はんそ で 行く〜」みたいなことになるのです。(笑) 「コンビ に 行って、アイスを買いたい」とか。 真顔で言っている本人の声で聞くと、soooo cute. 極めつけは、中途半端なバイリンガルness。 この夏インドで英語をたくさん使って帰ってきたから、日本でもなるべく忘れないようにと、時々クイズしています。 けど...、先日の爆笑回答と言えば: 「いっさくん、”抱っこ”って、英語で何て言うの?」 「Duck!」 思わずママは吹き出してしまいました。(笑)


journal

2012/10/27

昨夜は、Mae’sマイソールクラスの打ち上げPARTY@表参道PURE CAFE! 2年2ヶ月に渡って開催を続けてきたアシュタンガヨガを最も伝統的な形で練習する早朝ヨガクラス『Mae’sマイソール』(←ムービーリンクあり!)。今のスタジオvedaの在り方、そして更なるコミュニティの広がりを考えて、来月からリニューアルし、これまでの「メンバー制・女性限定」が外れることになりました。 そこで昨日は、これまでお世話になってきたメンバーのbeautiful womenたちとPA・PA・PARTY!!! めっちゃ楽しかったぁ〜〜! 昨日のパーティ開始からの2時間は、人生で一番早かったかも、というほど早く感じました。 みんなともっともっと一緒にいたくて、帰るのが名残惜しくてしかたがなかった…。 だから、また次の機会を企画しようと思う!(笑)忘年会か、新年会かしら?! 早朝の裸足のtogethernessもいいけど、たまにはヒール姿も見せなきゃね♡ What can i say… i LOVE you all SO SO SO much. そして、みんながいてくれること、心から感謝しています。 ほんと、みんながいなかったら、vedaが生まれていなかったんだよ! i hope you KNOW that… and i hope you’ll always REMEMBER that. そして、これは一つのchapterの終わりだけど、引き続き次ぎなるchapterでもよろしくね:) こんなに大勢の美しい女性たち。 なにが美しいかって、みんなにはstoryがある。 それぞれにlifeがあって、人間関係があって、お仕事や務めや責任があり、それぞれにそれなりの問題や、人生の様々なアップダウンがある。それでも、今日、朝の静かな時間に、まずは自分が、自分自身の呼吸を合わせ、体と向き合い、意識の集中をもってその「静けさ」と統合していくことを選んでいる、あなたが美しい。 そして、2年前のオープンからの歴史をたどったミニスライドショーでも明らかになったけど、そんなみんなはものすごいスピードで変化を遂げている!どんどんどんどん美しくなっていくね!ウェアとかhair styleとかmake-upとかも新しくなっていっているのも、内なるmetamorphosisを表していて、本当にSO sweet and prettyだよ☆i LOVE it!! そんな呼吸音が響き集まる朝のマイソールクラスを見守ることは、美しくmeditativeで、本当に光栄です。 マイソールクラスのお部屋には、みんなのstoryが集まっています。静かな呼吸音の中に、その深みも、喜びも、苦しみも、明るさも、重さも感じられます。そして私たちみんなのそのすべてを受け止めてくれる、mysore room. だれもいなかったら、何もないのにね..。 みんなが来てくれるから、マイソールクラスにはいつも、まぶしいほどの輝きが満ちあふれています。 Thank You… Thank [...]

journal

2012/10/26

昨夜は初めて六本木MIDTOWN内のBILLBOARD LIVE TOKYOへ出かけてきましたぁ〜!! veda講師としても大活躍のジャズシンガーのakikoさん。 彼女の歌声は、もう何とも言えない…やわらかぁいお水が耳を潤してくれるように響く美声で、たまらないのです。 初めて訪れたBILLBOARD LIVE TOKYOは、完全に大人な空間。 広すぎないcozyな空間で、おいしいお食事やお酒をいただきながら、最高のパフォーマンスが楽しめます。 ステージ背景にはMIDTOWN裏に広がる東京の夜景。ステージが始まったと思ったら、いつの間にか大きなblue velvet curtainで覆われていたのですが、アンコールナンバーの時にこのカーテンがサァーッと、akikoさんの背景で開かれたのがドラマチックで美しかったぁ! 残念ながらホールは写真禁止なのですが、こちらの写真は、左からNYからちょうど来日していた友人M&akikoさん、and me backstage♡ 美しい女性にはホント、いつだって素晴らしいinspirationをいただきます:) akikoさんがステージに立って、最初の一声が響いた途端、一緒にいたMと、目を輝かせてとびっきり大きな笑顔で言いました: 「最高!!!」 Tokyo Lifeって、いつの間にか切羽詰まって忙しくなってしまいがちだけど、東京だからこそこういうenjoymentもたくさんある。そのことを、忘れずにいつも今を楽しんでいたい。 良い音楽って、本当に心に響く。 空間、そしてその中の人々を結ぶ。 もう、それ以上に言えることがありません。 最高です。 akikoさんは、今ツアー中で今晩は名古屋でLIVEされるそう。 今回のLIVEは、new album『黒い瞳』のリリースツアーでもあるそう。ぜひチェックしてみて! 私、いつもakikoさんのLIVEを見ると、そのsoftな佇まいと川のように流れる美しいlong hairに感化されて、「また髪の毛伸ばそうかなぁ」なんて思っちゃったりするのですが..(笑)。まさに私にはない、feminine Divinityの象徴に魅せられてしまうのですね。 そんなakikoさんは、友人でもあり、同じくSUUUUUPERなプロ・ジャズシンガーでもあるeriさんと一緒に、vedaで2teacherによる合同ワークショップを毎月開催してくださっています。発声をしていくクラスのため、通常女性限定とさせていただいているクラスですが、既にvedaでも大ファンが多く、リピーター続出。vedaの清らかな空間で、akikoさん&eriさんと一緒に心を合わせて歌ってみませんか?『Voice of Your Heart』はいつでも初心者、音楽未経験者でも歓迎のハートフルなワークショップなのです。私も毎回参加しています!次回は11月11日(日)に開催予定なので、よかったら一度tryしてみてください。You’ll LOVE IT!!!



journal

2012/10/15

i LOVE this weather. なぜだろう?秋なのに、「はじまり」を感じられるの。 crispy air, golden sun, clear skies… all are my source of inspiration. 今日の新月は、週の始まりにもあたり、いつもにも増して「新しい」雰囲気を漂わせている気がします。 私はと言えば、自分の中でおよそ3年間続いたとてもchallengingな一章を終え、今、生まれ変わろうとしているみたい。 こういう気持ちって、there’s no logic to it… 別に理論的なことは特にないと思うんだけど、人間として、生命体として、大自然の一部として自分の中に今ある流れを感じていることだと思う。 そうして、今、命があるこの身をもって、よりフルにlive, love, laughできるよう、自分自身の心と体が、よりクリアーになるように努めているのだと思う。 「クサイよ…」とか言われることを、恐れずに言うのだとしたら、 それは、it’s for LOVE! 愛は、どこかへ探しにいくものではなくて、自分がクリアーになった時に、既にあると、確かに感じられるって、幾千もの年月の間、all the saints and sages have told us. So, 今日は旅に出かけてきます。 遠いところへ行ってきます。 そうして更に深く、掘り下げて自分の中のつっかかっているところとか、暗闇とか、なんなりと勇敢に見つめてきたいと思います。 comfortably and naturally… 皮肉にも、すべては「より自然な自分」で在るために。


  • Back