archive

2013年2月


mother

2013/02/27

私の住まいの近所には保育園があります。 先日、家でパソコンに向かってお仕事をしていた途中、空気交換にと思ってデスク横の窓を大きく開けたら、ちょうど子供たちの元気な声が聞こえてきました。近くと言っても家の窓からはある程度の距離があるので、ここまで元気に聞こえてくるものか!とちょっとビックリした程です。 まだまだ寒さが厳しい今の季節、お外遊びをしている子供たちを思い浮かべると、とてもうれしい気分になり、その内私は「この声の中に、自分の息子の笑い声もあるのかも」と想像していたぐらいです。同時に、これほどまで元気な声、もしかしたらあまり好ましく思わない隣人もいるのかもなぁ…。なーんて思っていた矢先に、グランパこと私の父から、こんな話を聞きました。 保育園の近隣から子供の声がうるさいと、苦情が多く寄せられるのだそうです。 他にも、ある著名な漫画家が、飛行機の中で泣き止まない赤ちゃんの母親と、航空会社のJALにクレームを申し立てたり。 何かと波紋を広げているようですね。もちろん、苦情を申し立てる側にも正当な理由があります。自宅で病気療養中の方や、夜勤明けや夜の勤務の方もいるでしょう。概ね、子供のいる方の意見は好意的で、そうでない方の意見は厳しい様です。 父の話によると、ドイツ連邦議会では2011年に「子供の声を騒音としない」という法律が可決したそうです。騒音には厳しいドイツですが、理由は「子供の発する騒音は、自明な子供の成長の表現として、かつ、子供の正当な発達の可能性を保護するものとして、原則として社会的相当性があり、従って、受認限度内である」というもの。 私はこのことを聞いて、「ドイツって、こういうところがスゴイ!進歩的!」なんて感心したのですが、みなさんはどう思われますか? もう一つ、めいパパ紹介のストーリー。こちらは、最近ネット上で話題になった、バスに乗車していた方の体験談です。 『ギュウギュウ詰めの人の熱気と暖房で、車中の誰もが不快感を感じていました。そんな時、後方から赤ちゃんの火の点いた様な泣き声が聞こえてきました。次のバス停に着いた時、何人かが降り始め、最後の人が降りる時、後方から「すみません!降ります!」と女性の声がしました。その声は泣いている赤ちゃんの母親の声でした。 赤ちゃんを抱いた女性が降りようとすると運転手さんは「どこまで行かれるのですか?」と聞きました。 女性は小声で「終点の駅まで行きたいのですが、子供が泣くのでここで降ります」と言いました。 すると運転手さんは「ここから駅まで歩くのは大変です。目的地まで乗って行って下さい」と言い、急にマイクで「皆さん!このお母さんは駅まで行くのですが、赤ちゃんが泣いて皆さんにご迷惑がかかるからここで降りると言っています。赤ちゃんは泣くのが仕事です。どうぞ皆さん、少しの間赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せて行って下さい!」と言いました。 少しして、1人の拍手につられてみんなの拍手が返事となりました。お母さんは何度も頭を下げていました。 今でもこの光景を思い出すと目頭が熱くなり、ジーンときます。私の大切な心に染みる思い出です。』   運転手さん。。。 私からも言いたい。 心を込めて、ありがとう。 All Mothers in the World Thank You.

journal

2013/02/25

i think… this may be my ultimate FAVORITE thing about being a yoga teacher. YOGA changes lives. ヨガを通して、人生を本当に変える人がいるの。 私も、自分の経験として、そんなことをよーく知っているからこそ、今、このような形でteacherになることができる。 Teacherと言っても、「先生」である以上に「先輩」ぐらいのほうが実際のところ真実に近いを思うのですが。 最近、ヨガが人の人生を変えるpowerを持っていて、根本的な変化を促す活動である、ということについてよく考えています。これって逆に言ったら、内側から始まる、そんな本質的な変化を求めている人たちがヨガに導かれたり、または変化の準備が整った方たちが、準備ができた分だけの「きっかけ」に出会うのではないか、とも思います。 昨日のSundayは、vedaで私にとっても初であるヨガ集中講座Intensive Study Circle(ISC)の初回クラスを終えました。 昨日の私は、朝8:00~ 3時間、いつもの日曜マイソールクラスを指導して、休憩を挟んで午後におよそ3時間のインテンシブ講座でした。この日のvedaは、朝から美しい光に包まれ、なぜかいつにも増して輝かしい空間に見えました。みんなが来る前に、自分の気持ちを集め、「場所」と統一するmeditationもしていたの。 だからISCクラスが始まった時、私もあまり緊張せずに、とてもいい集中力でクラスをleadすることができたように感じました。ものすんんんごく濃くて、OPENで、Beautifulで…。それはもう言葉にはならないsharing…、いやあれはもうoutpouringでした。春のお天気雨のように降り注ぐ想いが、みんなそれぞれの心から溢れ出てきて、vedaの空間でとけ込んでひとつになっていきました。 thank you, Thank You, … THANK YOU, to each one of your beautiful and open hearts. そしてこのISCの機会に、大きなチャレンジである「変化」を望んだ勇敢なheartsへ。 私こそ、みなさんとこのような形でご一緒させていただけることが喜びであり、誇りであり…。 そして…、   「好きです。」   みんなのことが。(笑) So much more to share… [...]


beauty

2013/02/19

半年ぐらい前の出来事だったと思います。 ある晩、夢の中に聞いたことのない言葉が出てきたんです。 nard. はっきりと、英語でその文字が出てきたの。 一度も聞き覚えのない言葉だったのですが、あまりにはっきりと見えたから、翌朝気になって調べてみました。 そうしたらnardとは、spikenardというハーブの一種であることがわかりました。 どうやらこのハーブ、ヒマラヤ地方でしかとれない非常に高価なハーブであるらしく、聖書の中でも多く登場し、特にはイエス様の足を洗う、とても印象的なシーンで登場するらしいのです。新約聖書ヨハネ12章1~10節。 その時、マリヤは高価で純粋なナルドの香油一斤を持ってきて、イエスの足にぬり、自分の髪の毛でそれをふいた。すると、香油のかおりが家にいっぱいになった。12:3 だそうなんです。 それで、この香油が気になって、注文してみました。 結構独特な香りを持つ香油なのですが、どうやらこの香油、ヒマラヤ地方でしか取れない高価なものである他、とても高度な波動を持ち、メディテーションや内省を深めるというスピリチュアルな効果が、古代から大変貴重であると伝えられているらしいのです。 なんか、その時の私に必要だった処方が夢を通じて届いたのでしょうか?? 夢の次元からのメッセージ。ちょっと不思議な感じもするけど、今でもこの香油、時々香りが恋しくなっては枕元のアロマディスペンサーで使っています。

food

2013/02/18

vedaの冷蔵庫に保管していて、 よく私が口にしているsuper foodのひとつがこちら、Bee Pollen.蜂花粉なんです。 日本のお店ではほとんど見かけることがなく、外国でもそんなにメジャーなものではないと思いますが..。 蜂花粉は、栄養学者の栄養学者とも呼ばれる、現代food healing&栄養学の博士David Wolfe氏がお勧めする、ミラクルフーズのひとつなんです。 お味は、、、独特な食感と口当たりがあって(ちょっとぼそぼそしています)、正直そんなにおいしい!と感じるものではないのですが、ほんのちょぴっとしか必要ないので、苦ではありません。Bee Pollenは自然界で見つかる天然フーズの内、もっとも「完全」なcomplete foodsとして多くの栄養学者たちに提唱されています。アルカリ性食品でもあり、抗酸化作用もとても強力な蜂花粉。その効能には:滋養供給、ヒスタミンによるアレルギー症状の緩和、免疫力を高め、長寿を後援する、などがあります。 また、植物性食品の内もっとも高品質なタンパク源でもあるので、ベジタリアンには最適です。私は毎日ではないけど、摂取する際はよく練習後に飲んでいます。ちなみに、息子にも2歳ぐらいからちょっとずつあげているのですが、息子は始めて食べた時から味や食感にまったく抵抗がなく、多くの子供たちはOKみたいなんです。子供って、ほんとに良いものを良く知っているんですよね。(*注意:蜂蜜同様、蜂製品はお子様にあげる際、2歳〜がbestであり、最初は少量からスタートして、様子を見ながら与えると良いでしょう。) 日本で購入するなら、やはりネット販売が簡単かも。 購入を考える際には、くれぐれもオーガニックで高品質のものを選ぶようにご注意くださいね。蜂製品は特に(蜂蜜やロイヤルゼリーなども含め)、かなり凝縮された状態で販売されるので、オーガニックでないと農薬の危険性も増してしまいます。高品質なアイテムを選ぶ際には、遮光瓶で守られているものを狙ってみてね。   ps. vedaではISC『YOGAインテンシブ・スタディ・サークル』の通信受講の受付が開始しています。詳しくはこちらをどうぞ:) ※※そして!!今年のvedaアニバーサリーにはなななんと、my first yoga teacherでもあるケン・ハラクマ先生を招いて、vedaで特別クラス&トークを開催いたします。マイソールクラスの最初の25名枠は予約がいっぱいになっておりますが、その後は16:30頃〜18:30まで、順次スタジオにご到着順にご案内させていただきます。練習時間も当初の予定より1時間繰り上げて、全体のクラス時間を延長させていただいたため、より多くの方にご参加いただけるかと思います。ぜひこのspecialな機会をお見逃しなく!詳細はこちらをご覧ください☆


journal

2013/02/04

今日2月4日で、vedaでの朝マイソールクラスは3年目突入☆ 2011年3月3日のグランドオープンのおよそ1ヶ月前にマイソールクラスを今の場所へ移動しました。あの頃は寒くって寒くって。スタジオ前の歩道に、早朝まだ暗い中登校する生徒さんたちが、雪の日に「We♡veda」ってらくがきしてくれたの、思い出深いなぁ!So Much LOVE!!!みんなに勇気づけられて、私も早起きが相変わらず大好きです:)これからもどうぞよろしくね! ということで、今日は早起き現代ヨギー&ヨギー二の強い味方となること間違いなし!楽しい便利アプリの紹介です。私も最近使っているよ〜。 こちらの情報、vedaマイソールのアシスタントとしても活躍していただいている、akikoさんがちょっぴり興奮気味にシェアしてくれました。せっかくなので、彼女に紹介文を書いてもらったよ! ーーーーー 寒い日々が続いていますが、皆さん、すっきり起きれていますか? マイソールスタイルの練習を続けていらっしゃる方はもちろん、誰でもお仕事や育児で、早起きしなければいけない時がありますよね。この時期は特に、布団から出るのがつらいものです…。 今日はiPhoneユーザー必見!スッキリ起きられる目覚ましアプリ、”Sleep Cycle alarm clock”を紹介します。  以前私は、大の早起き苦手人間でした。ぐっすりと寝ている最中に、けたたましいアラーム音で目覚めさせられる程、不愉快なことはないですよね(笑) 無理矢理起こされて、意識の奥では「起きなきゃ〜」と思いつつ、「あと5分だけ…」と二度寝… そんな日は、目が覚めた後も後悔があったり、だるさがあったり…。 負のコンディションが抜けないままヨガの練習に入るので、もの凄く身体が重い! しかし、この”Sleep Cycle alarm clock”を愛用するようになってから、多少の寝不足でも次の日スッキリ目覚められるようになりました。 この優秀アプリ、”Sleep Cycle”はその名の通り、眠りの周期、いわゆるレム睡眠とノンレム睡眠の周波を感知し、ユーザーの睡眠が覚醒しているタイミングを見計らって起こしてくれるのです。 しかーも!ユーザーの寝返りなど、睡眠中の動きを記録し、徐々にユーザーの睡眠パターンを学習して、起こしてくれるようになるお利口具合。 そしてそして。もう一つの驚きはアラーム音。 音というより、癒しの曲と言いましょうか。 どの曲も「こんな曲で起きれるの!?大丈夫!?」と心配になるくらい静かな音ばかり。波の音なんかもあります。 もう一度寝ちゃいそうな、癒される曲ばかりなのに、眠りの浅いタイミングに流れるとスッキリ目覚めることが出来るので本当に驚きです!  その他、毎日のバイオリズム記録を見るのも楽しみの一つです。 私自身、飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして寝てしまった日は、全然深い眠りに入らず、グラフがガタガタだったりするので、自分のライフスタイルを見直すきっかけとなっています。 まるで優しいお嫁さんのような”Sleep Cycle alarm clock”、DLは85円で格安です。 似たようなアプリ「快眠サイクル時計」もあり、こちらは無料です。 自分の睡眠サイクルに合わせて目覚められることはとても快適なもの。ぜひこの体験を一度味わってみて下さい:-)                                     akiko cindy —————————————-   そんなこんなで、私の中では「おもしろいアプリの発想があるんだなぁ〜」って、すっかり感心していた矢先に、なななんと、今度は新潟studentのIさんから、さらなるヨギー愛用アプリ情報をget! こちらはなんと、ヨガ後の休息のひとときに、朝の出勤前であってもぐっすり休め、穏やかに目覚めること間違いなし、「ティーンシャ」の音でアラームしてくれるアプリです☆こちらはIさんのブログで詳しくどうぞ。 気になるね〜。 そして、愉快だよね! Iさん、akikoさん、楽しい情報ありがとう!