archive

2013年3月


philosophy

2013/03/29

ヨガをすると、自分の中で最も本質的な部分に戻ってくる感覚がある。 だから、どんどん、だんだん自身にとって最も気持ちいいものを選ぶようになり、自然派志向になる人が多いのだと思う。 それは、ルールや概念に従おうとするからというより、自分の中の体験としてそんな「感覚」が芽生えてくるから、なんら逆らえない真実として、本当に気持ちいい!正しい!と感じる、納得いくものを、自身の生活において選択していくことだと思う。 私は家で紅茶を飲む時、このdecaf teaが好き。 decafじゃないものに劣らない、むしろ普通の紅茶よりおいしい風合い。…なんだけど、正直言っちゃうと、オーガニックだったらなおbetterなのに、と思ってしまう自分もいます。 でもオーガニックの紅茶って、なかなかあまりおいしいのがなくて、いろいろ試しているけど未だ納得のいくオーガニック紅茶に出会ったことがありません。 私の中のオーガニックって、格好つけるためでもないし、ファッショナブルであるためでもない。 だから、味をそうそう犠牲にできない。 最近はオーガニックをうたうファッションブランド、カフェ、サロンなどいろいろあるけど、私の中のオーガニックって、本当にORGANIC = 自然に親しみ、ゆったりと質素なもの。そのためには、主婦感覚で買い求められるものであってほしいのです。 一時の流行のように「オーガニック!」って騒いで、格好付けて終わるものであってほしくない。 だから、これからの時代「オーガニック」をビジネスにつなぎ、多くの人々に提供していく人達は、お茶一つとっても、オーガニックではないものよりおいしい「オーガニック」を作らなくてはならないと思っています。 値段の面でも、原価がもっとかかるという実情がありながらも、消費者にとっては主婦視線で買い求めてほしいと望むので、最安値!とまではいかなくても、少なくてもnonオーガニックのものと対抗できるような価格帯であってほしい。 ようするに、オーガニックが本当にいいからと言って、オーガニックの普及に努めるものは、オーガニックを「普通」のものにしていかなければならない。背伸びするものじゃなくて。 デザイン性、機能、味なんかで「ちょっと我慢して!」って消費者に対して言わなければならない内容で「オーガニック」なんて言い出したって、しょうがないと思うのです。そんなの、ある意味、変革期である今の時代に、大切な選択を変えようとしている庶民に、ちょっと無理な注文をつけるようなことではないかと思うのです。 確かに、私達は人間として、過去の人間が地球に、人に、そして「健康」というものに対して行ってきた”あやまち”を修正していかなければならない時代に来ていると思います。 でもね、このあやまちは”あやまち”。だって、過去の人間だって、悪意をもってやってきたというより、その時はその時の理由があったのだと思うのです。農薬を使って、生産量を莫大に増やし、価格を下げていった。そしてこれまでの私達は、そのことによって利便性や手っ取り早さなど、何かを得てきたことは間違いないのだから、そのすべてを「悪いもの」として一概に否定することはできないと思う。 この”あやまち”は無知によるもの。 あの時、その選択を選んだ人間、そしてそれを購入してきた人間は、地球に対して、人に対して、自分に対して悪さをしようとしてきたのではなく…。 ただ、ビジョンが足りなかったのだと思う。 そのことは、過去の自分の個人的な”あやまち”を否定することができないのと同じように、過去の人間がしてきたことも否定できない。 そんな今ある事実を受け入れることが、今の私の中で一番心が落ち着くところ。 だって、今の自分だって、完全ではないのだし、未来の自分から見たら、まだまだ未熟な、無知なところがあると思うから。 私達は、いつも発展途上中。 人間は、人間である以上、”あやまち”は避けられないこと。 けど、それはいつだって最終的な終止符でもない。 だからこそ、気づき始めたら変革を起こし、新たな選択をしていく勇気とintegrityが大切だと思う。 Integrity. i LOVE that word. なーんて、あくまで個人論ですが。。。 そしてさらに、オーガニックアイテムのプロデュースに関わるようになった今、自分で自分に思いっきり火をつけるようなことを言っていますが…、 本当に思うんです。 こういうこと。 「ベジタリアン」についても同じ。 ベジタリアンでありながら、ノンベジの人々を否定していたり、ストイックでひもじそうな食生活をしていたら、世の中が「ベジタリアンとはそういう人」と思う機会が増えてしまうでしょう。そんなの、残念すぎる。 ベジタリアン。健康的であってこそ、happyであってこそ。背伸びして無理なルールに従うのではなく、心身ともに納得のいく選択である時に、選んだらいい。 オーガニック。 おいしいから。気もちいいから。最高だから! 大自然の力に戻ることで、納得のいく、究極的に気持ちいい品をつくって行くことは可能です。再生するのに、少々時間がかかるダメージもありますが、生命は、必ず再生していきます。 そして人間が手を加えるものより、遥かにおいしい!気持ちいい!最高なものをつくってくれます。 結局、人だって大自然に基づく、生命の一部なのですから、それはもう母の懐に返るように、あったりまえで安心感ある、温かなぬくもりだと、間違えなく感じられるでしょう。 それだけで、十分ではないでしょうか? きっとそんな大切であったりまえなことを再確認し、互いに目を見つめ合い、うなずき合う未来が、近い将来にくるのではないかと思う。 ※More about オーガニックコットンや「気づき」については、こちらの過去の記事(2011/12/07)を見てみてくださいね。

journal

2013/03/26

先週末は、busy scheduleの合間をぬってお花見へ行ってきました。 どんなに忙しくても、お花見は絶対にしなくちゃね!日本人のspiritに春が来た感を灯さないと。(笑) 今年は、なななんと、十年ほどぶり(?!)に私の母校であるICU国際キリスト教大学へ行ってきました。 というのもうちの大学、キャンパスが日本一を争うほど美しく、もと滑走路だったというエントランスからの大きな道は、桜並木なんです。 三鷹市にあるので、都心の桜に比べたら、まだ7分咲きぐらいだったかなぁ。 とはいえ、素敵なholiday picnicになった他…、3歳の息子を連れて母校の大学に返るexperienceはもう、言葉のないnostalgicな不思議さあふれる経験となりました。 4年間通ったキャンパス。 試験後に「ダーーーッ」って力を抜いてゴロゴロしに行った本館校舎前の原っぱを、息子と一緒に駆け巡り…、 5年ぶりぐらいに会った大学時代の仲間Rくんも、いつの間にか同じ3歳の娘を連れて、こんなポケットですっかり子煩悩。(笑) あ、ウルトラマンはmy sonのものでしたね。(笑) 子供たちがすぐ仲良くなって、昔のキャンパスで一緒に遊ぶなんて、なぁ〜〜んて幸せなことなのでしょうか。 ちょうど新入生向けにオープンキャンパスをやっていたので、校舎に入ってみると、中はやっぱり、あの匂い。 何なんでしょうね、、学校の… 紙とテキストと鉛筆「B」をかけ合わせたような、何とも言えないSchool Smell. 4年間友達とクラス間休憩の時間をたくさん過ごした、あの懐かしのラウンジテーブルに、息子と一緒に座ってみました。 心の中心の随の部分は、あの頃と変わらないのに、いつの間にか10年。 その10年で経験したことは、、、結構たくさん。(苦笑) 息子に、「ママはね、この学校で勉強していたんだよ」と言ってみると、 「ふーーん。何歳の時?5歳の時??」とサラリと聞かれる。(笑) 「いや、、、この学校は…、もうちょっと大きい子供の学校で、にじゅっさいぐらいの時」と話してみた。 本館校舎裏の桜も、とてもキレイでした。 4年間この場所に通ったなんて、なんて幸せなことだったんだろう。 友達と一緒に、一つひとつ指を指しながら、 「あの建物でフランス語のクラスがあって、あっちの教室でコミュニケーション勉強して、そうそう、あの建物はサイエンス系だったからあまり行かなかったねぇ」なんて話していました。 すっかり忘れていたことが、タンスの奥の方の引き出し開くように、じわじわと湧き出てきたと思ったら、結構正確に覚えているものです。 私がどうしても息子を連れて行きたかったのが、ココ。 在学中、私が密かに心のよりどころにしていた、本館校舎裏の松の木たち。 雨の日になると、ここぞとばかりに、あなた達から漂う香りをかぎに行っていました。 こんにちは。 戻ってきたよ。 私はこの10年もの間、世界中いろんなところへ旅に出たし、心の中ではもっとさらにたくさんの距離を歩んできたよ。 あなた達はずっと、この場所で、生徒たちの表情だけを見て、時の流れを感じてきたのだろうか。 会いたかったよ。 かおりたかったよ。 あなたの匂い。 You know my beginnings… And i still feel you in my heart.


journal

2013/03/25

今月16日に発売となった、my New Bookです☆ 昨年度NHK Eテレ『きれいの魔法』という人気番組でアシュタンガヨガを紹介させていただき、番組放送後のフィードバックがとても良かったことから、番組と連携している雑誌「きれいの魔法」で1年間”Everyday Yoga”という連載を書かせていただきました。 そこから発展した、書籍の企画。番組でしていたように、アシュタンガヨガのメソッドを、初心者にわかりやすく丁寧に紹介しているHow Toページをベースに、連載で綴ってきた、ヨガがどのようにして実生活に活かされていくか、というmy経験をたっぷりシェアしている本です。 個人的には、連載でご一緒させていただいたスタッフが本当に素晴らしかったので、このような形で美しい本にまとめていただけて、本当に嬉しいんですぅ〜!!カメラマンのTさんとは相性が抜群。写真も、ヨガと共に暮らす私の世界観をすごく捉えていてくれて、デザインも美しい。編集者のKさんご自身、vedaでしっかりとプラクティスを重ねて下さっているだけあって、文章もさすがのまとめなのです。本当に心からお勧めできる一冊なので、みなさんにお手にとっていただければ光栄です:) SingerのHitomiさんも、いつの間にかブログで紹介してくださっていて…! veda studentが見つけて教えてくれたの♡ いつもみんな、本当にありがとう! Hitomiさんとは、今発売中の日本版Yoga Journalで、彼女の新連載の第1弾でご一緒させていただいています☆こちらも要チェック:) いつも表紙・巻頭を担当している季刊誌YOGINIも、先週発売になりました。 春らしいカラーの表紙、とっても気に入っているよ! 今回の連載は、「私への問いかけ」がテーマです。 さてさて、vedaではヨガ集中講座ISCが始まってから、最早昨日で3回目のクラスとなりました。 真摯に自分と向き合い、ヨガを学び、深めようとしている生徒さん達と共有する時間は、いつもRich&Inspiring. ISC(インテンシブ・スタディ・サークル)は、2.5時間のlong classが特徴でもありますが、このクラスがすごく人気で、みんなの熱心な想いも集まり、通常クラスではなかなかそこまで掘り下げてカバーできないようなことに、ズバズバ攻めていっています。 さらに、講師として、私から一方的に発信するだけではなく、みなさんのアクティブな参加を促し、一人ひとりご自身の体験へと結びつけていただく、「経験」を通しての学びの場となっています。 vedaではもちろんですが、こんなクラス、地方へ行く機会でもぜひ実現したいなぁー、という思いを実行に移したのが、来月長崎で開催される週末集中スペシャルワークショップ。 こちらの企画では、初めて地方向けに、3日間に渡る集中メニューで、固まった時間しっかりと伝統的なヨガメソッドを学び、体験し、ご自身でできるようになるように、メニューを組ませていただきました。長崎には以前からよくワークショップで行っていて、ゆかりのある生徒さん達も多いのですが、こちらの3Daysプログラムでは、ヨガ初心者の方から経験者の方まで、体だけに留まらないヨガのメソッドを味わい、日々の練習を身につけ、深めていくよう考えているので、ぜひ九州地方の方はtryしてみてくださいね!私もとぉ〜〜っても楽しみにしています☆

beauty

2013/03/21

みなさんは、毎日の歯磨きに、何を使っていますか? Natural&Organicを選ぶ生活をするようになっても、家の中のことや毎日の習慣で使うアイテム。全部一挙にchange!という訳にはなかなかいかないと思うので、じわじわと、気づいたところから変えて行くのがmodern womanのバランスではないかと思います。 それでいろいろ試してみて、「コレ、いい!」って感じるものからリピーターになって行くのですが、毎日の歯のケアーに、私が行き着いているのがこちら。「PEELU」シリーズでございます。 歯磨き粉って、完全100%天然成分って、かなり難しいアイテムだと思います。たぶん、ほんと〜〜に100%Naturalで行こうと思ったら、vedaのオーガスト先生のように、Natural塩で磨くのが一番だと思います。 でもね、これに関しては私はまだ「Bubblesがほしい」と個人的には感じてしまうところで、お塩だけだとちょっと淋しいんです。 そこで気にいているのが、天然成分PEELU配合のナチュラル”系”歯磨き粉。PEELUとは、健康的な歯を保つために、アフリカやインドの人々が、1000年以上に渡って歯ブラシ代わりに噛み噛みしてきた木なのです。ナチュラル成分なのに、そのホワイトニング効果は目に見えてしっかり! 写真は、アメリカンcompanyによってシリーズで出ているものなので、flavorやタイプも選べていろいろ。最近は日本でも近所のスーパーに置いていたり、買い求めやすくなっているので、よかったらぜひトライしてみてね。 ちょっとずつ、こんなhouseholdで毎日使っているアイテムを紹介してみようかなぁ…!! 何気なく使っていても、毎日のことって、大切ですよね。


journal

2013/03/16

気になっていた、デザイン あ展。 今週はハードなweekだったから、今日のholidayはしっかりholiday気分を味わいたく、た〜っぷりいっさピョンとデートしてきました♡ 「とってもいいよ!」とは聞いていた、あ展。 NHK Eテレで放送中の教育番組「デザインあ」を、六本木MIDTOWNの21_21 DESIGN SIGHTで展覧会に発展させた企画です。 こちらのバージョンも☆ 思っていたよりもさらに良かったし、3歳半のいっさピョンには早過ぎないかちょっと心配だったけど、行ってみたら十分に楽しめる内容でした。 むしろ、お子様のいる方は、絶対に子供と一緒に行かないと、損! 中に進むと、いろいろな参加型のアクティビティがあるのですが、まずはこちら。 自分の「あ」を思うままに描く、「あ」絵画。 こちらは、いっさと私が一番気に入った展示。 4面スクリーンの四角いお部屋の中で、オリジナルコーラスのmusicと作品を楽しむお部屋。 作品がすごくwondrousでかなり魅了され、二人で連続で3回ほどview。母としては、魅了されている息子のfaceにさらに魅了☆ 思わず写真たくさん撮っちゃいました。 部屋の中心には、丸テーブルにいろんなアイテムが展示されていましたが、中でもこちらのクラシックなファミコンが、私のツボでした。(笑) 昔はお兄ちゃんと一緒によくやったなぁー。 「あっ」faces☆!! こちらのセクションでは、積み木のようにパーツに分けられた本を、自分で組み立てて独創的な本を作るコーナー。 いっさと私が作った本棚がコレ。 となりの「注文の多いキリギリス」というのも気になります。(笑) こちらは中庭に展示してある、大きなgarden「あ」。 展示会期間中のおよそ4ヶ月間の間、「あ」の変化を楽しめるという、生きた作品です。 今日は2つのお花が咲いていたよ:) これも、気に入ったなぁー。 器のデザインをほどいたディスプレイ。クリエイティブ脳をundoしてくれるような作品でした。 最後に、エレベーターのボタンまで、「あ」!!! 何が一番素晴らしかったかって、ひと言で言ったら、観客を観客に留まらせることのないinteractionでしょうか。 あ展、6月2日までやっていますよ。 ISCのためにvedaまで地方からくださっている方々にも、ぜひオススメ! みんなも楽しんできてね〜。


journal

2013/03/11

昨日のSundayは、vedaでヨガ集中講座Intensive Study Circle(ISC)の第2回クラスの開催でした。今回のテーマは『チャンティング』。 クラス準備から当日まで、すべてのプロセスがsuuuuper楽しくて、2.5時間をフルに「チャンティングについて」だけに使ったインテンシブクラスは、私にとっても斬新なクラスとなりました。 今回のvedaのヨガ集中講座。「指導者の養成」ではなく、あくまで1練習生としてのヨガプラクティスを深めることを目的とし、「Study Circle」と呼んでいます。ココでは、ヨガについての内容をカバーして、学ぶ、一般の学問的なスタイル以上に、毎回その場で受講生のみなさんと一緒に「ヨガの時間を共有する」ことを大切にしています。頭も必要なところで、必要なだけ使うけど、頭の中の理解を体で体感できるよう、実体験にまでつないでいくことを目的としています。だから、毎回スタジオに漂うenergyは、濃いし、powerfulだし、とても温かい。 (オンラインでISCの開催内容を閲覧するYOGA ISC ONLINE 2013については、詳しくはこちらをご覧下さい。) 今回のチャンティングクラスで私が一番に伝えたかったのは、「チャンティングプラクティスの本質にあるもの」。それは、チャンティングを祈りや宗教的な理由で使う以前に、ヨガのプラクティスにおいては音の振動を活用することで、心身ともに浄化を促し、人のエネルギー体の調整を計らうことが可能な、スピリチュアルプラクティスであるということ。「音」もenergyですからね。 例えば、私達がアーサナ練習を通して、血液、リンパ液、骨格のゆがみなども含め、人体における気の流れを整え、浄化していくことが可能になるように、サンスクリット語の神聖な音の振動を扱うチャンティングプラクティスは、音の波動を使って、特には神経システムの浄化に効果をもたらし、人の存在エネルギーに影響を及ぼすものなのです。 すべてのヨガプラクティスに共通して言えることだと思いますが、それは、なんせいくら言葉で説明してもつかみづらいことでして、チャンティングプラクティスも、アーサナ練習と同様に、まずは体験してもらうことが一番なのです。 昨日のクラスでは、じっくりと「原始的な音のもつパワー」について語っただけ、「マインドの本質」にも迫るクラス内容となりました。音と人の心のつながりについても、実際に生徒さん達に味わっていただきたく、みなさんのアクティブな参加ありで、いくつかの「実験」を行いました。 その効果は…   絶大。   最高でした。 場のenergyも、みなさんの溢れる想いも。 昨日のクラスでは、なるべく確実に、わかりやすく語りかけるよう意識してはいたものの、相当な内容をカバーしたので、みなさんカリカリノートをとっていく音が、すんごいスピードに聞こえたよ!! ISC、次回第3回は3/24(日)開催。「呼吸法・調息 入門」がテーマです。 毎回2.5時間では足りないほどの濃い内容をカバーしているので、どんどん進んで行く感があるけど、まずは今から次回クラスの間でわからないことや気になること、チームメイトたちと分かち合ってみてくださいね。それでみんなでなかなか解けない、わからないことがあったら、またクラス時に質問ください。 そうそう。 昨日はみんなの質問もすばらしく、どの質問も、それに応えていく中で、クラス全体の理解が深まっていったように感じられました。 素晴らしいです。 また、次回第3回ISC「呼吸」の回では、2013年ISCで初めて単発受講生を、限られた人数のみ受け付けさせていただきます。 通常のインテンシブコース受講生に加わり、『呼吸』についての学び、そして体験を深めてみたいという方は、ぜひお早めにスタジオの方でご予約くださいね。クラス説明文はこちらから、そして単発受講に関する詳細は、こちらからご覧いただけます。 とにかく、この先がどうなるのか、どんどんワクワクになっていくISC。 次回「呼吸」の回では、どんな知恵に触れ、自分の体の中で、心の中で、どんな扉が開いていくのでしょうか。楽しみです!   昨日のクラスの最後には、3.11震災から2年、今日のこの日のために、May All Beings Be Happyという、平和のためのチャンティングを行いました。 今日のこの日に、all our hearts go out to those who suffered from the disaster. みんなの心に幸せと安らぎが戻りますように。。。


journal

2013/03/07

my studio vedaは、おかげさまで3月3日に2歳になり、おとといの3月5日(火)にはmy first yoga teacherケン・ハラクマ先生を迎え、specialイベントを終えました!! まずは、ケン先生のチャンティングで始まった、夕方のマイソールクラス。 東京の仲間達はもちろん、この日は長崎、滋賀、山形、福島など、遠方からの生徒さん達も多勢いらしてくださり、素晴らしいenergyで楽しいクラスができました:) 指導中もおちゃめなケン先生☆ マイソールスタイルのクラスでは、一人ひとりの生徒さんと、親密に関わり、練習を深めていきます。 何年か前に一度だけ、YOGAFESTでケン先生&他数名のteachersと一緒に合同BIGマイソールクラスを行ったことがあるのですが、それ以外では、何気にケン先生と一緒にクラスを担当するのは、初めてだったのです。 同じアシュタンガヨガでも、いろんな指導スタイルがあるかと思いますが、そんな中、ケン先生とはすんなりとsimilar style, similar energyでmysore roomのenergyを抱えられる気がしました。 並んでアジャストしている写真は… 新鮮! … 下に… 人がいます。(笑) 気もちいいはず。。。きっと。(笑) These photos are by ケン先生のassistant, Ayu-chan. こちらのFBページアルバムで、Ayu-chan撮影のphotoがいっぱい見れるので、ぜひチェックしてみてくださいね♡ 引き続き、Ayu-chan photoを少し。 私も練習させてもらっちゃった☆ 大好きなVEDRUSSのギャザー・レギンスinチェリーピンクを着ているよ:) いつもは自主練ばかりだから、スタジオでみんなと一緒に練習できるのが、めちゃくちゃ幸せだった! 見守る先生&students… こちらはスプタ・クルマーサナ、亀のポーズ。見かけほど不快ではない。(笑)感覚を内側に向けやすいポーズ。 ウルドヴァ・ダヌラーサナ(上を向いた弓のポーズ)。 このポーズはかつてグル、シュリ・K・パタビジョイス師が「最も重要なポーズ」とも言っていたポーズで、アシュタンガヨガの練習メニューのハイライトとも言えるでしょう。深いバックベンドは腰から中枢神経を刺激し、胸腺を大きく開き、全身の神経システムの浄化を強力に促します。 vedaのBirthdayに、たくさんお花やカード、そしてプレゼントをいただいたの〜! みなさん、いつも本当にありがとうございます!!(涙!!) Eveningの部では、ちょっとだけ感謝の気持ちを込めて、ご挨拶させていただき、その後に多勢の方にお集まりいただいたケン先生とのトークを始めました。 ケン先生もノリノリ! めっちゃ熱い、楽しい、深〜〜いヨガ話をたくさん聞かせていただきました。 こちらは、改めてスタジオの方からもレポまとめたいと思います! 記念撮影with some students : ) みんな、いい顔しているね! そう、この日のもう一つのsurpriseと言えば… veda studentでもあり、NHK出版雑誌『きれいの魔法』で1年間私の連載ページを担当してくださった編集者Kさんが、できたてホヤホヤのmy bookを持ってきてくれたんです!! 素敵に仕上げていただき、本当にhappyです!! [...]