archive

2013年5月


journal

2013/05/31

日曜の晩に軽井沢から帰って来て、今週は取材撮影がいろいろ重なっていてなんだか忙しかったー! 月曜日には、vedaで人気ブランド「As Know As de base」のタイアップのお仕事for クロワッサンmagazine。 すっごく素敵なお洋服で、着ているだけで気持ちよかったぁ:) My stylist Kさんが、私のイメージに合う服をセレクトしてくれたんだけど、これがまた最高。 vedaでの撮影で、ネパールの旗をいかしてくれたのもso lovely. みんなはいつも練習やクラスのスペースとしてしか見ることがないけど、クラス以外の時間で、vedaはこうして撮影スペースに早変わり。 vedaに入る光と、光を通すお洋服の感じが絶妙でした。あがりの写真がとっても楽しみ☆ この日のランチは、担当者さんがよく使っているという、中目黒にあるRED BOOK CAFEからのスペシャルケータリング。 お野菜や果物たっぷりで、本当においしかったからどうしてもブログに書きたかった! アスパラガスの炒め物にはとうもろこしのソースがso sweet and tender…、その下のコロッケらしきものがひよこ豆でできたフェラフェル。 おにぎりはごぼうとしいたけの炊き込みご飯で、大満足でしたぁ!! この日は連続撮影。 午前中の撮影が終わったら、午後にはスタジオに取材が入りました。 BSジャパンの番組取材だったんだけど、こちらはO.A.後まで内容がヒミツ♡ 実は、先月ぐらいからvedaでは、VEDRUSSのアイテム販売のこともあって、スタジオ内に6月〜ショップスペースを設けようよ、と話していたのですが…。突然決まったこのBSジャパンの取材内容が、ファッションも兼ねていて、VEDRUSSをピックアップしたいということだったので(めっちゃ嬉しい!!)、スタジオスタッフと一緒に急遽プランを繰り上げて、スタジオ内にミニショップを作りました。 VEDRUSSの新作アイテムはもちろん、他にもオーガニックコットン仲間のVIRI-DARI desertaのタオル類(ヨガの際にお忘れになった時にはぜひ試してみてください!最高な肌触りです)、そして私の書籍など。 あとはいっさと私が大好きでいつも愛用している子供服のminimiocheなど、他にも私が本当に好きで、心からお勧めできるアイテムをじわじわと増やしていく予定です☆ 今週は日曜日にラスト回ISCもあるけど、vedaクラスにお越しの際は、ぜひショップスペースへも気楽に立ち寄ってみてくださいね☆ VEDRUSSはalways試着可能である他、レンタルウェアとしてのご用意もあります。 オーガニックコットンの一番の良さは、何て言ったって着心地と肌触りですから、まずは一度お試しいただきたいのです。 今週は、他にも月刊クーヨンの取材撮影がありました。 VEDRUSSの新作でお気に入りのアイボリーホワイトの上下を着て、頭にはインドのスカーフ、耳にはネパールの私物にピアス。 素晴らしきネパールのenergy、いい感じでひきづっています。(笑) 撮影当日の様子は、いつもリアルタイムでTwitterやInstagram、そして最近はFaceBookにもUPしているよ★ こんな感じでプロフィールショットを撮って、 今回の取材テーマは「健康法」だったので、ヨガと瞑想のイメージも。 クーヨンのスタッフは、all女性:) 最近は少なくありません。そしてit’s so wonderful that we can have children, raise a family, and be great [...]

journal

2013/05/25

待ちに待ったイベント、TRUE NATURE in軽井沢が、昨日から始まりました☆ 私は昨日の朝、軽井沢入り。 駅に到着したら、TNスタッフがこ〜〜んなに素敵な乗り物でお迎えに来てくれていました。 今回のイベントのmain sponsorsの一社がMini Cooperさんで、特別にTrue NatureデザインのMiniが3台も届いていたよ〜。 この日の私服は、最近の要チェックブランドOSKLENのライトTシャツに、先週ネパールで買った手織りの100%パシュミナショール(色合いがたまらなく好き!)、BADのスキニーに、夏に大活躍するJimmy Chooのウェッジサンダル、DITAのサングラスだよ♡特に巻物系は、ヨガウェアの上からも一枚さらりと巻くだけでかわいさ断然UPだし、涼しい軽井沢の空気の中で重宝されるアイテムです。ヨガウェアに巻物、かなり便利でオススメだよ〜! 私はこの後VEDRUSSの新作、ネイビーのバギーパンツに、ivory whiteのダブルクロス・キャミ着用で、ネパールのショールを活かして、チェックインもしないまま直接クラスへ向かいました。 室内の会場だったけど、窓を大きく開けて、外には木がいっぱい。軽井沢の美味しい空気とそよ風をたっぷり感じられるスペースでした。 私のクラスの特徴は、アシュタンガヨガだけど、流れるヴィンヤーサの中でもしっかりとawarenessを育んでいくようその方法をガイドしていって、”ガンガン”にならない、やさしいプラクティスを行うこと。それには、ちょっとした瞑想や呼吸の時間が大切な役割を果たします。 初日はone class onlyだったけど、夜にはRARA Avisさんによるmusicを聞きに行ってきたよ。そして、すっごく良くてビックリ!RARAさん、ノートパソコンからDJしながら、時にはエレキギターを手に取って引いたり、マイクにつぶやいて歌っていたり..。New typeのmusicで、すごい才能を感じさせてもらいました:) そして迎えた2日目の今日。 朝はこんなに美しい1人breakfastから一日を開始しました。 鷹が飛んでいて、ガラス越しに見とれていました。 今日はゆっくりめのスタートで、12:00に会場へ。 スーパーバイザーのCyndi Lee先生のご挨拶で、Opening Session. 講師陣もひと言ずつご挨拶させていただきました。 アメリカ各地、オーストラリアなどインターナショナルな軍団です。 その後はシンディー先生のガイドで、ちょこっとアウトドア・ヨガ。 アクロ・ヨガのデモも。 わーい! 佐久間涼子先生、中原歩先生、そして森脇じゅん先生と☆ こちらは渋木さやか先生。 Opening Sessionで多勢の仲間達に会った後には、続けて自分の担当クラスへ。 今日は扇型のlayoutでやってみました☆2時間のゆったりクラスでしっかりと体を動かした後には、その分しっかりとお休みします。 今日はちょっと忙しいスケジューリングで、この後またまた続けてもう一度屋外の会場に戻り、Mini Cooperの特別クラスを担当しました。 屋外クラスということで、円形にマットを敷き、私もいつものアシュタンガとはちょっと違う、アウトドア向けの気楽なクラスを☆ せっかくの機会なので、ヨガが意味する一体感を味わっていただけるよう、 最後にはみんなで手をつないで、音のバイブレーションを使ったエクササイズをして、振動を通して共鳴する感覚を味わいました。 屋外クラスの時には、お子様連れの方も多く、すごーく和やかで幸せな雰囲気でした。 本当に多勢の皆さん、ご参加ありがとうございました☆ MINI大好き♡ MINI-girlsもsuper cute! 明日はもう1クラス担当して、その後東京に戻ります! TRUE NATURE、すっごく楽しい!! YOGAを自然の中でするのって、すご〜〜く豊な時間:)The Princeは、この手のヨガイベントに最適な会場ですね。 何より、YOGAを通じての仲間達とreconnectする時間を、大自然の中で持てることって、so 贅沢!!Love It!! [...]


journal

2013/05/23

ネパール ロケfor YOGINI magazineレポも今回でラスト。 ヒマラヤの山→ポカラの湖→バンディプールの村での撮影を終えて、最後に戻った首都カトマンズでの撮影より。 カトマンズでは、世界遺産にも認定されているお寺を2つ訪れました。 こちらは、朝早い時間に行ったボウダナートという巨大なストゥーパ。今回は、日本のネパール大使館からのサポートを得て、観光客にオープンする前の時間に入らせていただき、撮影させていただきました。 美しきネパールの大きな魅力の一つは、入り交じるチベット仏教とインドのヒンドゥー教の文化。「宗教」や「信仰」といった、人間の歴史上切っても切り離せない、人の精神を支える大切なものが、この場所では対立するものとしてではなく、無理なく、自然な形で共存し、同調する形として実在しています。 こ〜〜んな素敵な場所に、大好きなスタッフ、私の中でのYOGAを10年もの間撮り続け、一緒にartとしてcreateしている大切な仲間と一緒に行けて、本当に幸せでした♡ 今は基本的に進入禁止となっている、ストゥーパの上の方まで、私だけ入らせていただき、YOGINIのための撮影をさせていただきました。 こちらは、ネパールからinstagramでもシェアした、記念の1枚☆ ここの上がった時、私の心にはただ一つのことしか浮かばず、ただ一つのことであふれるまでにいっぱいになりました。   Lokah samastha sukhino bhavanthu May all beings in all the worlds be happy! 全世界すべての存在に、幸せがありますように…! これは、アシュタンガヨガのClosingのマントラの最後の部分でもありますが、この時、改めて心底感じました。 本当の祈りって、自分を主張して言うものではなくて、ただただ、シンプルになった時に、心から湧き出てきて、どうにも止められない想いであるんだ、と。 私は、自分の小さな心やそのさざなみが、そんな大自然の大きな流れを邪魔しないよう、透き通るように透明に、”よけて”おじぎをするばかり。 ありがとう、平和。 ありがとう、Love. If i just simply get out of my own way… you’ve always been THERE! ストゥーパの周りには一周小さなマニ車があり、それを触れながら、Om Mani Padme Humのマントラを言い、一周pranaamすることで、心は自ずとどんどん静まり返っていきます。周囲には、こーんなに巨大なマニ車も。 ストゥーパの周りに並ぶ商店街の一部に、ネパールでも屈指のマンダラart shopがあります。 大きな物では1~2年ほどかけて、artisansが黙々と色を塗り続けるというマンダラアート。 こんな具合に始まります。 だんだん色を付けて、ちょっとずつグラデーションを足して、、 [...]

journal

2013/05/21

プーンヒルでのclimaxを経て、3210mから再び長〜いトレッキング路を下ることに。 行きは丸2日間かかったハードな上り坂&階段だった道のりを、帰りは1日で下って行きました。 登り途中の1泊目、バンタンティという小さな村で泊まった山宿にもう一度戻り、今度はそこでランチ&休憩。 行きはあ〜〜〜んなにかかってやっとの思いでバンタンティから上の宿までたどり着いたのに、帰りはすぐに感じました。 宿のAunty&Uncle、そして一緒に働いている姪っ子girlと。 私は、山登り中のこの期間、ほとんどGBSKのfavoriteロングTで過ごしたよ!これはしばらく前のデザインなんだけど、今持っているGBSKの中では一番のお気に入りなんです。(GBSK.jpセール中らしい!) 山登りをしていると、腕とかすごく日焼けしやすいから、ロングTはマストアイテム☆ スタッフみんなとガイドさん、ポーターさんをみんな合わせると9名だった私達のチーム。ランチを注文してから少々時間がかかるので、スタッフは一休み。…というか、ガン寝! 昼寝姿連発。 まずは、編集長H。 相当キテマス。 カリスマ ヘアースタイリストのTさん。 なぜかものすごく準備がいい。(笑) いや〜、ほんっとそれだけ大変だったんですよ、山登り&下り。この日の朝は4:00起きだったしね、みんなかなりクッタクタ。 私はお昼寝しなかったけど、こんな感じで足を出して涼みました。 ここから先はウールの靴下はもう適さないし、ズボンも軽いものに履き替えました。まだまだ長い下山路ですから、ちょっとした準備が大差になったりするものです。 そうそう。 山を下るのに、なぜそれほどまで神経を使ったかと言うと。。。 「ウ○チ」 (笑) リアルな写真でいいでしょう〜?! 山の一本道で、馬やろば、水牛などが多く通るので、そこら中フンだらけなんですよ。 これは仕方がない..。動物は、山での人間の生活を支えているからね。 下山中、私達は結構な雨に降られ、急な石の階段はとても滑りやすく危険だったのですが..、 私達YOGINIチームは、雨より何より「滑って転んでウ○チ踏んだらイケネ〜!ここで踏んだら一生言われるぞ(笑)」、みたいな感じで、みんなで揃って気をつけて下って行ったのでした。 私もか〜な〜り神経使いました。(笑) だってぇーー、やだもん。 「めいちゃんネパール ロケの時、そう言えばウ○チ踏んだよねー」みたいこと、このチームとだったらマジで一生つきまといそうなフレーズ!(爆笑) いや、シャレになんないっしょ。 やっとの思いでジープが待つところまで着いたら、みんなで思わず「ヤッター!!」って声が出ました☆ ジープに乗って、残りの道を下りはじめてからも、振り返ったらマチャプチャレ山がこ〜んなにくっきりと見えました。 ポカラまで降りて、今回お世話になったFewa Princeさんにもう1泊。 山宿続きだったから、ホテルに着いたらホッとしました。(それでも、今ひとつちゃんとシャワーのお湯は出なかったけどね…。ま、いっか!笑) 翌朝には、ホテルのテラスでヒマラヤを眺めながらのhair cut by 大〜好きなTさん。 世界一贅沢なカット間違いなしでしょう〜 この日も朝から撮影に出かけました。 こちらは、ポカラの象徴的な湖、Fewa湖。 よく見ると、水牛達が水浴びしているよ☆ 私の服は、実は私服。数少ない私物のインド服をネパールへ持って行っていたから、スタイリストのKさんがそのまま活かしてくれました。 YOGINIでロケ!と言えば、私達の得意な「ゲリラ撮影」。(笑) 湖のほとりで、ネパール帽をかぶって座って携帯で話しているいい感じのかわいいおじさんいるね!ってカメラマンのOさんが見つけたら、私が何気な〜〜くササッと隣に座りに行ったりして、パシャ☆ ガイドのロクさんも、たくさん撮影に手を貸してくれました。 しかしロクさん、山も街も、ぜーんぶカバーできる、superプロフェッショナルなガイドさん。「光りツアーズ」という名前で、息子さんと一緒にガイド屋さんをやっているそうです。 ロクさん、日本語がめちゃくちゃ上手くて、ことわざとか連発していて(!)、氷川きよしさんのファンで(お願いしたら歌ってくれる)、すんごく優しいハートの持ち主なので、日本からネパールを訪れる際には、絶〜〜対、彼のところにお願いしてみてくださいね。 山のトレッキングには特に、ガイドさんが絶対にいた方がいい道のりですが、ロクさんはあなたのジャパニーズ・ハートをつかむこと間違いなし。旅の楽しみが倍増します:) YOGINIチームは、とにかく限られた日数、そして天候や移動など先読みできない状況の中で、数多くのミラクルショットが実現できたのは、ロクさんのおかげでした。 ロクさん!本当にありがとうございました!! こちらは、ポカラでのランチのひととき。 「プラーナを撮るカメラマン」とも呼ばれる(!)、Oさんのお茶目な一面。今回の旅でもナンバー1かも!と騒がれた、すんごく美味しいカレー定食でテンション上がっています。カレー好きには本当にたまりません。 [...]


journal

2013/05/19

私の人生のすべての旅の中でも、本当に素晴らしい、思い出深い旅となった、今回のネパールロケfor雑誌YOGINI.大〜好きな仲良しteamと黙々と登り続けたヒマラヤの山。愉快で、最高にcreativeで、ポップでfunなYOGINI表紙&巻頭撮影スタッフと向かった、3200mに位置するPoon Hillというviewpoint.今日は、前回からの続きレポをお届けします☆ こちらはすんごい雹が降る中、雨宿りをしていたようす。(笑) 私は、トレッキング服の上からスタイリストのKさんの借り物で着せてもらったタイ産のカッパ。 現地ポーターさんのお二人は、Bigゴミ袋。 こんな姿も、ヒマラヤでは珍しくありません。(笑) 時々、ニューヨークの街中とかでも、雨の時にゴミ袋を着ている人がいますよね〜! けど、ポーターさん達はとってもプロフェッショナルで、この後降り続けた雨&雹の中、宿泊予定の宿までトレッキングを続けましたが、彼らは一生懸命衣装などが入っている荷物を守る為に、自分の身と一緒にゴミ袋でカバーしつつ、20kg超えの荷物を背負ってくれたのでした。 本当はこの日、夕暮れ時までに残された時間で、翌朝の撮影ポイントのロケハンに行く予定でしたが、天候のためそれはちょっと無理… と判断されたら、応用が利くYOGINI teamは、そのまま宿で撮影できないかと、宿の中や周辺地帯のロケハンを開始。 天才スタイリストのKさんは、角のdining tableでアクセサリーや、小道具、手作り製作のアイテムを広げ、針と糸を手に微調整を開始。 隣のテーブルで、私はメイク開始。 メイクアップアーティストのタイタイさんは、日本の超優秀ミネラルメイクのMiMCのブランド立ち上げ当初のアイテムプロデュースにも関わっていたのですよ。 タイタイmagicにかかると、こ〜んなお顔になれるの!! 首もとのアクセサリーも、Kさん手作り!! 続けて、Kさん手作りの頭飾り(?!)と呼んでいいのかしら??(笑) シルバーに輝くシュールな帽子を、ヘアーのTさんに付けてもらいました。 雹にあたって、まだちょっと寒かったので撮影スタンバイ中に宿の暖炉に温まりに行くと、現地ガイドやポーターさんと一緒に座る私はこんな感じ!! (爆笑)馴染んでいるでしょう〜〜! ちょっとジロジロ見られたりするんですけどね(笑)、本人まったくもってこのような状況に抵抗がありません。 この日は室内での撮影でしたが、それでもミラクルな絵を実現してしまうチームは最強!! 撮影のようすは、出来上がった雑誌の紙面までのお楽しみ☆   翌朝は、まだ暗い時間の5:00am頃に出発して、懐中電灯やヘッドライトを手に、今回の旅のclimaxでもあった、Poon Hillめがけてさらに急な石段と坂を宿からもう1時間ほど登りました。 なんか… こう見ると後ろにポスターが貼ってあるような、picturesqueな絵!! これ、加工なしの本物ですよ!! 3210mのプーンヒルからは、晴れた日には7000m, 8000m級のヒマラヤ山脈、アンナプルナやダウラギリ山を、贅沢に眺めることができるのです。 この季節では珍しほどの快晴に恵まれ、刻一刻と昇る朝日の光を浴び、うっすらシルバーから徐々に黄色みが増して、黄金に輝いていくヒマラヤ山脈。 ただただ佇む、不動の大自然。 そのpureなenergyを浴び、無言で目から涙がポロポロと流れていく時でした。。。 言葉ではとても表しきれない、そんな美しいヒマラヤの大自然の中で、お天道様にも恵まれ、私達は日頃からの感謝を胸に、もう一度改めてYOGAの心をハートに留め、そんな想いを、そのONENESSのenergyを、みなさんと写真を通してshareすべく、最高の撮影に望んだのでした。 SPEECHLESS!!! もう言葉は追いつかない!!! L・O・V・E!!! THANK YOU… LIFE!!!!! この日の撮影こそ、私達のこれまでの10年間の道のり、チームの成長、そして想いを形にした最高の作品となることでしょう:) 撮影の様子は、こちらも紙面を見ていただけるまでのお楽しみ!! けど、本当は… 雑誌だけにするのでももったいないぐらいで、写真展とかできたらいいねっ、ってみんなとお話しています☆ その時は、またお知らせするので、ぜひぜひ絶〜対に見に来てくださいね!! 10年間を共にしてきた、YOGINIと私。 そのYOGINIのcreative脳であり、leaderである編集長のNovuと。 FOREVER, Novu… Our絆Forever…! この場を借りて、改めて言いたい。 ありがとう。 Heartfelt [...]

journal

2013/05/17

行ってきました。ネパール ロケ、for 雑誌YOGINI。 twitterでフォローしていただいている方はご存知のとおり、先週木曜日の夜中の便で羽田から出発して、ネパールへ行ってきました。 東京からバンコクまでおよそ5時間。乗り継ぎ4時間ほど。バンコクから首都カトマンズまでおよそ3時間。到着してからは現地ガイドのロクさんことLoknathさんと合流し、そのまま車に乗り、ポカラというトレッキングのメッカまで直で移動。カトマンズ盆地からポカラまでの道のりは山道の一本道。よくあることなのですが、行きの道ではまんまと渋滞にはまり、通常でも6時間はかかるというこの道のりが、9時間かかり..、先週の金曜日、ロケ最初の晩のポカラのホテルに着いたのは夜中の23:00過ぎでした。 Wi-Fiもなかなか上手く接続できず、現地レポはほとんどできないまま、翌朝も早朝出発でまたまた車移動。 ポカラからは山へ向かいました。 東京で暮らしている中で、いつも背景にあるような時間の感覚は渋滞の時点で完全に手放しちゃっているから(笑)、だんだんどんどんどれぐらい車に乗っているかが分からなくなっていったのですが(!!)、途中でハイエースからジープへchange. 山登り用のポーターさんも2名雇い、撮影に必要な衣装や道具を持つのを手伝ってもらいました。ポーターさん達は、ジープ移動の時も屋根の上。 乗り換えのジープを待つタイミングで、こんな場所でメイクしてもらって、撮影準備もしっかり。 ジープはおよそ1時間弱ぐらいだったかな? たしか、ナヤプールという小さな村までがギリギリなんとかジープで入れる道。そこからはトレッキング路です。 ヒレ、ティルケドゥンガを通って、 ずぅ〜〜〜っとかなり急な石段を登り続けて、バンタンティという村へ。 マジでこんなトレッキング路です。 よーく見てくださいね、階段を!!!(笑) ここでやっと1泊しました。 山の朝食をいただき、 翌日も続く石段を登り、ろばや馬、他のトレッカー達とすれ違いながら…、 途中、村を通るとハイタッチしてくれた小さな女の子にパワーをもらい…♡(笑) 辺りの植林も、標高や気温と共にどんどん変わっていく中、 ゴロゴロしている水牛達にもご挨拶。 こうしてブログに書くとなんなりと進んでしまいますが、とにかく、登り続けたんですよ、丸2日間ぐらい。 もう一回ぐらい言いたい。(笑) とにかく、相当急な登り坂、そして大きな石段を、ずっとずぅ〜〜〜〜〜〜〜と、上り続けたんですよ、スタッフ一同。 山道をずっとずっと歩いていると、だいたい2時間に1つぐらい、小さな山の村を通ります。 こんなところとか… こんなところも。 どこも本当に絵になる美しい光景ですが、途中で出会った美しいnatureスポットではもちろん、撮影を挟みました。 さらりとポーズを取っているように見えますが、コレ、激寒なんですよ〜!! この時点で標高3000mに向かっている途中の道のりですから、周りのみんなはウールの靴下、上下トレッキングスーツにジャケットを着ている感じです。 でもやっぱり美しい水を見て、YOGINIの撮影となったら、私は入りたくなってしまう!!(笑) 雪山の川ですから、氷水も同然なんですけどね。 First touchだけ我慢できたら、後は撮影の間は不思議となんとかなってしまうのです。 これぞモデル根性?!(笑) みんなも重い荷物持ってがんばっているからね〜、私もちゃんと役割果たさなきゃ。 ほとんどが急な石段だったトレック。 少しでも緩やかなとおりがあると、精神的にホッとするものです。 しかも… トレッキング2日目にはなんと、雨… かと思ったら、かなり大粒の雹!!! 積もるほどだったこの白いかたまり、全部雹です。 こんな雹を見たのは、人生初。北海道出身のスタイリストKさんだって、これほどまではそうそう見たことがないと言っていました。 どうにもこうにもならなくて、一度雨宿り。 それでも、幸いこの日は既に結構登っていて、目指していた宿の近くまできていたので、ちょっと雹が弱まって、雨に変わりかけたところで、ガイドさんの指示に従って、私達はさらにGO. この日は、ゴレパニという村の上の方で、宿に入りました。 その先、目指したいたのは標高3200mから、7-8000m級のヒマラヤ山脈を朝日と共に眺める絶景スポット、プーンヒル。 ネパール ロケ日記、その2へつづく。。。 ※今回のロケ撮影は、6月発売&9月発売の雑誌YOGINIの表紙&巻頭ページになる予定! 乞うご期待!!


philosophy

2013/05/09

実は..、 ロケ出発前のバタバタで本格的に忙しい今。 なのに昨日はなんと、30周年記念中のTokyo Disneylandへ行ってきちゃったのです!:) というのも、今晩出発のネパールロケfor雑誌YOGINI。 およそ8日間のロケtripですが、こんなに長くmy sonと離れるのは初めてなのです。 TDLデートを実現させるために、前夜は2:30amまでお仕事頑張って、昨日もTDL帰りに息子を寝かしつけてからまたパソコンに向かって…、 今朝も早朝から頑張ったけど、絶対にその価値あります、TDL。And of course, my son! ファンタジックでファンタスティックなDisneyの世界。 よく「Disney magicにかかる」と言いますが、私はDisney magicにかかっている息子を見ていることで、完全にLove-magicにかかっていました♡ それと、「ディズニーランドには夢がある」とよく聞きますが、あれはちょっと間違っていますね..。 ディズニーランドには「夢がある」のではなくて、「ディズニーランドは夢」。 つまり、ディズニーランドは「夢そのものを実現している」のだと、私は感じました☆ 特にour favoriteは、「Mickey’s Philharmagic」。 ウェブサイトもすごい作りだけど、ディズニーランドのこの3D-show、ぜ〜ったいに死ぬ前に見た方がいいですよ!!(笑) いっさピョン、途中で手を伸ばして3D画面から飛び出る絵をつかもうとしていたのがsoooo cute!!(←そーいう私も実は思わず手が出そうになっていたのですが。笑) SO impressed by you, Walt Disney!! You’re Awesome!! 人生、何があるか分からないし、こういうことはやっておかないと後から後悔することだから、TDLへは絶対に連れて行きたかった。 こんな風に言うと、一見言い訳っぽく聞こえるかもしれませんが(笑)、これって、本当は本当に本当なこと。 忙しいいつもの習慣づいたリズムの虜にならず、もし今日を「明日がどうなるかわからない」という真実のもとに生きることをしたら、どうなるでしょう? そんな時、人は一番自分の奥底の真実に基づいた行動を起こすことでしょう。 ヨガクラスでも、「大切なことを大切として扱いましょう」なんて言ったりしますが、 これを本当に、 毎日生きること。 いつかはわからないけど、いつかは絶対に人は亡くなりますからね。 その時には、悔いのない人生を生きたと、満喫感をもとに逝きたい。 そんな生き方、なんてpowerfulなんでしょう。 ちなみに、人って、死ぬ時に「やってしまったことを後悔する」人ってあんまりいなくて、 「やらなかったことを後悔する」、「あの時にあれをやっていれば良かった」と言う人が多いんですって。   Carpe Diem. Seize the Day.  

journal

2013/05/05

5月のTokyoは、my favorite season♡ GW休暇中もvedaではいつものクラス+休日プログラムがそれぞれ続いておりますが、GWの東京はいつもとは打って変わったholiday雰囲気。いつものソワソワ-ガシガシ忙しいenergyではなく、初夏の太陽に誘われるような、soft&happy energyにあふれています。 昨日のお休みの日は、いっさピョン+ガールフレンド(妹?!)のデートの日で、品川のEPSON水族館へ行ってきました。 迫力満点のイルカのショーでは前例でカッパをかぶりながらずぶ濡れになり(笑)、連続してアシカのショーを楽しみ、子供たちが大興奮して目を光らせているようすから、たくさんの元気をもらいました。 この二人は、相性抜群でlovely couple♡ お揃いのウェアは、大好きなOrganic Cotton子供服ブランド、minimiocheのもの。(セール中らしい!) 子どもらしい、明るくてかわいい色合いやデザイン、そしてsuper softな肌触りが最高です:) 今朝はいつもの日曜マイソールクラスと基礎クラスでした☆ 久しぶりにvedaに来てくれたケリーちゃんが、ブラジル土産を持って来てくれました。 世界の反対側から届いたアイテムたちは、イキイキとしたbright colorsで、この夏大活躍しそう♡ ケリーちゃん、最近お仕事のためにまたまたカラダ作りに頑張っているって言っていたけど、来月は雑誌ヨガジャーナルの表紙も飾るそうですよ。要チェック! 今日はクラスが終わってから、息子をpick upしに一度帰って、代々木公園でveda仲間達と合流して、公園picnicでのveda community! 最高のお天気に恵まれ、vedaからはマイソールstudents、基礎クラスstudents, ISC students, さらには新潟や京都から、地方studentsまで! GWらしいsweetなひとときとなりました〜。 いつものヨガとは変わって、みんなで子供たちと走り回って遊んだり、ワンちゃんとじゃれたり… Super 幸せでしたぁ〜。 ご参加のみなさま、素敵な時間を本当にありがとうございました! (↑息子のHくんとこのミニサッカーボールを持って来ていたMさん、あなたがボールをお忘れになった後、知らぬ間にワンちゃんのマイケルくんがこんな具合に遊んでいました…。後日スタジオで洗ってお返ししますが、何卒ご了承ください。笑) さぁっ! 明日はみんなにとってGW最終日となるのかなぁ? 明日のvedaは(月・祝)のマイソールhours – 8:00am~ 11:00。 その後ISC第6回講座『人とエネルギー体』をお送りいたします。 じわじわと、相当温まってきている、deepなインテンシブの世界。 オンライン講座受講生からも、「深過ぎてヤバイ!」との声をいただいております。(笑) それもそのはず、ISCでは一練習生として「ヨガの経験」を深めることを目的としていますから、ただ情報を交換するだけではなく、みなさまにも実践や実体験に基づく研究へと移していただけるよう、様々なエクササイズを盛り込んでお伝えしています。オンライン講座では音声クリップや動画を通して、ご自宅で呼吸やGuided Meditationなどのエクササイズができるようになっていたり、コメント欄を通して交流を持てるようになっているので、ぜひご活用くださいね。オンラインでの単発受講も可能になりました。 こんなお勉強をしていると、自分の中での「物の見方」や「物の見え方・感じ方」が変わってしまって当然。 そろそろISC参加者のみなさんのようすからも、そんなdeepな変化が目に見えて伺えるようになってきました。 では、明日もお楽しみに! ※明日5/6(月・祝)は私のISC講座後の時間に、麻矢先生の人気ワークショップ「アーサナ研究所: 太陽礼拝を深めよう!」が、15:30〜17:00に開催されます。まだ麻矢先生のワークショップを体験されたことのない方、普段の練習を深めるのにとってもお勧めなので、ぜひ一度トライしてみてくださいね。 ※次回6月のveda communityは、vedaスタジオ内に戻って再びランチ企画☆ ヒーリング・タッチのクラスを担当してくださっている岡嶋さゆり先生と私でお届けする、Beautyをテーマにしたランチ会にしたいと思っています。詳細決まりましたら、またスタジオからお知らせさせていただきます:)


journal

2013/05/03

The Farm at San Benitoの件、第2弾です☆ 先週土曜日の夜中に帰って来て、日曜朝からフル活動で私のブログはまだ先週のこと…………..。 Breakfast tableの幸せmoment with my sister♡ 反対側から写真を撮ると。。。 ジャングルの中です。 そんなところでとびっきりおいしいRAW Food mealを前にすると、私はこぉ〜〜〜んなにHappy☆ ブレクファストには、だいたいその日のfresh FRUIT/HERB/Veggie Smoothie of Choiceに加えて、私はフルーツたっぷりのサラダミールに、deliciousなRAW Granola. ココナッツがいっぱいのmenuは、私の体と体質にぴったりなんです。 こちらは、ランチタイムにいただいたコースより、アペタイザーの逸品。 とろ〜んとかかっているのは、cashew nut cream. 私はALL RAW menuをリクエストしていたので、クリエイティブなアイテムをたくさんいただきました。 こちらはdinner time courseのアペタイザー。 大きなきゅうりのスライスに、veggieパテといちじく&いちじくソースのトッピング。 お次もアペタイザーで、薄ーく切った大根のスライスをクレープ風にみたて、中にはカレー風味のRAWマリネでした。 ナイフでさらりと切って、いただきます。 アペタイザーに魅了されまくっていたのですが、、、、 アペタイザーの写真ばかりが続くことには理由がありまして。。。 ようするに、アペタイザーの後は食べることに夢中になっていたため、メインディッシュやデザートの写真がほとんどなかったのです。。。(汗 1枚だけあったメインディッシュの写真、the RAW Pizza- one of my all time favorite RAW menus! RAW pizzaのクラスト部分になっているのは、dehydrator(食用乾燥機)で、加熱せずに作ったフラックスシードのクラッカー。 トッピングも、ハーブを使ってちゃんとしたイタリアンflavorになります。 酸味、甘味、すべての味のバランスが絶妙な品です。 今回のtripでmy [...]