archive

2014年2月


journal

2014/02/22

もうすぐ震災から3年。 3.11のちょうど1週間前にオープンした、私たちの共有の場 コンセプトスタジオvedaは、3歳になろうとしています。 私たちが信じてきた現実の、何もかもが揺れ動いた 大惨事からのスタートととなった、veda。 ゼロから存在意義を問われようと、 なぜかやめることはできませんでした。 あの頃は、わかる余地もなかった。 けど、私たちがここで共有しているものがYOGAだからこそ、 今、ココに在る 現実に 目を背けることも、なかったことにすることも できなかった。 そうして築き上げられてきた 愛と意識のエネルギーが、 今、この空間に満ちあふれています。 日々、仲間達の呼吸と意識がこの場を潤しているように 確かに、黙々と 覚醒へと向かっている。 迷い多き時代に、 暗闇から目覚めようと 疲れた心を癒し 戦っているカラダを少し休める、 この場所では 同じ志を胸に生きる 人たちと出会う 絶対的な精神の支えが生まれました。 PLEASE CELEBRATE WITH US… コンセプトスタジオveda 3rd Anniversary 〜Birthday Sweets Tea Party〜  ☆3rd Birthdayをテーマにバリエーション豊かなスペシャルスイーツをケータリングします☆ *日時: 2014年 3月 2日(日)15:00〜17:00 *場所: コンセプトスタジオveda 〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f tel:03-6447-1502 *参加費:1,000円(小学生以上/当日現金でのお支払い) *ご参加エントリー:Web予約システムよりお願いいたします。 *特別特典: アニバーサリー・ギフトが当たるプレゼント抽選会を予定しております。 初めての方、お子様連れもウェルカムです!ご家族ご友人などお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。 ※このブログの写真は、北インドのmy favorite ashramからのイメージです。 [...]

journal

2014/02/20

「ヨガをしていると、ポーズや呼吸などの練習を続けていくことで、自分を取り囲む環境であったり、周りの世界が変わってくる、と聞いたことがあるのですが、それって本当ですか?」 「アーサナなど、いわゆる外的な練習方法と、内面的なことって、まだ自分の中で具体的につながっていると感じられたことがないのですが、これって本当につながっているのでしょうか?」 これは、先日のvedaコミュニティでveda studentのAさんからいただいたクエスチョンたち。 いきなりだけど、my answerから先にお話しちゃうと、答えは両方「Yes」でした。 そしてISCなど、私のクラスでのお話にも度々出てきますが、両方のクエスチョンに共通して言えることで、これらのテーマについて深く考慮すべき「最小公倍数」とはズバリ「energy」だと言えると私は考えます。 HOW&WHY?? ということで、本日はTHE YOGA BODY その②ヨガとエネルギー(気の流れ)の関係について書きたいと思います。 私のインドの先生は、ヨガの練習に取り組む際に「ぜひカラダから始めてください」と、ボディからのアプローチを重んじていました。 その意味は、長い年月を通じて私自身の経験、そして経験に基づく感覚としてだんだん理解が深まっていったものでした。 最初は訳もあまりわからず、ただ純粋に「気持ちいい」という素直な感覚に従って、ヨガに取り組むようになりました。きっとみなさんも多くのが方が、結局はそれに尽きるのではないかと思います。それだけ「気持ちいい」という感覚は重要で、従うべき感覚なのだ、とも言えるのです。 私たちそれぞれが人間として感じる、心底「気持ちいい」という感覚は、一つの大きな道しるべです。それに従わない訳はない! なぜなら、私たちのこの命そのものが、今、このカラダの中に宿っているのだから。 すべての経験は、このカラダという乗り物の中で、この媒体を通して味わわれるのです。 また、ヨガというプラクティスは、カラダを様々な方法で動かし、呼吸を通してエネルギーの流れを調整(調息)していくメソッドでもあるので、ヨガにおいては、カラダのプラクティスを行っている中で、体内を流れるエネルギーがクリアリング(浄化)されるようにデザインされています。これが非常に理にかなっていて効果的なことで、ヨガは正しく継続的に行っていくと、心身ともにクリアーな状態へと導かれていくものです。 とってもシンプルなことですが、例えば、姿勢が悪い方は、集中力をキープすることが難しいですが、姿勢が良い方は、自然と意識の集中も発達していくもの。これはどういうことかと言うと、背筋から脳天まで、しっかりとボディの中で気の流れが通っている状態を保てている、ということです。簡単に言うと、森の中で一本の木が、しっかりと地球に根を張り、天へと伸びて太陽の光を浴びている。同じようなことが、人体においても、しっかりと体重を足裏で支え、地球とのコネクションを保ち、そこから天へとまっすぐと伸びている背筋を通して、脳までクリアーに通じている状態を指しているのです。 また、人のカラダの細胞には「細胞記憶」というものがあります。 これは、例えば、小さい頃に起こったトラウマの記憶が、体内の細胞の中に情報(記憶)として蓄積されていく、ということ。米国をはじめ、グローバルに人間の心理やトラウマを研究している博士達によって証明されていることです。放っておくと、考えないうちに、人の心は、その細胞記憶に影響され、その恐れによって同じトラウマのパターンを繰り返してしまう..。こんなことが起こるというのです。従って、日本語ではよく「健全な心は健全な身体に宿る」と伝えられていますが、同じ考え方で、健康な身体づくりによって、健康な心の状態を養っていくことが可能なのです。 ヨガでは、カラダのストレッチや強化を行う時に、意識の参加を必須としています。つまり、「他のことを考えながらやるヨガ」ではなくて、ヨガの時は「なるべく意識をカラダの中において、しっかりと意識と感覚の一致を養いながら、やる」が基準なのです。このようにして、意識の参加を必須としていくからこそ、ベースラインとして「今の自分が感じていること」を大切にしていく、すなわち「今の自分を大切にする」意識を育んでいきます。 ヨガの道を通して、このようなプロセスが進む中では、もちろん時折嫌な部分とか、見たくない部分。それこそトラウマになっていて、実は隠していた部分が浮上してくることがあります。しかしながら、これらは浄化のプロセスにおいて必然的なことだと、いつからか私は受け入れるようになりました。そう、ちょうど煮沸消毒とかする時に、アクが表面に浮上してくるように。一度、表面上に出してあげることによって、クリアリングする機会が与えられていることでもあるのです。 このような浄化プロセスを、カラダを通して、意識をもって行っていくことは、至って安全な浄化法であると、私は考えます。 自分のカラダを扱って、準備ができた分までしか浄化できないし、それは段階を踏んで徐々に行われることでもあるからです。 また、心のことって姿形がなくて「キレイにしたい!」と思ってもなかなか難しいけれども、カラダからスタートできるなら、とっても具体的だし、つかみやすいという利点が大きいと思います。 カラダの浄化が進んでくると、そこの細胞に宿っている記憶の欠片や、心の面の浄化も進んでくる。すると、自分と自分自身(心)との付き合い方が変わってくる。自分と、自分自身との関係性が変わってきて、より健全な状態へと整っていくと、自然と自分と他者(取り巻くすべて)との関係性も変わってくるのです。 先日の九州ワークショップでもこのようなお話がよく出てきましたが…。 私は、エネルギーとは「つくるもの」だと考えてはいません。 なぜなら、エネルギーの源(大元)が、「自分」以外のところにあるからです。 例えばそれは、太陽であっても、地球であっても、温泉のミネラルであっても。 ご飯も、呼吸も、お友達や周りの人達からもらうパワーも。 または、お母さんとお父さん、神さまから授かった、この「命」その生命力であっても。 エネルギーは「つくるもの」ではなくて、「通すもの」「流れるもの」。 そしてヨガは、人間のカラダを、媒体としてよりクリアーに、その崇高なエネルギーを純粋に通していけるよう、エネルギー経路をクリアリングし、整え、そして強化していくのに、私が知っているかぎりもっとも素晴らしい、効果的なメソッドです!! 人間のカラダって、そうしてクリアリングしていって、浄化が進み、体内で上手くエネルギーを扱えるようになっていくと、ほんっとおもしろ楽しいぐらい、いろんなことが可能になるものです:)そのためには、日々ちょっとずつ、一歩ずつの練習が一番です♡ 今回の写真は、いつの日かの雑誌YOGINI撮影の合間に、my iPhoneで撮ってもらったcasual photos. こういうアーサナは雑誌には基本的に使用されないのわかっていて、ふざけてアーサナで遊んでいるの。「親近感のわかないポーズは、雑誌には向かない」っていう暗黙の理解が、いつの日からか編集長Hとあった。笑


journal

2014/02/15

こんばんは〜! 長崎なう、でございます♡ 昨日までは福岡で4年ぶりぐらいにワークショップを開催してて、その流れで長崎へやって参りました! 大の仲良しのYちゃんにオーガナイズしていただき、素晴らしい生徒さん達に囲まれ、おかげさまでsuper happy&充実のクラスを開催させていただいてます:) Full Albumはこちらから⇦ Yちゃんの方がステキな写真いっぱいあるかも!⇦ 福岡でのONE DAY 6時間WSは、警固神社のbeautiful畳Roomをお借りしました。 そして↓こちらは、昨晩から始まった長崎でのワークショップ。 長崎ではmy little sonもちょっと会場に顔出させてもらっていて、和やかな&easyな感じで、yoga timeを共有させていただいています。 ヨガクラスやワークショップの時間は、私にとってもインスピレーションをたくさんもらい、「チャージ」する時間。 「指導する」と言うと、あたかも「エネルギーを与える」側ばかりにいるものかと思われることがあるのですが、いやいや、事実上たくさんのexchangeが起こり、そして何よりみんなが集まって初めて「透き通る」エネルギーがたくさんあります。 今日の長崎でのMOONDAYワークショップは、またスペシャルなチャージでした…! Every class is… 写真には写りきらないSO ALIVEなエネルギーに溢れているのですが、今日、またみなさんとご一緒させていただいたmeditationやsound meditationは素晴らしくrelaxingで心地よかったです。 大阪、愛媛、熊本など、遠方からお越しくださったみなさま。 ご家族やchildrenの都合をつけて調整してご参加いただいたみなさま、いつも本当にありがとう♡ Love to share with you. 明日はいよいよ最終日! どうぞよろしくお願いします☆

journal

2014/02/08

昨夜は、私がこれまでずっと雑誌YOGINIで10年間お世話になってきたロータスエイトさんの東日本橋のヨガスタジオにて、ちょっとスペシャルなイベントを行ってきました。 いや、ちょっとじゃないな。。 そーーーとーーースペシャルでした、昨夜は。 ご参加いただいた方々には、LIVEで、あの生きているvibration… the Feeling… the空気感をもろに感じていただけたのではないかと思います。 私と2つしか年も違わず、お会いした雰囲気や話口調、存在感がすべて等身大でとっても身近に感じられる、三宅洋平さんというナチュラルな人。 昨年夏の参議院選挙に立候補し、TwitterやFBなどのSNSを使い、今を生きる日本の若者たちを強力に奮い起こすように、パワフルなメッセージを叫び続けている、洋平さん。それまでも、音楽活動などを通して(⇦new video,絶対に見た方がイイヨ!)、地球のこと、環境のこと、そして原発のこと..。人のこと、スピリットのこと、「生きる」ということの当然な在り方について、多々語ってきた洋平さんですが、昨年選挙に出たことで、私達young&old、今を生きるJapaneseにとって一気に「必要な存在」になったのではないかと思います。(昨夜のイベントのphoto albumはこちらでFBにアップしました⇦) Man of small stature, with a GREAT purpose. 私はとにかく、あなたの近くにいて「同士である」と感じずにはいられなかったし(おこがましかったらゴメンね、でも本当にそう感じられた)、これからも微力ながらあなたの活動を応援したいと心から感じています。 日本のために、自分の子供のために、 そしてみんなの子供達のためにも。 彼がなぜ選挙に出ることにしたのか、そもそも今の日本におけるデモクラシーについてなどは、情報はいくらでも出てくるだろうから、今日は昨夜のイベントの内容に専念しましょう。 昨夜のイベントは、スタジオロータスエイト主宰、そして雑誌YOGINIの他にも、最近創刊した「ナチュラルな人から社会を変える」をテーマにした雑誌TruNatt(トゥルナ)の編集長であり、my long time friendでもあるNovuが発起人でした。大の三宅さんサポーターであるNovuが、普段政治に関わる存在としての三宅洋平さんの、「ナチュラルな人」としての素顔に迫りたかったということ。そして「本物のヨギー」とも言える、彼の「偽り無き、明日死んでもいいようなストレートな生き方」を、今、東京でヨガをしたり、意識の覚醒を求む若者たちともっともっとシェアしたかったのだと言う。 Novuが作った、洋平さんの本の出版記念の関係もあり、だいぶ前から企画されていたこのイベントが、偶然にも明日の東京都知事選挙と重なり、洋平さんがその真っただ中で動いていることも、何もかも偶然とは思えない。いや、そんなこと、偶然だと言える余地がもう残されていないだろう。 昨夜のイベント後の今日、友人からサクッとメールで「何についてトークしたの?」と聞かれました。 私の指先から出てきた返答は、、 CONSCIOUSNESS — 意識 SPIRITUALITY — 精神性 YOGA and the PEOPLE — そして、人 私はね、いつもは「ヨガクラス」という名目で、ある意味すんなりとこの手のテーマについて、興味のある方達とシェアする「フリーパス」を持っていたりする。そうして、ヨガをする人達こそ、「意識の覚醒の最前線」において、自分のこと、生活のこと、自分の暮らしの選択がどう地球と、宇宙とつながっているのかについてを、「まずは自分の経験として、このカラダの中で感じていこうよ」って。「ただそれにまっすぐにいればそれでいいんだよ」。「そこで感じていることは、自分の中心の神聖な領域で、誰にも脅かされるべきところじゃないんだよ」ということを、私なりの役目の中で伝え、そして生きています。 これらのことは、本当は「人間であること」の究極の真実に基づくものであり、同時に、それはSUPERNATURALなこと(超自然的)であると、一見感じられたとしても、本当はスーパー・ナチュラル(超・自然体)である。ということを、自分に与えたらた、パパとママから譲ってもらった、このカラダとその中に流れる命の鼓動とともに在ることを、ただ私なりに生きることで、吸って-また吐いてを繰り返して、表現しているのだと思う。 彼、三宅洋平さんが活動している政治の世界や社会問題のフロントにおいては、私のように同じ仲間達を中心にシェアしていくフリーパスというか、温かな環境という受け皿(バッファー)がないだろう。彼と私。規模もフィールドもまったく違うのだが、一つ共通して言えるのは、自分の存在や生き様を、あるがままに赤裸裸に、身を張って人々に伝えていっているということ。けど、バッファーのない激しい論争の真っただ中で、ピースフルに、だけど叫ぶようにメッセージを発信し続ける彼は、きっと私の何百万倍もの中傷を、世から受けるのだとも思う。 ちっちゃな規模でも、わかる気がするのです。ズタズタになる、という気持ちが。 昨日のトークでも少しこんなことをシェアしていたのですが、私、結構オープンで敏感な人なんで、例えばニュースとか見ていても、「誰かが誰かを刺した」とか「高校生の女の子が妊娠を隠し続けて高速道路のPAトイレで赤ちゃんを産んで捨てた」とか聞いちゃうと、本当に身体的に胸が痛んで、泣きたくなるのです。しかもそれがね、刺された人とか、捨てられた赤ちゃんのためだけじゃなくて、人が人を刺したくなるぐらい病んでしまったこととか、高校生の子が妊娠を必死で隠し続けるぐらい切羽詰まった思いにさせてしまう家庭や社会の、その病んでいる在り方に、グサグサきてしまうのです。 ちょうど昨年末の、一年を振り返るBIGイベント、クリスマス特別ヨガワークショップの時にも実は、こんな話をしていたんです。 「私、ほんっとズタズタになっちゃって…、痛いんです そんな時、マザー・テレサのこの言葉に出会ったんです」って。 私たちが気づかなければならない大事なことがあります。 本当の意味で愛するということは、傷つくということなのです。 事実、他の人たちを傷つけないで彼らに善いことをするためには、 それが私から何かを奪うことであっても、 喜んで与えなくてはならないのです。 [...]


food

2014/02/04

そう言えば昨年のISC開催中、veda studentのLさんからの質問で「せんせ、あのー、急ぎでないんでいつでもいいのですが、今度せんせの『ある日の一日』みたいな食生活について、何を食べているのか具体的に教えてください」って言われてたっけ。 雑誌の取材企画でもここ数年は食生活について聞かれる機会が増え、女性誌のヘルス特集でよくピックアップしてもらっています。 で、Lさんからの質問をいただいてからは半年ぐらい?!経っちゃっているのですが…、 今日! 今日私が口の中に入れたものの流れを、non-編集&non-かっこつけ系でストレートにブログUPしてみましょうか…! まず、今朝は5:30amに起床。 これって、平日の朝マイソールクラスがある日々の中では、遅めの起床。昨夜ちょっと遅くなっちゃったから、今朝はこの時刻まで寝て、自分の練習をクラス後の時間にまわすことに。 朝起きて、お風呂を追い炊きで温めている間にお湯わかしてorganic teaを一杯。紅茶に、アーユルヴェーダのShatavariという女性向きの栄養補助食品的なpowderを入れています。(というか、普通にいただくのに甘すぎるから、紅茶のsweetener代わりに使っているの最近。) それでもって息子の朝ご飯を用意して、用意している間にイチゴを2つ、つまみ食い。 そしてお風呂入って、準備して、クラスへGO. 冬の朝マイソールクラス中のmy drinkは「緑茶+梅干し」が多く(ちなみに夏場はGreen Smoothieのことが多い)、今朝もクラス指導に当たりながら一杯。後半組のあなた。時々あなたのアジャスト行く時に私のお口の中に何か入っている様子があったら、それはきっと梅干しの種でしょう〜(笑) あっ、今朝は女子更衣室に赤パン先生のお土産の「プチりんごシュー」があったから、それも一個食べました。 で、9:00amまでクラスして、その後直帰。 朝babysitterしてくれているグランパからバトンタッチで、息子を保育園へ連れて行って、 それで再び帰宅して、今日は9:45am頃から11時過ぎまでmy practice. 練習後、出かける前にスナックタイプのraw organicスピルリナ1spoon口に入れました(このSpirulina Crunchiesです)。練習後のvegetarian protein is good, I feel. ランチミーティング2本立ての場所は、Nicolai Bergmann NOMU Cafe. ここ、vedaと1ヶ月違いのオープンで、同期仲間なんです:)もうすぐ3年♡ このお店でのmy定番メニューは「Winter Salad」のチキンなし。薄くてサクッとしているBrown rye toastに付けるのは、バターの代わりにolive oilをください、といつもお願いしています。Winter Saladにはlots of organic greensの他、リンゴや柿などのfruitsと、caramelizedクルミがのっているよ。 食後のdrinkは今日はカップチーノにしました。 午後はちょっぴりブレイクを挟んだ後も打ち合わせ続きでした。 午後の打ち合わせ中は緑茶にしたけど、ほとんど飲みませんでした。そして今日は大粒のスゴイ雪になりましたねぇ〜。。。 夕方は息子のお迎えへ行って、その後dinner cooking. 先週末はFarmer’s Marketに行って、nice fresh vegiesたくさん仕入れることができたので、dinnerもメインはサラダでした。 こんなメガ・サラダ! 内容は:ベビーリーフmix、ベビーケール、大人ケール、red onion slices、ブロッコリースプラウト、ディル [...]