archive

2014年12月



journal

2014/12/08

昨日はNPO法人KIDS SAVERのイベントで『キッズ・ヨガ・チャレンジ』をvedaにて開催しました! 今年で3年目になるのかな?! キッズを楽しませるようなヨガクラスの内容は… いつもと全然違うんです! スタジオでLIVE収録していたUstream映像はこちらのチャンネルからご覧いただけます⇦ 観ているだけで楽しくて幸せになってくるよ〜 キッズクラスの前に「アシュタンガヨガってこんなことをするんだよ」っていうデモンストレーションを行ったのですが、わたしは普段大人クラスではデモンストレーションをすることがほとんどないので、珍しい映像かも! キッズはわたしのデモを観て「すげ〜」とか言って、マネしたくなるようなのですが、、 大人は普通「え〜〜!!絶対ムリムリ」と、やりたくなくなってしまうんですもの。笑 キッズの太陽礼拝はとにかく柔らかいのが特徴。 怪我のないよう、カラダをしっかりと暖めるために必ずココから始めますが、3回もやると「疲れたぁぁ!」なんて声も。 パワー系のポーズは、親子でチャレンジ。 パワーと柔軟性の両方が必要なポーズにもチャレンジ! 新しいことをやってみる精神、そしてそれに全身を使って向かっていく姿勢が素晴らしい!! 親子で力を合わせて「協力系」のポーズもやってみましょう、ということで、ちょぴっとアクロヨガみたいなことも取り入れてみました。 キッズにはこんな体勢で憧れの逆立ちの練習をしてもらい、それをサポートする親の方は、同時に足腰鍛えてゆきましょう☆   With my sister M & our friend Ricca-chan♡ みなさん、素晴らしいイベントをありがとう!! わたしもめっちゃ楽しかったよ:) キッズ・セーバーとは、子どもたちに、未来の可能性を広げるチャレンジをつくってゆく場所。 サッカー選手の宮本恒靖さんや料理家の栗原はるみさんなども関わっていて、様々な分野で活躍する大人の先輩たちが子どもに体験の場をつくってゆきます。こちらのページからたくさんの活動写真を観て、小学生のお子様がいらっしゃる方は、ぜひ登録してみてくださいね☆

philosophy

2014/12/06

ジャラール・ウッディーン・ルーミー。 わたしが最も愛する詩人の一人であり、13世紀のイスラムの神秘主義者。 2012年の幕が閉じるとき、みんなと一緒に最後に共にしたbig event「年末特別ワークショップ」でわかちあった   “The wound is where the light enters you.” (「傷口こそが、光があなたの中に入る入り口である」) という言葉は、東日本大震災の衝撃と多大なショックから、身を奮い起こすように立ち上がったわたし達の中に、大きな勇気と「確認」をくれた言葉です。 (今年最後のbig event「クリスマス特別ワークショップ」についてはこちらから⇦もう少しで定員いっぱいです!) … わたしは彼の言葉をいつも英語で読んでいるのですが、このような深くspiritualで、魂を突き刺すような言葉が、日本語に訳される時に堅苦しくなり過ぎて心に浸透しにくくなることは非常に残念なことでもあり。。 今日は微力ながら、わたしなりのカジュアルな和訳でみなさんに素晴らしい詩人ルーミーの言葉を少しシェアしたいと思いました。     “Let yourself be drawn by the stronger pull of that which you truly love.” 君が本当に愛するもの。 そのものの持つ強い引力に引き寄せられるように、 在りなさい。     photo from Hateruma Retreat 2014 “There is a candle in your heart, ready to [...]