archive

2015年1月


journal

2015/01/15

My son has this まぎれもないBest Friend at保育園。 Every DAY they play together, they get along very well together, and make each other very very happy. 母同士のわたし達も、2人の仲の良さをこれまでの時間でよく知っていましたが、お互いにfull-timeでworking motherということもあり、保育園外の時間ではあまり遊ぶこともなく、これまできました。 そんないっさの大親友のJくんが、今月お引っ越しをすることに。Jくんのお母さんから話を伺うと、お母さんのご実家である福岡県に戻るとのこと。 「実はわたしも以前数年間福岡に住んでいたことがあって、いっさは福岡で産まれたんです」とわたしが言うと、 「えー?!Jも福岡産まれです」と。 わたしは中央区に住みながらも、妊娠中に読んだある本に非常に感銘を受けて、ご縁あって福岡中心地から電車で一時間ぐらいかけて小さな自然分娩の助産院に通って、そこのおばあちゃん先生に息子をとりあげてもらったのです。 すると、、 なーんと、Jくんのお母さんのご実家はその産院のすぐ近くであることがわかり(!!)、 2人でものスゴイ奇遇のご縁に驚きまくっていましたが、 Jくんもその街のクリニックで産まれたそうで。 しかも2人のお誕生日はわずか数日違いなんです。 そんな2人が、東京で通う保育園が一緒で、同じクラスで、 しかも本当に恋人のように仲良しだなんて。。。 実は福岡のこの街、あの宗像大社があることで有名なのです。わたしは助産院を選んで通った街だったので、宗像大社へは未だに足を運んだことがないのですが、宗像三女神を祭る総本社でもあるこの神宮には、なんだかとても深いご縁を感じるのです。 当時は詳しいことは何も知らずにだったのですが、その街をふるさととするおばあちゃん助産師さんの勧めで、産後の胎盤の処理も神宮の関係の火葬場にしてもらいました。 息子が生まれてからしばらく経って東京へ戻ってきたので その後はあまり考えていなかったのですが、 昨年のひろしまヨガピースの時に、宮島の厳島神社を訪れたとき。 思えばその時も不思議と導かれるように、 ただひとり、旅館のおじぃの勧めで満ち潮の時間に屋形船に乗せてもらうことになり、 あの厳島神社の立派な鳥居を船でくぐると、 それはもう感動があふれ 涙が止まらなかったものです。 その後の時間、海岸側から静かに佇む夜の厳島神社を眺めていると、わたしのことをその場まで送ってくれたおじぃが再びバスから降りてわたしに近づき神社について教えてくれました。 厳島神社は、宗像三女神を祭っている神社なのです。 えっ?? わたしが長男の出産に選んだふるさとの女神さま? 三女神たちのもとへ その神々しいエネルギーに再び呼んでもらった 息子の出産から約5年近くの歳月が経ってからでしたが、 [...]


food

2015/01/11

新年早々、忘年会に続いて新年会の嵐もそろそろ一段落といったところでしょうか? i’m taking it easy… but 先週末は新年初のワークショップ@vedatokyo –2H workshop&講話だったはず、あっという間に時間が過ぎて、Q&Aなどやってお話しているうちに2.5H が経っていました!:) 今週末から始まるISCのwarm-upみたい☆ ワークショップでは、暮らしにおける術、 つまりはlifestyleの特徴や、わたしなりの理解や捉え方を紹介していきました。 Living Spaces, Yoga Practice, Clothing 栄養やDetoX, 睡眠や入浴方法、 「水」の理解や 毎朝の”リセット” などについてたくさんお話させていただきました。   中でも、10年近く前から取り入れている愛用&オススメSuperfoodsで、 VegePowerPlus やAcai 100 E3Liveを紹介させていただきました。   このE3Liveという商品は、米国オレゴン州のクラマス湖という世界でも有数の最も美しい湖でしか採れないBlue Green Algae (藍藻草)なのですね。 さまざまな味や形(powder form, カプセル、液体など)があり、また会社によっても加工のスタンダードがまったく異なるなかこのitemをオススメしたいのです。 Apple&Lemon flavorのものはいたって飲みやすく、一番オススメです☆ ガッツリあがる↑↑ 自然天然の生命力powerでございます。 年末年始の疲れがきている… イマイチ気力がない、、など なぁ〜んとなくかもしれないけど、なかなか抜けきらないblue感がある方などぜひtryしてみてください。 今回ブログのタイトルにしている「Anti-Depressant」とはずばり、抗うつ剤を意味する言葉なのですが、 AFAのようなSuperfoodsは、もちろん自然天然のものですが、あまりに生命力の強い、エネルギーの高い食品で、少量を摂取するだけで本当に脳までグイッとアガル感じがするのです。スゴイよ! ライフスタイル講座についてはFBのほうにもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました☆ みなさんのご要望にお応えして、シリーズ化していきたいと思います:)  


journal

2015/01/07

今年も年に一度のISCヨガ集中講座(インテンシブ・スタディ・サークル)の準備が始まっております☆ 2013年にスタートをきってから、多くの方に関心を持っていただいている、「経験をつむこと」を目的とした、流派に問わず、ヨガの実践をともに深めていくサークルです。 「生きやすくなりました」 「受講というよりも、自分でたくさん考えたり、TRYしたり、悩み抜いた結果、プライスレスな体験ができました。始まるころと今の自分はSTAGEが違うような、そんな気持ちです」 「ISCを通して、自分自身と向き合ったり、周りのものを受け入れていくことで心が優しくなれた気がします。…yogaが深まったことで、毎日がより一層ワクワクしたり、小さなことで幸せを感じたりできるようになりました」 いろんな想いがあって、vedaという場所をオープンしておよそ2年後、初めて自分でトータルにデザインする集中講座をローンチしましたが..、 やっぱり、こういうフィードバックをもらったり、実際に生徒さんたちがみるみる内に変化したり、表情がゆるんでいくことを目撃する度に、本当に心からやってよかった!!と思います:) ISCについて詳しくはこちらのページでもスタジオからご案内させていただいておりますが、もし機会があったらぜひ過去のISC修了生たちのお話を聞いてみてくださいね。スタジオの受付のOちゃんや、veda講師の哲也先生も受講生としてしっかり参加してくれているメンバーでもあります。 ISCは、ただ知識を詰め込むだけの情報収集の場ではなく、さまざまなアクティビティやグループワークを通して、経験の場をつくることで、自ら自分の中に潜んでいるさまざまな観念や暮らしのすべをチャレンジしていくように、どんどんなりたい自分、「本当に最後まで残る自分」を見いだしていくような、そんなジャーニーです。 わたしがこの講座をデザインしようと思ったきっかけの一つに、「何百時間ものTT(指導者養成講座)を受けても、混乱してしまった」という数々の生徒さんの相談を受けるようになった、ということがあります。説明会のときにも少しお話させていただいたのですが、実はわたしのインドの恩師シュリK.パタビジョイス先生は、ヨガを学ぶにはひとりの先生から学ぶのがベスト、と言っていたのですね。例えば病気の時に医者につくときには、何人もの医者にいって、それぞれで処方されたお薬を全部飲む、なんてことはまず禁物だと思うのですが、本来ヨガも同じように効力の強い治癒力を持つものであり、それが心身ともに総体的に働きかけるものだけあって、不必要な混乱や困惑は避け、自分の心やカラダの感覚をより大切にしていきたいものです。そこに命本来の知恵が潜んでいるのだから! 今の時代、これだけヨガが盛んになって、わたしたちは完全にONLY一人の講師につく、ということすら難しくなったのかもしれませんが、この「自分の感覚」「自分の経験」に戻ってくる、という羅針盤のようなものは、絶対に忘れずに大切に育てていきたいとわたしは思うのです。 シュリK.パタビジョイス先生の残した言葉で、 “Yoga is showing where to look for the soul, that is all.” (ヨガとは、魂の在処を指し示すような、そんなものである) というお言葉もありますが、わたしの中のYOGAの集大成を分かち合うようなISC集中講座では、 まず、この「自分の中の羅針盤」と出会い、また、その感覚に磨きをかけて生きていくことをテーマにしているのです。 だからこそ、レベルを問わず、初心者から経験者まで、そしてヨガの流派に問わず、 どなたにでもご受講いただき、楽しんでチャレンジしていただけるような内容です。 Let the Yoga OPEN YOU to new Realms… これまでの自分には想像もできなかったような自分。 自分の物の見方、捉え方が変わるだけで、世の中が変わって見えるものです。 わたしの中でのYOGAとはいつも、そんな普遍な可能性を示してくれるもの。 今年も、ISC studentsとともに一つのjourneyに旅立つことを、心より楽しみにしております。   こちらは、説明会からのmini movie clip. この日もいつの間にか熱く語っていました。笑 ISC2015   ISC 2015年は現在募集中で、締め切りは1月9日あさっての金曜日となっております。 ご興味のある方は、スタジオへ直接ご連絡ください。 スケジュール的に1月〜6月までのスパンで全8回クラスなので、遠方からの参加者も多く、今年は「奨学金制度」も設けております。 すべての詳細・お問い合わせはこちらからどうぞ⇦

project

2015/01/06

HAPPY NEW YEAR 2015, EVERYONE!! なんだか2014年はものスゴイspeedで過ぎていきました。 みなさんは2015年、どんなstartをきっていますか? わたしはまだ少し不思議な感じで、ややslow startをきっています。 わたしはどちらかというとお正月の世間一般を取り巻くような「抱負」とか「決めごと」は意外と苦手みたい…。笑 ちょっと自分でも考えてみたんだけどね、わたしはどちらかというと年末とかの〆くくりの方が得意で、 抱負とか見直しとか新たな決意に関しては、daily basisで日に日にするほうが好きみたい。 なんか…、「今年こそ!」ってムリクリ元旦を境に決めごとをしても、時が流れるにつれてムリクリな思いが続く訳はなく、いつの間にか忘れられていたりするのが淋しい気がするのかも。 と言いながらも、内心は「今年は本気でup my gameしよう」とも思ったりしているのですが、 しっかりと最後まで続く決意と言えば、毎日、毎朝ちょっとずつリセットしたり、コツコツとチューニングして調整していくことが大事だと思うのです。   暮れには一足お先にvacationでバリ島を訪れ、遊んでいました。 Instagramでもちょいちょい動画をUPしていましたが、今日はみなさんとまた一つspecialなmovieをshareしたいと思います♥ 12月10日のできごと。 スタジオ近くでオフィスをかまえているmy friend and designerのDさんとランチして、近所の隠れ家的カフェでお茶をしていました。 何度も前を通ったことがあったけど、初めて入った静かなbook cafe. とても素敵な空間だったから、オーナーさんに挨拶をして「わたしもこの近くで清らかな空間やっています!」と、my studio vedaのことを話していたら、近くにいた外国人男性が興味を持って、話しにきてくれました。 チェロのようなケースを持った彼。 音の音色を通して、聴く人の感性でその世界に浸ってもらって、ヒーリングしていきたいと言う。 せっかくなので、と思って名刺だけ渡してすぐに次のmeetingのためにその場を出たわたし。 1時間もしないうちに、meeting中でしたが、早速楽器を持った男性、ロビンさんから一通のメールが届きました。 「今日、ちょうど楽器を持って近所にいるから、もしお時間があるようならぜひスタジオに伺ってみたい」と。 そんな流れで、師走を駆け巡る最中でしたが、夕方に再度ロビンさんと、今度はmy studio vedaの場で会いました。 ロビンさんの楽器は、チェロをベースにつくった自作の楽器。 通常のチェロの弦の下に、もう一層別の弦を張っているものでした。 上の弦を響かせると、触れていない下の層の弦も倍音によって響く。 OVERTONES. なかなか言葉では説明し難いことなのですが、vedaでISCやわたしのチャンティングクラスに参加したことがある方は、 わたしがヨガクラスの中でも倍音について語ることを聞いたことがあるでしょう。 個々の音が、その響きによって「そこになかった、別の音を生かす」 わたしは音楽を専門とする人間ではないのですが、なぜか倍音のことを、ヨガや瞑想のプラクティスを介して知るようになりました。 そして瞑想やヨガを重ねて、わたし自身の心身の浄化が進むにつれて、vedaのような清らかな場でチャンティングするときに、 自然とわたしの声が倍音(Overtones)を響かせるようになったのです。 いつかまた、vedaの場でもみんなともっとこのことについて語りたいな!:)   For Today… Sharing with [...]