archive

2015年7月


journal

2015/07/30

7月31日はブルームーン。 インドではグル・プルニーマと呼ばれるこの日が、私たちの最愛のグル、Sri K.パタビジョイス氏のお誕生日でした。 2009年に94歳を手前に亡くなられたグルジですが、生誕100周年でもある今年は、明日の満月の日にココ南インド・マイソールの総本山のスクールKPJAYIにてお祝いされます。(滞在中のインド日記やphotosはInstagram&FBでフォロー♡) 欧米でも日本でも、そして”逆輸入”されたインドでも、密教的に伝授されてきたヨガというものが、一般peopleである私たちにもpracticeできる、素晴らしき心とカラダの浄化法として、そして人の在り方のすべてを統括するspiritual practiceとして伝えられるようになったこと。その事実には、パタビジョイス氏のような格別な師が、ブラーミンであり、列記とした伝統の一員でありながらも、男性のため、そしてブラーミンのためであったこのプラクティスを、外国人へ、そして女性たちへと広めていくことに大きく貢献してくださったからなのです。 とにもかくにも、わずかおよそ5-60年ほどの間で、この世に「インドのヨガ」というものが広がったことは、ある種の「光の伝染」であるかのように、人々が気づきを求め、また目覚めを選び進化していく過程において欠かせないstepではないかと、わたしは感じずにはいられません。 しかしながら、このヨガという伝統的なメソッドが爆発的なspeedで広まったことは、同時に広く浅く、薄まって拡散されたことでもあるとわたしは受け止めています。今は最早「ヨガ」という神聖たるspiritual practiceの名で、数えきれないほどのダイエットとボディメイキングと、お金儲けと自分宣伝、そして競争が繰り広げられていることも間違いないのですから。 別に批判したいわけではない。 ただ、事実を述べているだけ。 もちろんわたしも、そんな世の中の”砂浜”の一粒の砂であり、みんなと変わらぬ実情の中で生き、またそんな中でわたしもみんなと同じく、わたしなりにspiritual practiceとしてのヨガを続けていく者です。SpiritualとPhysicalは、決して相互排他的ではないと思います。そしてヨガこそがそれを指し示してくれています。 ただね、i just like to keep it REAL. わたしたちはブラーミンでもなければお坊さんでもなく。洞窟に籠ることもなければ、自分にとって都合のいい環境を脱出してでも行(spiritual practice)を積むことなんてまずあまりないのかもしれないけど、こーいう時代に生きるpractitionerだからこそ、せめてat least、いつわりなく、ごまかしなく、今ある実情を直視していきたいと思うのです。 そのほうが、心の奥底どこかでスッキリするぜ。 …で、思ったのがこんなこと:   Photo from practice in Mysore, India. KPJAYI 2006.  地に足つけて、keep it REALなヨギーのおきて 1- yoga is for the mind. ヨガとは、心の作用に働きかけるもの。そのためのもの。 (We purify our body to purify our energy system, which helps [...]

journal

2015/07/09

さて… 今日はTwitterでちょいとつぶやきながら考えていたのですが、ヨガの生徒とヨガの先生って、とてもとても大事な関係を築き上げると思うのです。けれど、最近はヨガがこれだけ盛んになり、会社帰りに気軽に駅前でヨガとか、フィットネスジムでヨガ、となると、先生はシフト制で入れ替わりだったり。そう長続きせずにやめてしまったり、別のスタジオやジムへ移動したり..。ヨガの伝統で言う「師弟関係」っていうものがそれだけ希薄にもなってきていると感じています。 そもそもその先生も、どんなバックグラウンドで、どんな研修や”資格”や経歴をもって先生になったかがマチマチだったりもしますね。 真摯に「ヨガを深めたい!」と思う人にとって、先生の数が圧倒的に増えた中で、逆に先生選びにものすごく迷ってしまうこともあるでしょう。 クラスでよく話すことなのですが、わたしが「ヨガを始めよう」と考えた2001年には東京都全域にヨガスタジオと呼ばれるものが3件しかなかったのが実情です。別にあんまり選ぶほどの先生がいなかった?!と言える中、それでもわたしは通える範囲に位置していた2つのスタジオには実際に足を運び、自分の目で見て、スタジオの空間や雰囲気を肌で感じて、その場で指導している人に巡り会うことになりました。 人はよく「恋愛運」とか「仕事運」とかよく話したりしますが、そんな流れでは「先生運」っていうものも絶対にある!!というのがわたしの考えです。 インドの教えでは、「生徒の準備ができた時に、それに相応しい師が現れる」と言います。 また、わたしの恩師でもあるSri K.パタビジョイス氏は、「ヨガに尽くしただけ、ヨガはお恵みを与えてくれる」ともおっしゃっていました。 要するに、ヨガをプラクティスしていく上で、自分は一体「ヨガを通して何を得たいのか?」「何のためにヨガに取り組みたいのか?」を熟考する価値があるということです。 ダイエット目的でヨガをしようと思ったら、それに相応しい先生を見つけられるでしょうし、ヨガを通してリラックスしたいと思ったら、そんなお手伝いをしてくれる癒し系の先生を見つけられるでしょう。But…ヨガって、ホントは心もカラダも総合的に包み込むもの。カラダの健康を養いながらも、心のバランスや、毎日の生活を生きやすくしてくれるような知恵があるのかも。そんなことについて学んで、経験してみたい!と考えるのなら、それだけの人生経験やプラクティス経験のある先生に巡り合わせる時がやって来たのかもしれません。 わたしの師はまた、「スピリチャリティとは実用的でなければならない」ともおっしゃっていましたが、スピリチュアルな意味合いでは、この道に上も下も、進んでいるも遅れているもないのです。別にカラダを目的にすることも、精神を目的にすることも、トータルを目的にすることも、人の自由です。どーにでもなります。 それでも、伝統的なヨガの道において本当にプラクティスを深めていく中で、カラダだけに留まらず、呼吸を、そしてエネルギー体を。さらには思考や感情などの心のコンテンツとの付き合い方を掘り下げていくとなれば、それだけdeepでストレートでごまかしが利かない道を歩むことになります。だからこそ、一人のstudentの健全な進化と成長のために支えとなる師とは、「生涯ずっと」と言っても過言ではないほど、深く、そして長く関係を育んでいきたいものなのです。 また、逆に言えばそれは、それだけ信頼のおける先生に巡り会えたら、きっと、あなたのプラクティスはそれだけ深まる、ということを指しているのかもしれません。ヨガの道において「それぐらいの師を求めてみたらどう?」っていう、計り知れない可能性を指していることでもあり、同時に、そうでなかったとしたら、「あなたはそれでホントにいいの?」ってことを尋ねられている気もします。   ちょうど先日、今月発売になる雑誌YOGINIの取材で、ヨガにおける師弟関係についてのインタビューに応えました。とてもいい記事にまとまっていて、ヨガが本来伝わってきたインドの世界観と、今の日本におけるヨガの現状というものを見直し、そこからまた自分自身の状況について考えるヒントになるかと思いますので、ぜひお手に取ってみてくださいね。7月18日の発売ですって♡ …で、わたしはと言いますと、自分は自分で精一杯やってきたつもりではありますが、こればかりはやっぱり「先生運」が非常によかったのではないかと思っています☆ わたしは、2001年に初めてヨガを体験したクラスが日本のヨガの第一人者であるハラクマ・ケン先生のもとで、その後源をたどっていくようにインドの総本山のスクールにて、グル Sri K.パタビジョイス先生と、そのお孫さんにあたり現スクールのディレクターを務めているR.シャラート・ジョイス先生に師事させていただいたのですから。しかもねーーー、わたしの14年間のヨガ歴の中で、ほっとんど他の先生に教わった事が一切ないのです。 最近はヨガ・インストラクターのプロフィールに「○○先生と○○先生と…、○○先生と○○先生と….○○先生に師事しました」って、歴史博物館のように名乗る方も少なくないと思いますが、わたしは個人的にドストレートで迷いのない、一筋のヨガ歴がわたしのアシュタンガヨガへの一途な想いの証だと思っています。「産地直送野菜」みたいな。笑 ダイレクトに、総本山のヨガのスクールの源のところからなるべく忠実に、わたしという一人の練習生の実践や経験を通して、さらに日本のみなさまへこのヨガの知恵をお届けするのがわたしの務めかな、なんて時々思うのです。 だから「わたし」は「筒」。 なるべくクリアーで、丈夫で、まっすぐでいようと思う。 そしたら、通るべき知恵が、きっとしっかり、流れるはず。 あとは「わたし」が働くのではなく、「ヨガ」がworkを成すのです。   Traditionalなシステムとしてのアシュタンガヨガの理解を深めることを目的とした3日間の集中講座@コンセプトスタジオveda(東京・表参道)は、明日の7月10日がコース受付の締切日となっております。詳細はコチラからご覧下さい⇦ 目からウロコ! どうせやるならしっかりと正しく練習するのはどうでしょう?きっとすることで、ヨガの効果も深まるはずです。 コース受講生決定後、単発でのクラス参加をお受けさせていただく予定です。 お問い合わせは直接スタジオへどうぞ 03-6447-1502


journal

2015/07/07

日曜日は福岡で2クラス、ワークショップを開催してきました〜☆ 朝からみんな元気いっぱい。 この日は、バスで移動していて、バスの中で1名の生徒さん、バスから降りたらまた数名のマットを抱えた生徒さん達に出会ったのですが、その時点ですでにみなさん笑顔満面:) おかげでわたしもたくさん元気とpowerをもらいました〜 初めましての方も多かったので、少しわたしのこともお話させていただいて… first classではじっくりしっかり、もっとも大切なポーズ、太陽礼拝を味わって、 クラス後にはこんな場面でご参加いただいたみなさんそれぞれとお話させていただいたりも。 (DVDや本などのmy goodsはこちらのページから!Amazon.co.jp/mae) この日のヨガウェアはall by Adidas♥ ClimaliteやClimacoolと言って、すぐに汗を外へ逃がしてくれる、とても軽い作りなので着心地抜群です。 前回の警固神社でのWSからのリピートの参加者も多く、熊本や鹿児島からいらしてくださった方々も。 みなさん、たくさんの笑顔溢れる時間を、心からありがとうございました! And… Please visit me at vedatokyo.com one day! いつか遊びに来てくださいね。。きっと絶対、みんなにも心地のいい、輝かしい場所があるよ。 もう一つ、遠くにいてもつながっていられるのがこちら『MVM』。 MVMでは定期的にポストに届く、あつ〜いお手紙も発行しています。 i hope to keep in touch with you. みなさんのさらなる健康と輝きを、いつも応援しています。 xx mae. FBでのfull albumはこちら、主催者のLOTUS BLOOM YOGAさんのページからどうぞ。 Special Thanks to Yちゃん、Hちゃん、Mちゃんfor all your warm help!!