archive

2015年12月


philosophy

2015/12/03

ヨガ哲学とかヨガ・フィロソフィって、ヨガの世界に関わっているとよく耳にしたり目にしたりする言葉だと思います。でもなんかこう、気軽にスポーツジムなどで取り組む一般的なヨガとはまたちょっと違ったニュアンスでもありますよね。「哲学」とか「フィロソフィー」と聞くとどちらかというと学問とか、ちょっと堅苦しいイメージを持つ人も少なくないと思います。 実際のところ、ヨガが「生きる上での知恵」を指している以上、それは心の在り方や態度などといった、内面がどうやって日常生活に活かされているかという部分が間違いなく関わってきます。しかし本当は、ヨガが意味していることやウパニシャッドなどの古典が指していることは決してテキストの中の息吹のない”ドライな哲学”なんかではなくて、本当はその真逆。それは「生」においてしっかりと根付き活かされる、実践的な気づきを指しており、そういう意味ではとってもpassionate(情熱的)な知恵なのです。 それは、グルジの有名な言葉「ヨガとは99% Practice、1% Theory」でも言い表されていることだと思います。 But what does that mean, REALLY?? でも… それがわたし自身の個人的な生き方に関わる、パーソナルな意味合いとはいったい何なのでしょうか? ここでは、知ること・知識を得ることが「実際のアクション(行為)における変化につながること」を指しているとわたしは考えています。 すなわち、True Learning = 真の変化につながること。 なのではないかと思うのです。 My friend and 先輩のヨガ・ティーチャーが昔よく言っていました。 「もし、自分が今のままでよくて、変わりたくないのだったら、ヨガに来るな」と。   辛口! な意見でもありますが…。(笑) それにも真理はあると思うのです。なぜなら、もしホンモノのヨガに取り組んだら、それが”カラダだけ”の行いで済むことはまずなく、カラダと呼吸と意識との深ーーいつながりを感じずにはいられない。そして、それがどこか奥底で深ーーーく「正しい」と感じている自分がいることも、気づかずにはいられないでしょう。 そうやっているうちに、自分の在り方が根本から揺すぶられて、意識のレベルから変わらないでいることができなくなるのです。 腹の奥から、以前は気づくことのなかった何かに気づいて、それを知ったのなら、自分自身の在り方が変わらずにはいられない。 グルジのお孫さんにあたり、わたしの師でもあり、現KPJAYIディレクターのR.シャラート・ジョイス氏も言っていました。Spirituality is いたって Practical、と。 スピリチャリティとは、いたって(行動につながる)実用的なものであり、また、そうあるべきなのです。 いつの時代でも、どの国でも、何歳でも…。 宗教、性別、仕事、信仰をも何も問わず、 ただただ「使える精神力」「精神との付き合い方」こそが、ヨガそしてウパニシャッドなどの古典が指している叡智なのではないかと思うのです。 Have you ever thought about that? みなさんはそんなこと、考えたことがありますか? なぜなら、もしその扉を開けたことがないのなら…、、 もしかして、その扉に近づいたことすらないのなら…、、 そこには、計りしれないパワーが隠されているのですから。     ♡Please COME:クラスのお知らせです♡ 【12月6日(日)15:00~16:30】今週の日曜日は2015年、vedaラストのわたしのWS『INDIANスピリチャリティと瞑想の世界』!座学講座で、今の日本の暮らしに活かせる、とびっきり実用的なINDIANスピリチャリティのヒント、そしてインド的な考え方やアプローチを易しく解いていきます。みなさんの気になること、聞きたいことがあったらぜひ当日質問をお寄せくださいね☆ALL LEVELS WELCOME☆ヨガの流派やレベルを問わず、初めての方からどなたにでもお気軽にご参加いただける座学講座です。 [...]


journal

2015/12/01

最近電車に乗ったり道端で信号待ちをしていると、まわりにいる女性たちが「そろそろ寒くなってきたわね」で始まる会話で…、続いて「防寒グッズ」について話していることを良く耳にします。 そう言えばわたしも昔は、貼るカイロや靴の中に入れるカイロ、ポケットカイロ…。総ナメしてお世話になっていました。(苦笑) 寝る時の腹巻きとか…(笑) 80デニールの厚手のタイツ… 、それでもストッキングと二枚重ねで履いたりしてたな、って突然思い出したのです。 なぜなら、スッカリそんなこと忘れていたからです。 そう言えばわたしは、冬が恐くて恐くて仕方がなくて..、 相当ビクビクしていたから、夏の間にリサーチ進めて、秋の始まりの9月にヨガを始めた人だった。 今のわたしは、冬でも靴下すら履かない日も多く、あんなに末端がしびれるほど冷えていた手先もあったか。 朝ヨガクラスで生徒さんのヨガ中のおカラダを触れにいく時に、冷たくない手で触れられることに、喜びを感じています。 そういえば…、 ヨガを始めて一番最初に飛んでいったのは 「冷え」だった。 カラダの中心に空洞(子宮)を抱えている女性は、男性より芯から冷えてしまいやすい。 けれど、このお宮を守ってあげるためにも、カラダを冷やさないことが重要なのです。 Photo Courtesy of Y.Ozawa YOGINI magazine – www.yogini.jp/number/   カラダの末端から始まって、 肩こりや肩甲骨の間のゴリゴリ、 胸のcenterで抱えていたこわばりや緊張感も、いつの間にか溶けていってなくなっていました。 知らぬ間にたまっていた緊張感やプレッシャー、硬くこわばった考え方が、 これほどまでにわたしの自由でナチュラルな呼吸を妨げていたなんて… それが透き通るまで、気づくことができなかった。   ゴメンネ。 気がついた頃には、自分に謝りたくなった。 でもね、だから、もう失わないよ。 わたしと、わたしの間のHealthyなRelationship. Because they say, HEALTH is Wealth(健康こそが富だから)。 大切にするね。 楽しく過ごそうね。 わたしとわたしの関係性は、それだけ豊かなものだもんね。 ヨガだってトレーニングだって、 仕事だって 人間関係だって、 苦しくなくていい。 楽しいやり方がいーーっぱいあるのだっ。   多くの動物にとって、冬は冬眠の時期でもあるけれど、 冬にちょっとずつ始めるから、ちょっぴりHead Startを切って迎える春だってあるのさ。 ちょうど春に芽吹く植物たちが、みんなの目に見えない土の下で、大切なworkを遂げているようにね。 わたしにとって、ヨガを始めた2001年〜2002年の冬/春がそうだったなぁ。 [...]