archive

2016年2月


journal

2016/02/22

涙、涙の日曜日でした。 わたしも… いろいろあった一週間でした。 Non-stopで仕事しながら駆け巡り、愛息子を預けて長崎に到着したのは土曜日の夜遅く。 嵐で、東京からの便が飛ばないのではないかと、朝からいろんな人に心配の声をいただいていたのですが、i just KNEW IN MY HEART that i will be there. そうしてひとっ飛びしたら、久しぶりの長崎にいました。 一夜寝たら、昨日の日曜の朝には前の日の雨なんて信じられないほどの快晴な空。 親愛なる友人でもある、今回のワークショップの主催者Yちゃんに連れられて、もう何度もワークショップを開催している市立図書館のホールに入りました。 わたしはね、実は、毎回こうして特別クラスやワークショップを開講するときに、自分の口から何が出てくるかがその時までわからないのです。 ヨガがヨガだから、いつも「意識を今、ココに」、ひとつに合わせていく。すると、クラスの度に参加者の方々も違うし、参加者がどういった意識で集まるかも異なるから、その瞬間の「今、ココ」とはいつも、その瞬間までミステリーなのです。 「カラダの冷え」「心の冷え」の対処をテーマにしたクラスには、それだけ「温まりたい人たち」が集まったのかもしれません。 長年のわたしの経験から言わせてもらうと、「温まりたい人たち」とは、本当は「すでに温もりを持っているから、それを再確認したい人たち」なのです。 カラダの講座でも、いつもの太陽礼拝から始まり、具体的なカラダの扱い方の知恵を覚え、プラクティスすることで、ラストの安らかな休息の時間まで陥り… その後の座学で起こったことは、キセキでした。 ごめんね、もう言葉では言い表せないことだから、それ以上は言おうとすることもできないよ。 けれどね、i KNOW… あの場に集まってくださった長崎のみなさまは、その豊な心のOpeningを自分から求め、自分から選んで、感じるために来てくださった方々だった。 みなさんが心を開いてくださった分だけ、「すでにある豊かさ」「すでにある喜び」「すでにある愛」に溢れる時間でした。 振り返れば、わたしが昨日、あの場で一人ひとりの生徒さんの目を見ながら、あなたにどうしても言いたくて自然とわたしの口から出てきた言葉たち:   「あなたは相当愛されていますね」 「奇跡ですね」 「もう大丈夫だよ」   とはすべて、みんなに伝えながらも、宇宙が一番、それをわたしに言いたかったんだなぁ… としか感じられないのです。   みんなが、鏡のようで、 あっ!でも… 実はみんなとわたしは変わらない存在で、一体なのだから。。。 わたしがあなたに言おうと、 宇宙があなたに伝えたがっていたのだろうと、 宇宙がわたしに伝えたがっていたのだろうと、 あなたがわたしに言おうと、 what could possibly be the difference?? それが真実であればあるほどに、そんなことにまったく差はないよね。 シアワセだね キセキだね ヨロコビだね [...]

mother

2016/02/20

6歳。 小学校一年生になって、ひらがなとカタカナとアルファベットに加えて、漢字を習い始めた息子との朝食テーブルトーク。 世界をリソースにすれば、自分ではできないことも、一人でわからない答えも、本当は何も不足することがないという、偉大なことに気づかされたのでした。   い: 「ママって漢字ぜんぶ知ってる?」 め: 「ぜんぶは知らないし、漢字はたくさんあるから、ぜんぶを知ってる一人の人はいないと思うよ」 い:「…うーん(考えて)、、じゃあ、世界中のみんなに聞いたら、ぜんぶの漢字がわかるの?」 め:「…うーん(考えて)、、 そうだね。。そういうことかもしれないね。世界中の全員に聞いたら、ぜんぶが揃うのかもしれないね」 い:「すごいっ!」 め:「たしかに!」   め:「そしたらさぁ、いっさ。。それって、漢字だけでなくて、すべてのことに言えることかもしれない。自分一人でわからないことがあったら、知っている誰かを見つけて、その人とお友達になったらいいんだよ」 い:「そうだ!!僕お友達つくるの得意でよかった!」 め:「うん!ママもいっぱいお友達をつくる!」   小さなやんちゃ天使… かと思いきやカオスを作り出すモンスターと化する こともある6歳児だが、よくよく発想に耳を傾けてみると、 子どもはみな、天才だったりする。


journal

2016/02/17

今日のインスタ/FBで、my studentの一人ととっても素敵な会話があったので、さらにシェアしたくなりました♡ — め:(インスタ発信) 「月に1回でもいいから、まずは一度来てみて!と言いたい。自分のための時間を、少しでもいいから設けてみること。 みんな「やっぱり週に2回は行かなきゃですか?」とか、始める前からハードル高く条件づけようとするんだけど、始める前から頭で考えてないで、まずは一度でもいいから、行動に移すことだよ。 1回でも来てくれたら、その1回を、最高に楽しくて、気持ちいい体験にするお手伝いをします(ココ自信アリ✨)。そしたら、最初から頑張ろうとなんてしな くたって、自然とまた来たくなる。だんだんどんどんカラダも変わって、心も変わって、週1-2回続けるのなんて苦痛でもなければ、ハードルにも感じないと 思う。続けていけば、最初は「絶対ムリ!」って言っていたポーズが、だんだんどんどん確実にできるようになる。それまで、とことん寄り添ってお付き合いします。それがわたし達の役割で、愛しているプロセスだから。 そうやっていくうちに、一歩ずつ、人生が変わるんだと思う。 わたしは、そうでした! けど、最初の一歩が大事なの。その一歩を行動に移すか移さないかが、大差なのです。 最初は「絶対ムリ!」って言っていたポーズが、だんだんどんどん確実にできるようになるまで、 とことん寄り添ってお付き合いします。 – Kさんコメント①: 一度目にいい先生に出会うかどうかも、大きいですね。小生は、8年前にすごい厳しい先生に出会い3年間練習しました。中年のおっさんが今まで継続できたのは、その先生のおかげです。あとは、ヨガのマットの上に立つことができれ、継続するのみです。 め:おっしゃる通りです!! 最初の1体験で、ヨガとはいったいどういったものなのか、ヨガが好きになるかどうか、またやりたくなるかどうかが大きく影響されますよね。わたし自身、そうだったし、最初の先生が素晴らしい先生だったことは今でも心の底から感謝していることです。 Kさんコメント②:それから、3年前に日本に戻り、日本でも素晴らしい先生に恵まれました。 め:   :) I want you to know how happy and proud I am to have an amazing student like you. Do you know that I LEARN from YOU every time you are in my Mysore [...]